FC2ブログ

8月20日(火)

今日はマンションの水槽の清掃をするので、一時的に断水になるとの案内を受けていた。

午後1時から午後3時までの断水というから、わずか2時間ばかりのものである。

だから、入居者にとってはさしたる負担はない。

断水の知らせを受け取ったとき、最初はファミレスにでも出かけようかとも思っていたが、そこまでする必要もない。

あらかじめ予告された断水だから、くみおきさえやっておけば、何の苦労もないと思う。

よく、災害地で水道の供給が断たれ、自衛隊の給水を受けている光景をニュースで見るが、そういったシーンに漂っている悲劇性からはほど遠い。

気をつけなければならないのは、清掃が終わって給水が始まったときは、最初はお風呂か洗面所で水を流す作業をするということぐらいである。

なんでも、浄水器や洗濯機、トイレで最初に流すと、フィルターの目詰まりを起こす恐れがあるとのこと。

その注意書きを忠実に守って、給水開始後はまずはシャワーを浴びた。

浴びながら思ったが、日本では水は基本的には無料だと考えられている。

水道代というのはあっても、水代なんて請求することはできない。

しかし、砂漠地帯に行くと水は貴重な資源であり、日本では土地の所有者を”地主”と呼ぶが、砂漠では水源を管理している人が「水主」と言われ、圧倒的な権力を持っているらしい。

逆に、砂漠には土地がほぼ無限にあるので、二束三文の値打ちしかないらしい。

価値観というのは、場所が変われば大きく変わるものだ。

そういえば、アメリカとイランが緊張状態になってきて、ホルムズ海峡封鎖が懸念されてきている。

日本の大半の原油がホルムズ海峡を通って入ってきているのだから、もし封鎖されでもしたら日本は終末を思わせる様相となることは避けられない。

具体的にどうなるのかは私には想像すらできないが、私の極楽とんぼの年金生活にも暗雲が漂ってくるのは間違いなかろう。

日本に原油が入ってこないシチュエーションは何かと議論されているが、では、安全に飲める水がなくなるかもしれないというリスクについては、誰も取り上げたことがない。

ひと昔前、自称ユダヤ人が、「日本人は安全と水はタダだと思っている」と著書で書いて、大反響を巻き起こしたことがあった。

その頃の日本では”安全”はタダであったかもしれないが、最近はそうとも言えなくなってきた。

”水”についても、時代が進んでいけば、それこそ”湯水のように”気楽には使えなくなるかもしれない。


20190820.jpg
シャワー5分間で約60リットルの水を使うらしい
20 : 20 : 55 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
<<8月21日(水) | ホーム | 8月19日(月)>>
コメント
こんばんは♪

水を湯水のように使っています。
特に大阪人には節水は通じないように感じます。
by: きっちゃん♪ * 2019/08/20 22:05 * URL [ 編集] | page top↑
きっちゃん♪へ
おはようございます。

今の日本で、「節水」と言われても実感としてピンと来ない人が多いのではないでしょうか。
関西では、琵琶湖の水が少なくなると、たちまち水道水の供給が懸念されますが、今までずっと「警報」は出ても、実際に断水したことは私の大人になってからの記憶にはありません。
by: 声なき声 * 2019/08/21 04:35 * URL [ 編集] | page top↑
おはようございます
戸建に住み始めてからは
そのような事は無くなりましたが
今回解体されるアパートに住んで居た時は
水槽の掃除が有りました。
やはり数時間の断水で 断水後水を使うと
濁った水が出ていました(>_<)

日本の水は無料で 水道から出てくる水は
そのまま飲めるほど 安心なものですが
多くの国では 飲み水は買って飲んでいます。
日本でも その風潮が進んでいますけど。

近年 地下の水道管の劣化
浄水場の問題がクローズアップされています。
水道管の交換には、莫大なお金がかかり
水道料も上がると言う話もあります。

子供の頃は、井戸を汲んで水を出していましたが
蛇口をひねると 無制限に出て来るようになって
水の大切さが忘れられていますね。
私も 忘れて 出しっぱなしにすることもあります(>_<)

