FC2ブログ

7月29日(月)

海外とはほとんど無縁な私にとって、関西空港というのは心理的にも非常に遠いところにある。

その関西空港に、先週の見送りに引き続いて、昨日は出迎えに行ってきた。

出迎えといっても、娘一家がクルマを出してくれるので、あえて言えば私が出かけていく意味はない。

どちらかといえば、私自身の目で二人の無事の帰国を確かめたかったというのが偽らざるところである。

到着予定時刻が日本時間ので「午後7時55分」となっていたので、やや早めに家を出たのだが、空港に7時10分に私が着いたときには、ロビーの表示に、すでに到着した旨が表示されていた。

夏の季節のことゆえ、偏西風もそんなに強くは吹かなかったのだろう。

もっとも、飛行機の「到着時刻」というのは、目的の空港に着陸して、機体が完全に停止した時のことを言うらしい。

だから、到着ロビーに乗客がたどり着くのは、結構な時間がかかる。

早くに家を出ていた娘一家に伝えようとしたのだが、携帯に電話をしても出てこない。

たぶん、どこかで遊んでいて気がつかないようだ。

まずは、帰ってくる妻と孫娘を見つけたい、との思いで、それこそ到着口からあふれ出す人の姿に目を凝らした。

あわせて、娘たちの姿が見えないか、キョロキョロしながら様子を探っていた。

そういった不自然な動きを20分ほどしていると、突然に
「おじいちゃん!」
と声をかけられ、目を見やると孫がにこにこしている姿がそこにあったのだ

自然と顔がほころび、孫の頭をなでていた。

ちゃんと帰ってきてくれて、笑顔を見せてくれる孫の姿に接すると、それだけで感謝の気持ちがわいてくる。

気がつけば、娘一家も着いていた。

旅先での話をとめどなくしていた孫娘が、突然に涙を流したので、何があったのかと思った。

おそらくは、両親と1週間以上も離れていて、アメリカにいる間も心のどこかで寂しさがうごめいていたに違いない。

今日、久しぶりに父や母の顔を見て、安堵の思いと同時に今までこらえていたものがほとばしり出たのだと思う。

なお、飛行機の遅れというアクシデントが続いたが、いずれも直前の空港からの到着が遅れたため、現地の空港からの出発も遅延した、とのこと。

これは、航空会社の関知しないところなので、遅れたことによる乗客の損失についても無関係だという。

ちなみに、ロスでのホテル代は一人で日本円15,000円であったらしい。

つまり、二人で30,000円!

ツーソンでも同じ系列のホテルであったが、それが一部屋で12,000円であったと。

単純計算すると、倍以上の開きがある。

ランクもよく似たようなもので、たいした違いはなかったというのが妻の感想である。

大都市と地方都市の格差は、アメリカにも歴然と存在している。


20190729.jpg
家から空港までは急いでも約2時間かかる
20 : 20 : 01 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
<<7月30日(火) | ホーム | 7月28日(日)>>
コメント
こんばんは♪

無事に戻られてよかったです。
お孫さんも気を張っていらっしゃって、
ご両親の顔を見てホッとされたんですね。
by: きっちゃん♪ * 2019/07/29 21:36 * URL [ 編集] | page top↑
奥様と孫娘ちゃん、無事に帰国されましたね(^^♪
孫娘ちゃんも旅行中は気を張っていたんでしょう。
でもとってもいい思い出になったと思います!

by: みのじ * 2019/07/30 03:45 * URL [ 編集] | page top↑
きっちゃん♪へ
おはようございます。

やはりまだ6歳の子ですから、親の顔を見ないと寂しいものがあるのでしょう。
1週間も両親と離れての生活は初めてですし、そういった意味でもいい体験になったと思います。
by: 声なき声 * 2019/07/30 04:28 * URL [ 編集] | page top↑
みのじさんへ
孫娘は現地に着いた当初はかなり緊張していたそうです、
一つは言葉が全く違っているところに戸惑いがあったのかもしれあせん。
それでも、息子一家の孫たちと遊んでいるうちに次第に慣れてきたようです。
おそらくは終生忘れられない思い出となって、記憶に残るに違いありません。
by: 声なき声 * 2019/07/30 04:33 * URL [ 編集] | page top↑
おはようございます
無事に戻られて 良かったです。
国内旅行と違って、勝手の違う海外で
お孫さんを気遣いながらの
奥さまの心労も大きかったと思います。

