FC2ブログ

8月28日(水)

野口健さんのツイッターでの発言が話題となっている。

日本高野連が、U18ワールドカップで韓国に行く日本代表の高校生選手に、あえて無地のシャツを着させ、日の丸のロゴが見せないようにするとの方針を出したことを、批判した内容である。
 
私も野口さんには心からの共感を覚えた。

先日、日本高野連が”日の丸隠し”の意向を発表したとき、とてつもない不快感を持ったのである。

こんなことを言われると、日本代表で戦おうとする選手たちに卑屈さをもたらすことは相続に難くない。

これから試合に臨もうという直前に、わざわざ戦意を喪失させるなんて愚の骨頂である。

韓国側から自粛要請があったというのならともかく、日本高野連が勝手に斟酌して事件が起こることを回避しようとしたのだから、これはとんでもない思い上がりではないか。

自己保身のために予防線をはっていると言われても仕方なかろう。

昔、ピュアな動機で立ち上がったボランティア団体が、規模が大きくなって社会的な地位を持つようになってくると、組織防衛が最大の関心事になってくる、といった話を耳にしたことがある。

日本高野連にしても、当初は野球が好きで好きでたまらないという人が、高校生に野球を存分にプレーできる環境を整えたいと願って、立ち上がったはずである。

それが輝くばかりの権威を持った組織になってきて、いまや高校生スポーツ界のリーダーの位置づけにまで達した。

すると、高邁な理想はどこへやら、自分たちが責任を追及される事態を避けることに奔走するようになってきた。

今回の”日の丸隠し”はその典型的な例だと思う。

なお、話は全くそれるが、この”U18”という表現が以前から私にはよくわからない。

私は英語は全くわからないが、”under 18”を直訳して「18歳未満」と理解していた。

しかし、実際の使われ方は「18歳以下」で通用している。

夏の選手権大会では準優勝に終わったものの、プロが注目していた某投手は2001年4月16日生まれなので、すでに満年齢で18歳に達しているが、代表選手になっている。

ほかにも18歳に到達している選手は少なくないと思うが、これはいいのだろうか。

それとも、年齢の計算の仕方が、日本と海外とでは違っているのだろうか。

ネットを検索しても、いろんな考え方があってわからなかった。

もし「18歳以下」という意味で”under 18”としているのであれば、これは単なる間違いだと思う。


20190828.jpg
高校生諸君の奮闘を祈る
20 : 20 : 13 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
<<8月29日(木) | ホーム | 8月27日(火)>>
コメント
>韓国側から自粛要請があったというのならともかく

なんだか1982年の歴史教科書検定の事件のことを思い出してしまいました。
その年の朝日新聞が、「日本の歴史教科書が、中国への『侵略』を進出に改めた、けしからん」と勝手に大騒ぎ(実はこれが誤報だった)。
それに対し、当時の鈴木善幸首相が勝手に中韓に謝った。
簡単に言えば、そういう事件だったんですよね?
この謝罪で相手側も後には引けなくなって、それが今日の歴史問題へと引きづっているようです。

こちら側が勝手に日の丸を引っ込めたということは、後々、尾を引きそうです。
「日本人の中にも日の丸を不快に思っている奴がいる。あのとき、それを引っ込めたのが何よりの証拠だ」
ってならなければ良いのですが。
by: かんた * 2019/08/28 21:01 * URL [ 編集] | page top↑
かんたさんへ
「侵略」を「進出」に書き換えたという事実無根の話は、いっときは大問題になりました。
その後、虚偽であったことが判明したものの、新聞社で訂正とお詫びをしたのはサンケイ新聞だけであったそうです。
このことに限ったわけではありませんが、日本の大手メディアは自らの間違いは認めない体質を持っているのは確かです。
 
かんたさんが危惧されている事柄は、私も懸念している点です。
一度でも実績を作ってしまうと、かの国にしてみれば、反日の材料にしてしまうのです。
日本高野連は本当に罪なことをしてくれたと、つくづく思います。
by: 声なき声 * 2019/08/28 21:12 * URL [ 編集] | page top↑
こんばんは♪