計画停電は有りましたが 計画断水は無いですね。

新潟では、冬の道路の消雪の為
地下水をくみ上げて 道路に水を出していますが
そのせいで 地盤沈下が起こっています。
我が家も 消雪パイプの設置をしていますが
ここ数年 錆が多く出て 道路が錆色に染まっています。
地下に何らかの異常が発生してるように感じます。

安全についても 警備会社が流行るように
安全もタダではなくなったようです。

危機感の無い毎日を送っていると
あらためて思わせられますね。
by: ヨンヨン * 2019/08/21 05:19 * URL [ 編集] | page top↑
ヨンヨンさんへ
おはようございます。

マンションやアパートの水槽の清掃は、法律で義務付けられているそうです。
清掃業者さんからの案内文には、「断水後の初めての給水は赤く濁った水が出るかもしれません」となっていたのですが、全く汚れはありませんでした。
もちろん、念のためにお風呂で試験を兼ねて使いましたが。
 
レストランでも水はタダというのが、日本の場合は常識です。
何年か前に、会社の人で大阪市内の著名ホテルに家族で食事をしたとき、喉が渇いたので「お水をお願いします」と注文したところ、勘定書きを見たら、なんと1杯が800円であったといいます。
もちろん、支払ったそうですが(汗)。
 
水道管の老朽化は、どの自治体でも大きな問題になっています。
人体に直接入るものを流しているのですから、害毒のある成分が含まれていてはならないのは当然ですが、古い鉄管だと好ましくない原材料を使っていることも多いようです。
かといって、掘り返してすべてを交換するということになると、莫大な費用がかかってきます。
利用者が負担すべき性質のものですが、少しばかりの水道料金の値上げでは対応できないことは明らかです。
 
私も、小学生時代は大阪市内で井戸を見かけたことがありましたが、最近はとんと見かけません。
衛生上の理由もあって、上水道が発達したは喜ばしいことですが、反面、「水の大切さ」が忘れられてきました。
蛇口をひねれば無限に出てくるとの感覚は、実は私にもありますが(汗)。
 
地下水の汲み上げがいろんな問題を引き起こしているようですね。
しかし、積雪対策としては水を解かすことは大事な使命ですし、何らかの手を打たなければなりません。
痛しかゆしといったところです。
 
私が子供の頃は、鍵をかけずに外出することのは珍しくありませんでした。
今では考えられないことです。
そればかりか、全く動機が不明で赤の他人を殺傷する事件も起こっているほどです。
「気をつけて」と声をかけられても、では具体的にどんなことに注意をすればいいのかがわからないときもあるほどです。
それでも諸外国に比べれば日本は安全な国のようですが、かつてのように安全はタダではなくなったと思います。
by: 声なき声 * 2019/08/21 05:56 * URL [ 編集] | page top↑
日本のタンカーが海峡で攻撃を受けた時、にわかに第三次大戦の様相を呈してきたとコメントしてたひとがいたんですけどまさにこれでしょうね。
シーレーンをどうやって守るか、中東の油に関しては海上護衛艦隊群をだすとかって議論でいいけど、日本周辺の海でオーランチキチキとかいう藻を使って油を生成する研究とかやってた気がします。こっちにも研究全力でふってほしいかも。
輸送コストがほぼゼロになるし日本が産油国になれる。
by: てかと * 2019/08/21 13:01 * URL [ 編集] | page top↑
てかとさんへ
オーランチオキトリウムは、生前、勝山誠彦さんが熱心に研究を深化させるべきだと主張していました。
石油がいきなり無くなると、現代の日本は文明の恩恵を受けた生活はやっていけません。
石油の代替品の開発には、今から力を入れておくのも、重要な安全保障策だと思います。
by: 声なき声 * 2019/08/21 13:29 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
https://koenakikoe.blog.fc2.com/tb.php/3736-e6d0da70
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する