FC2ブログ

9月9日(月)

ゲンかつぎではあるが、私は、特別な思いのこもった郵便物は、たとえ普通郵便であっても郵便局の窓口で職員の人に手渡するようにしている。

7,8年ほど前からの慣習だと思うが、それを実行している。

仕事関係で多大の影響力を持つ文書とか、プライベートでも相手に誠意を伝えたい郵便の場合は、必ず窓口まで持ち込んでいる。

今朝は、同窓会の案内状を郵便局に持ち込んだのだ。

朝の散歩ついでに行ったのだが、特定郵便局だから9時からでないと開かない。

10分ほど早めに着いたので、しばらく近辺を散歩して、9時になると同時に郵便局に飛び込んだ。

単に職員の人に渡すだけのことだから、ポストに入れれば済む話であるが、ゲンをかついでのことなので手順を変えるわけには行かない。

かたくなに私の流儀にこだわったのだ。

合理的な根拠は全くないが、今までうまく行ってきたやりかただから、それを変えることで思わぬピンチに遭遇したら、
「だからあのとき、窓口まで持って行けばよかったのに」
と後悔することになる。

「出席します」の返事が予想外に少なければ、ポストに直接投函したことが悔やまれ、失意のどん底で苦悩にあえぐ人生を送るなんて御免こうむりたい。

だから、従来のやり方そのままに進めたのである。

ちなみに、私が家で飲むインスタントコーヒーはネスカフェのゴールドブレンドと決めているし、納豆は『とろっ豆』しか買わない。

私にはコーヒーや納豆の味の違いなんてわからないが、今まで何の不都合もなかったし、長く食べ続けていることで知らない間に信頼感が植え付けられている。

生産中止にでもならない限り、今さら、ほかの銘柄に乗り換えすることは考えられない。

広い意味でのブランド信仰のようなものだが、これも一種のゲンかつぎではないか。

明確な根拠もないのに、長い間、慣れ親しんでいるからという理由だけでずっと使い続けているのだから。

もしかしたら、人生をもっと楽しめる可能性への道を自ら閉ざしてしまっているのかもしれないが、もしそうだとしても、私は方向性を変えるつもりはない。


20190909.jpg
朝一番であったのでほかの客は誰もいなかった
20 : 20 : 40 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(12) | page top↑
<<9月10日(火) | ホーム | 9月8日(日)>>
コメント
毎日ゲン担ぎの私なので、そのお気持ちがよく分かります!!
いつものゲン担ぎのステップをちょっと変更したり怠けただけで、(偶然かもしれませんが)そういう時にうまくいかない結果になったりします。

なのでアホらしいと思いながら、ここ一番!という時は、元に戻ってやり直しをしたりします。
あ、家族が一緒の時はさせてもらえませんが・・・・・・・・。

同窓会、たくさん来てくれると嬉しいですね(^^♪
by: みのじ * 2019/09/10 03:10 * URL [ 編集] | page top↑
みのじさんへ
共感をいただいて、大変にうれしく思っています。
プロ野球選手や国会議員、経営者の中にも、ゲンをかつぐ人が少なくありません。
「アホらしい」と自分でも承知しているのですが、やめることができないのです。
おそらく、私の場合は一生続くでしょう。
 
同窓会では、一人でも多くの友人との再会を果たしたいです。
もしかしたら、人生で最後の機会になるかもしれませんから。
by: 声なき声 * 2019/09/10 05:07 * URL [ 編集] | page top↑
おはようございます
ゲンかつぎをする人は 結構いますね
玄関を出る時は、必ず右足からとか。

スポーツ選手のルーティンもゲンかつぎでしょうね。

ゲンをかついでいる訳でも無く
無意識ですが、日頃の習慣としてやっている事は
あると思います。
郵便局の窓口で手渡しで投函した事はありませんが。

私が家で飲むインスタントコーヒーは
ブレンディです。
いつ飲み始めたのか忘れましたが
長年で覚えた我が家の味ですから
他所のお家で、他のコーヒーを飲んで
帰って来ると 飲み直すほど、この味に慣れています(笑)

調味料も同じ物を使っています。
これはゲンかつぎや信頼感ではなく、
それじゃないと我が家の味が出ないからです。
納豆も 決まっています。

明確な根拠は、単にその味に慣れているからでしょう。
名も無きメーカーの物でも 美味しいものは
たくさん有ると思いますが、
それに出会わないだけかも知れませんし
新しいものに挑戦する勇気が無いだけなのかも・・

何かに拘ってしまうと
人生の楽しみを狭めて居る事になるのかも知れませんが
一度覚えた味や習慣は 簡単には変えられないです。

偶然にも 何かに出会って、目の前が広がると言う事も
あるのかも知れませんが。
by: ヨンヨン * 2019/09/10 05:42 * URL [ 編集] | page top↑
おはようございます♪