”日の丸隠し”のことは知りませんでした。
過敏になり過ぎという気もしますが…
それなら、行くこと自体をやめればいいと思ってしまいます。
by: きっちゃん♪ * 2019/08/28 22:43 * URL [ 編集] | page top↑
きっちゃん♪へ
おはようございます。

おっしゃるように「過敏になり過ぎ」だと私も思っています。
国際大会で日本代表でやってくる選手が、日の丸のロゴをつけているのは自然なことですから、よほどの相手でない限りは攻撃対象とはしないでしょう。
その可能性が恐ければ、まさに派遣しなければいいのです。
それだけのことにすぎません。
by: 声なき声 * 2019/08/29 04:43 * URL [ 編集] | page top↑
おはようございます
今、韓国とは様々な問題が 起こっていて
反日感情も激しいと思われるので
無地のシャツの問題が起こったのでしょう。

比較的穏やかな日本人とは違い
韓国は、感情そのままに行動する国のように見えますから、
選手たちを守る気持ちがそうさせたのだと思います。

選手の戦意の問題より 日本が卑屈になり過ぎている
そんな感じがしてなりません。
まぁ 何を言い出すか分からない国ですから(>_<)
無地のシャツで行ったなら また何を言うのか(>_<)

未満は、その数が含まれませんが
以下はその数が含まれますが
「under 18」は以下を意味するように受け取れます。
英語が分からないので 実際はどう使い分けているのでしょうか。

18歳に到達している選手が居ても
以下との理解なら それで良いのではないでしょうか。

海外での試合は、難しいものです。
by: ヨンヨン * 2019/08/29 05:46 * URL [ 編集] | page top↑
ヨンヨンさんへ
おはようございます。

韓国を訪れていた日本人女性が、現地の男性に暴行される事件がありました。
さすがにその国の中でも暴力を振るった男性に厳しい批判が集中しています。
あの事件があったことも、今回の”日の丸隠し”につながったのかもしれません。
 
ただ、日本代表の高校生チームのことがそこまで心配ならば、日本高野連としては渡航を禁止するのが筋だと思います。
そうなると、そのことに絡めて韓国からは非難を浴びるのは目に見えていますが、「無地のシャツで行ったなら また何を言うのか」との懸念もあるのは事実です。
要は何をやっても反日の攻撃材料にされるだけですから、変則的なことはしないのが最も安全でしょう。
 
「以下」をあらわす英語が何であるかは、私にはわかりません(汗)。
しかし、「under 18」が日本では「18歳以下」として使われているのは、明らかな間違いなのですから、正確な表現に改めるべきでしょう。
「under 19」なら問題のない表現だと思います。
 
問題含みではありますが、初めての海外での大会を経験する選手がほとんどだと思います。
選手権大会では優勝できなかったチームや出場のチャンスすらなかったチームからの選手も出場します。
晴れの舞台で存分に暴れ回ってほしいと念じています。
by: 声なき声 * 2019/08/29 06:03 * URL [ 編集] | page top↑
おそらく高野連には連日ものすごい問い合わせや抗議の電話が鳴っていると思います。あいちトリエンナーレの慰安婦像展示や御真影焼きと同等かそれ以上の。
by: てかと * 2019/08/29 13:18 * URL [ 編集] | page top↑
こんにちは
【日本高野連が”日の丸隠し”の意向を発表したとき、とてつもない不快感を持った・・・】
ワタシも同じ気持ちになりましたv-496
by: 窓辺 夢 * 2019/08/29 14:17 * URL [ 編集] | page top↑
てかとさんへ
普通の感覚を持った人であれば、珍妙な方針だと感じるに違いありません。
抗議が殺到するのは当然です。
さすがに日本高野連としても撤回して、日の丸をつけてプレーする方向にしたそうですが、時すでに遅しです。
すてに既成事実が出来上がってしまったのですから。
by: 声なき声 * 2019/08/29 15:42 * URL [ 編集] | page top↑
窓辺 夢さんへ
こんにちは。

私が記事にしたからではないでしょうが(笑)、日本高野連はこの方針を取り下げたとの報道がありました。
すぐに態度を変えるぐらいであれば、真剣に考えてから方針を打ち出すのが大人だと思いますが。
by: 声なき声 * 2019/08/29 15:45 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
https://koenakikoe.blog.fc2.com/tb.php/3744-489e2f63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する