後は、息子さんご一家が戻られるのを
待つだけですね。

関空までの2時間は、お迎えと言うより
小旅行と言える距離ですね(^^ゞ
新潟からソウル ウラジオストック ハバロフスク
などへは、直接行けますが
ハワイ アメリカへ行くには、
成田が主流ですから、
一度東京へ行かなければなりません。
そうなると 小旅行どころか
それだけで旅行になってしまいます(笑)

飛行機は着陸してから
機外へ出るまでに時間がかかりますし
その後 空港の建物までまた時間がかかり
荷物を受け取るのに時間がかかり
お迎えの方は、到着時間前に着いて居ると
その後 待たされる事になります(^^ゞ

空港は、歩く距離も長いから
元気なうちに 旅行へ行かなければ・・と
息子に言ったら 車イスもあるよ と言われました(^^ゞ
車イスに乗ってまで 旅行をしたくないです(>_<)

飛行機の遅延によって
大きな散財になりましたね。
旅行は、思わぬ出費も有りますから
予算内で納めるのは、難しい事です。

お土産話が楽しみですね。
by: ヨンヨン * 2019/07/30 05:50 * URL [ 編集] | page top↑
ヨンヨンさんへ
おはようございます。

おかげさまで事故なく帰国を果たすことができました。
言われてみれば、妻にしても大変であったと思います。
自分で判断ができない小さな子を連れているのですから、息子一家が一緒にいるとき以外は、心の休まる時間もなかったことでしょう。
しかし、空港では至って元気そうでしたが(笑)。
 
大阪の場合は、かつては伊丹からも国際線が飛んでいました。
そのときは空港に行くのも非常に楽でした。
その気になればモノレールで一本で行けたのですから。
今は関西空港からしか海外には便がありませんので、時間をかけて出かけていくしかありません。
といっても、新潟から成田に出ることを思えば、散歩の延長といってもおかしくないほどの楽さですが。
 
飛行機の場合、実際の運航時間がわずかであっても、飛ぶ前と降りてからが時間がかかるのがネックの一つです。
会社勤務時代、徳島に出張したことがありますが、飛行機で空を飛んでいる時間はたぶん20分もなかったと思います。
しかし、搭乗手続きと着陸してからの手続きに手間がかかりますので、1時間は拘束されたのではなかったでしょうか。
ちなみに、今は伊丹から徳島への便は廃止されたと聞いています。
もっともな話です。
 
実際には、車椅子で旅行している人の姿もよく見かけます。
現在であれば、バリアフリーの設備や考え方が普及していますので、おそらくそんな無理はないと思います。
歩くのが困難になっても観光ができるというのは、楽しみの一つとして持っていてもいいなと思っています。
 
海外旅行の場合、思わぬ出費は覚悟しておかなければなりません。
どんなアクシデントがあることか予期できませんから。
もちろん旅行保険には入っていましたが、海外では盗難も珍しくないようです。
現地で無一文になってしまったら、それこそ打つ手がありませんので。
そんな懸念はすべて杞憂に終わり、機嫌よく帰ってきてくれて、私も喜んでおります。
by: 声なき声 * 2019/07/30 06:13 * URL [ 編集] | page top↑
飛行機の遅れが原因で過失もないのにホテル代も払うはめになるとか。
うわって感じはしますね。値段も決して安くないし。
温泉、朝晩飯付きの旅館に二名一泊できる値段くらいだと思うと財布もつ手が震えてきますよw
by: てかと * 2019/07/30 12:42 * URL [ 編集] | page top↑
てかとさんへ
飛行機が遅れた原因が強風のためだとしたら、乗客の立ち場としては文句が言えません。
よほど専門的な知識を持った人でないと、
「風速に関係なく航行が可能なはずなのに、遅延したのは航空会社の責任である」
とデータをもとに議論もデータをもとにきないでしょう。
航空会社としては、安全に乗客を目的地に案内できれば義務は果たしたことになりますから。
by: 声なき声 * 2019/07/30 16:11 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
https://koenakikoe.blog.fc2.com/tb.php/3714-957bf43f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する