ゲン担ぎをするひとは多いですよね。
私もするほうです。
でも、できなかったときは普通を装います。
会社では郵便は郵便局に行かないようにしています。
ゲキ混みですから…
by: きっちゃん♪ * 2019/09/10 05:55 * URL [ 編集] | page top↑
ヨンヨンさんへ
おはようございます。

相撲取りで親方までなった人が、あるとき、しみじみと語っていました。
まだ十両にもなっていないころのこと、ゲンかつぎをしていたのが先輩力士に悟られ、「相撲は稽古だ。ゲンなんてかつぐな」と一喝されたそうです。
しかし、どうしてもゲンをかついでしまので、その先輩に逆に相談したら、「”ゲンをかつがない”というゲンをかつげ」と言われた、とのこと。
しかし、それは続かずに、しばらくするとゲンかつぎが始まったようです。
それでも親方にまでなったのですから、ゲンをかつぐのも悪くはないと思いました。
このエピソードはあまりにユニークなので、事実であったのかツクリなのかはわかりませんが。
  
人は、それぞれにお気に入りのコーヒーチェーンや居酒屋、レストランなどを持っているようです。
ワケを尋ねると、それなりの理由なり根拠なりを、それこそ熱意たっぷりになぜその店がいいのかを語ってくれるものです。
しかし、本当の思いとしては、「慣れているから」というのが真実ではないかと私は思っています。
私も、なぜゴールドブレンドなのかを問われても、そもそもほかのコーヒーのことをよく知りませんので、比較すらできていません。
ただ、長く飲んでいて愛着を感じているのは確かです。
 
もしかしたら、もっとおいしいコーヒーなりウイスキーがあるのかもしれませんが、この年齢になってあえて冒険をしたくもありません。
それよりも信頼を置いてきた味のものを安心して味わいたいと願っています。
by: 声なき声 * 2019/09/10 06:08 * URL [ 編集] | page top↑
きっちゃん♪へ
おはようございます。

何らかの形でのゲンかつぎは、多かれ少なかれ、ほとんどの人がやっているのではないでしょうか。
「数字」でのゲンかつぎをする人が結構多く、”4”や”9”などは避けられる傾向にあります。
私は、そちらのほうは全く気になりません。
 
大阪市内の郵便局はさぞ混んでいることと思います。
吹田市でも、駅前の郵便局となると順番ができていることがありますから。
私が行ったところなどは、朝一番ということもあって、客は私ひとりでしたが。
by: 声なき声 * 2019/09/10 06:22 * URL [ 編集] | page top↑
ゲン担ぎ
こんにちは~。

そういうゲン担ぎって男性のものという気がしますね。なんだか、かわいらしいです。

亡くなった父が、いろんな不可解な手順を儀式のように守っていたのを思い出し、懐かしかったです。
by: ぢょん でんばあ * 2019/09/10 07:34 * URL [ 編集] | page top↑
ぢょん でんばあさんへ
おはようございます。
 
おっと、お父さんもでしたか。
他人から見れば馬鹿げているとしか見えないでしょうが、当の本人にしてみればそれこそ間違いの許されない”儀式”そのものなのです。
郵便局に行くというの時間がかかりましたが(汗)。
by: 声なき声 * 2019/09/10 07:46 * URL [ 編集] | page top↑
お金持ちとかにはそういうジンクスを持っていて大事にしている、というコラムを読んだことがあります。
ポストに投函しないで窓口に持っていくことが集配の手間を軽減するとかで見直されれば切手代金を下げてもいいかもしれませんけど。
by: てかと * 2019/09/10 13:06 * URL [ 編集] | page top↑
てかとさんへ
私が郵便局の職員だとしたら、窓口に持ってこられるよりも、ポストに投函してくれるほうが手間が省けて助かると感じます。
もしくは、ポストを廃止して、差出人が局まで持ち込むことにすれば、郵便料金見直しにつながることは確かです。
集荷業務が無くなるのですから、大きな省力化になります。
過疎地の人などはたちまち困りますが(汗)。
by: 声なき声 * 2019/09/10 14:49 * URL [ 編集] | page top↑
ゲン担ぎ
自分も色々とやっています。
中々止められません。
by: nekochan59 * 2019/09/10 18:23 * URL [ 編集] | page top↑
nekochan59さんへ
ゲンかつぎのお仲間さんは多いようで、私も安心いたしました(笑)。
自分でも不合理とはわかっているのですが、やめるわけにいきません。
by: 声なき声 * 2019/09/10 18:40 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
https://koenakikoe.blog.fc2.com/tb.php/3756-34938246
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する