FC2ブログ

8月16日(金)

今日は未明の午前2時に目がさめた。

足元を蚊に刺され、そのかゆみに耐えかねてのことである。

蚊取り線香は、実は昨年の残りが幾ばくかあって、それを使っている。

消費期限はなかろうと思っていたのだが、実際には劣化が進んだのか、もろくて折れやすい傾向がある、

昨晩も、一部が折れてしまった線香を使っていたので、効力を失くすのも早い。

夜の9時に蚊取り線香に火をつけたのだが、少なくとも5時間後には消費し切ってしまっていたのだろう。

だから無防備な状態になっていて、蚊に攻撃のチャンスを与えていたのだと思う。

蚊に刺されたときは、まずはキンカンを塗るようにしている。

今朝も、いつもどおりの処置をとった。

そして、新しい蚊取り線香をセットして、再び眠りにつこうとしたものの、眠気が全くわいてこない。

逆に、頭が冴えてくるような気がするほどだ。

昨日、夕方にインスタントコーヒーを飲んだのだが、その影響だろうか、あるいは、薬を縫ったり線香をセットしたりの一連の作業をしたことで、眠気が飛んでしまったのか、いずれにせよ眠りにつけそうな気配が全然ないのである。

もちろん、トイレのために眼がさめるのは一晩に2回はある。

今日も、すでに1回はトイレで目がさめたほどだ。

しかし、その場合は、用が済めばすぐに眠りにつくことができる。

今回は事情が違った。

瞬時に頭の中で「5時間」の睡眠をとったはずだと計算した。

ならば、最低限の睡眠時間は確保できているはずだ、と意を決して起床することにしたのである。

昼食後に10分ほどの昼寝をしたら、眠気もかなり緩和されたように思う。

今日一日、ときおり睡魔にとりつかれることがあったものの、散歩にもスーパー銭湯にも行けたし、日常の生活は難なく送ることが可能であった。

それにしても、一匹の蚊にここまで翻弄されるとは思いも寄らなかった。

なお、地球上の動物の中では、最も多くの数の人間を殺しているのが蚊だという。

蚊に刺されてマラリヤに感染して亡くなるアフリカの人は実に多数にのぼっている。

そういった意味では日本国内にあっては、あまり恐いものではないかもしれないが。

ちなみに、人間の敵の二番目は人間だというから、やるせない思いに襲われる。

まさか”人間取り線香”なんて売っていないだろうし、人間同士、なるべく仲良くしていくことを考えざるを得ない。

しかし、私は蚊とは共存はできない。

お盆休みの時期に殺生をすすめるのは良心がとがめるが、今夜も蚊取り線香の備えはしっかりと行うつもりである。


20190816.jpg
仏教国では蚊を殺さずに遠ざけるための線香があるらしい
20 : 20 : 29 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
<<8月17日(土) | ホーム | 8月15日(木)>>
コメント
こんばんは♪

今年はまだ蚊取り線香を使っていません。
刺されないわけではないです。
寝るときにいないので…

夏場はだいたい2時間おきに暑さで目が覚めます。
エアコンを30~40分しか入れないからだと思います^^;
by: きっちゃん♪ * 2019/08/16 21:21 * URL [ 編集] | page top↑
きっちゃん♪へ
こんばんは。

いろんな蚊よけを使ってきましたが、やはり昔ながらの蚊取り線香が最も効果が期待できるように思います。
 
夜は、暑さのほうは大丈夫なのですが、トイレで例外なく目をさまします。
たしか、去年の夏はこういうことはなったと記憶しているのですが、だんだんと老化が進んでいるのかもしれません。
by: 声なき声 * 2019/08/16 21:26 * URL [ 編集] | page top↑
おはようございます
夜中にあの「プ~ン」の音も
痒いのも嫌ですね(>_<)
睡眠障害になります。

けれど、
最近 寝ている時に蚊に刺された記憶がありません。
外の水撒きをしている時は 無数に刺されます。
洋服の上からでも刺されるのです(>_<)

消費期限が有るのか 無いのか分かりませんが
前の家の時は あの渦巻き蚊取り線香も
電気蚊取り器も有りましたが
この家に引っ越す時に 捨てました。

捨ててしまいましたが、必要ではないので
買っていません。

蚊が刺すのに好む条件が有るそうですが
飲んでアルコール臭がする以外は
当てはまっているのですが(笑)

夜中にトイレに起きる事も無いのですが
何かの拍子に 3時とか 早くに目が覚める事が有ります。
眠い気分の時は、布団の中に居るとまた寝るのですが
すっきり目が覚める事が有ります。
そんな時は、十分な睡眠が取れたと思って
起きて 何かをしますが
昼間に数分であっても 昼寝をしないと
夜までは 持たないです(>_<)

昼寝の最中に 電話は良いのですが
玄関のチャイムが鳴ったりして・・
寝ぼけた顔で 出て行くのは 非常に恥ずかしいです(笑)

最近の蚊は、デング熱や日本脳炎マラリアなど
感染症リスクが高くなっていますから
気をつけないといけませんね。
人間の敵の2番目が人間とは驚きです。
人間を含む自然界の変貌が激しいですね。
熊の出没 外来種の増殖
人間だけの地球ではないですから
動物とも共生する事を考えないといけません。
by: ヨンヨン * 2019/08/17 05:23 * URL [ 編集] | page top↑
ヨンヨンさんへ
おはようございます。

ときどき、音響効果とともにやってくる蚊がおります。
不快なこと、この上ありません。
俄然、私も迎撃態勢に入りますが、かといって有効な対策は何もできず、手で体のまわりをはらうぐらいのものです(汗)。
 
蚊が好むのは、アルコール臭とかAB型とか諸説があります。
おっしゃるように、寝ている間に蚊に刺されることは私もあまりありません。
ただ、せっかくの眠りを妨害されるのが嫌なので、夜は必ず蚊取り線香を使っているのです。
 
夜中に目がさめて、それが3時半を回っていたら、私は布団から出るようにしています。
基本的には夜の9時か9時半には就寝するのですが、時には、日付の変わらない11時半に目がさめて、妙に、目が冴えているときです。
幸いなことに、そんなときは目をつぶってじっとしていれば、すぐに眠りにつくことができますが。
 
私は昼寝は長くても20分で目がさめてしまいます。
また、基本的には11時から昼食をしますので、正午過ぎからお昼寝をしても、まずは訪問者はありません。
そもそも、マンションですので個別の部屋を訪ねてくるのは、ほぼ例外なく同じマンションの人の用事です。
戸建てに住んでいるときは、結構、業者や勧誘の訪問が多かったのですが、マンションではそれがありません。
 
海外旅行に行った人が訪問地の感染症を日本に持ち帰ることが、たまにあります。
日本だから安全だというわけでは必ずしもありません。
 
人間の命を奪う二番目の敵は人間だとの結果が出ていました。
しかも、戦争は除いての数字だそうですから、私も自分の目を疑いました。
自然の世界には生存競争があって他の動物を殺すのは一種の正当防衛だとも言えますが、人間の場合はいわば欲や恨みで他の人の命を奪うのですから、決してほめられたものではありません。
 
北海道では市街地にクマがあらわれたことが問題になりました。
考えようによっては、クマのほうが先に住んでいたのですから、人間にとやかく言われる筋合いはありません。
しかしながら、私が現地に住む人間であれば、やはりクマを何とかしてくれと切に希望しますが。
by: 声なき声 * 2019/08/17 06:07 * URL [ 編集] | page top↑
戸建てで庭があると蚊と戦うのはもはや必然なんですよね。
農作業中は蚊の毒に対して解毒作用がどれだけ高いかにかかっているというか。
うちではアース製薬ののーまっと?とかいう製品を使ってますね。
カートリッジ一本で何十日も使えるやつ。電池式ですぐオンオフできる。
目の前の蚊が実際にしぬか見てみたこともあります、好奇心で。覿面でした。

人間はサルから進化した生き物だというから、サルのように組織化、序列化を作るとか聞きます。人間を攻撃するものが人間だというのはサルの遺伝子ゆえなんでしょうかねぇ。
なおゴリラには序列とかマウンティングはないようです。
ゴリラから進化してほしかったですかねw
by: てかと * 2019/08/17 12:51 * URL [ 編集] | page top↑
てかとさんへ
夏の庭仕事では、蚊対策は必須です。
いろいろ試したのですが、蚊取り線香が最も力を発揮したとの感触を持っています。
知人の中には、蚊取り線香を二つ用意した人もいたようです。
 
ニホンザルの世界でも、野生であれば序列化は行われていないと聞きます。
人間が管理しているニホンザルの群れでは、餌付けの結果、階級社会が作られボスザルのポジションもできたそうです。
なんでも、食べものの奪い合いをする必要から争いが生まれ、それをコントロールするために序列化することとなったと聞きます。
野生のニホンザルも、そういった意味ではゴリラと同じですね。
by: 声なき声 * 2019/08/17 13:26 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
https://koenakikoe.blog.fc2.com/tb.php/3732-6c13a6e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する