FC2ブログ

7月28日(日)

今朝は4時に目がさめた。

妻と孫娘が帰ってくる日だというので、気合が入っていたのかもしれない。

しかし、招かれざる客というのは時間を気にしないようだ。

朝5時過ぎに妻からメール。

ロス発の飛行機が、1時間半の遅れで離陸だという。

経過はわからないが、ともかく関西空港着が午後8時頃になるらしい。

国際線飛行機の到着時刻というのは当てにならず、遅れることも早まることもある。

娘にも相談して、娘一家はクルマでもって先に着くようにプランを立てた。

早めに着いて、食事をしながら飛行機の到着を待つらしい。

仮に飛行機が1時間早く着いたとしても、妻も孫娘も心細い思いはしないはず。

夜遅くなると、旅行疲れの孫娘が眠ってしまうかもしれないので、それに備える意味もあり、クルマはあるにこしたことはない。

私の段取りとして、Yahooの路線図から最も効率的な行き方を探ろうとした。

そしたら、「阪急電鉄にて人身事故のため運転休止中」と表示が出ているではないか。

なぜか阪急電車では人身事故が多発する。

もちろん、人身事故といっても、自死を狙っての飛び込みによる事故なので、電鉄側としては防ぎようがないのが現実だ。

自分で自分の命を消してしまうほど苦しんだ当の本人にはお気の毒だが、一般の人には実に多大の迷惑をもたらしているのも事実である。

遺族にしてみれば、家族を失った悲しみとあわせて、莫大な損害賠償義務を負わされるリスクもあり、良いことなんて一つもない。

私にしても、帰国にあたってこれだけのアクシデントが続くと、良からぬ事態が起こりそうな不安が頭をもたげてくるのは避けられない。

電車の事故は、ものの1時間もしないうちに復旧し、一部に遅れは出ながらも運転再開を果たしてくれた。

私が関西空港に向けて出かける頃には、順調に運転していることだろう。

定刻どおりに発着する日本の電車は、外国から見れば驚きの一つらしい。

今までは極めて当たり前のことと思っていたが、電車のダイヤも日本の奇跡なのかもしれない。


20190728a.jpg
本日は帰宅が遅くなるので予約投稿にした
20 : 20 : 05 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
<<7月29日(月) | ホーム | 7月27日(土)>>
コメント
こんばんは♪

奥様とお孫さん、
もう無事に戻られていることでしょうね。
ほっとされたのではないですか?

本当に阪急京都線は人身事故が多いです。
千里線と大阪メトロ堺筋線もその影響を受けます。
ここ2、3年の間に何度苦労して帰宅したことでしょう。
by: きっちゃん♪ * 2019/07/28 22:10 * URL [ 編集] | page top↑
きっちゃん♪へ
おはようございます。

昨晩、妻と孫娘は元気に帰国をいたしました。
夜が遅かったこともあって、ゆっくりと旅の話は聞けませんでしたが、いつもとは違った環境にもすぐに慣れて存分に楽しめたようでした。
 
なぜか京都線に多いです。
結局、そのとばっちりを受けて他の線も止まってしまうようです。
通勤で乗られていたら、幾度となく苦い経験をされてきたことでしょうね。
by: 声なき声 * 2019/07/29 05:00 * URL [ 編集] | page top↑
おはようございます
日本の電車 新幹線などは、
時刻表通りに発着する事は有名です。 
最近 20秒遅れたと文句を言った人がいるそうです。
そんな人が、今回のロスからの飛行機に乗ったなら
文句の連続だった事でしょう。

今回のロスからの飛行機の遅れは
ナッツが問題だった訳では無いでしょうね(笑)

息子達は、何回も海外へ行っていますが
外国からの飛行機は迎えに行ったことが有りません。
国内便でも遅れる事が有りますので
長旅である海外からの到着が遅れるのは当然かも知れません。

いずれにしても 人を送るのは良いですが
お迎えは、大変です。

数年前 東京から新幹線で帰る息子と夫を
駅へ迎えに行った時
夫が乗り遅れて 次の時間まで待った事が有ります。
これは、新幹線が悪かった訳では無く
ホームのベンチで 情報誌を読んでいて
出発に気が付かなかった夫の失敗です。

遅れて到着した夫は 息子に
声をかけないのが悪いと文句を言っていましたが
夫はグリーン車 息子は普通車で 乗り口が違うので
息子は、少し 不機嫌そうでした(笑)

昨日到着の ロス便 結局
早く到着したのか 遅れたのか気になる所です。
by: ヨンヨン * 2019/07/29 05:34 * URL [ 編集] | page top↑
ヨンヨンさんへ
おはようございます。

おかげさまで元気な姿で二人とも帰国してまいりました。
ご心配をいただき、ありがとうございました。
 
陸上競技の短距離走ではないのですから、「20秒」の遅れが何の問題なのでしょうか。
何かにつけ、些細な事柄であっても文句を付けてくる人が目立ってきたのが、昨今の特徴と言っていいかもしれません。
変に顧客を大事にし過ぎる風潮が、こんな非常識な連中を増やしているという側面もあると思います。
「権利」の主張は大切ですが、それが過剰になると他人の権利を踏みにじることがしばしばあります。
日本の場合、自国どおりに正確に運行される交通機関は貴重な存在ですが、それが当たり前だと受け止めている人が多いのも誤解を生んだ原因かもしれません。
 
さすがに「ナッツ」が原因ではありませんした(汗)。
1時間半ほど出発が遅れたのですが、到着は予定より40分早かったです。
まさか、最初の遅れを取り戻したのではないでしょうが(笑)。
 
どんなケースでも、「迎え」は困難を伴います。
電車で来るのであれば、アクシデントがない限りはおおよその予定がつかめますが、飛行機や船の場合はずれることのほうが多いです。
私が困ったのは、娘が友人の結婚披露宴に呼ばれたとき、その迎えを頼まれたことがありました。
昨今の披露宴は一日ひと組という形式のものが一般化し、主催者としてはお開きの時間を気にせずに楽しめる点が評価されているようです。
しかし、迎えに行く側にとっては、これほど厄介なものはありません。
いつ終わるかわからないのに、遅れないように待機しないとうけないのですから。
まして、そのとき娘は妊娠していましたので、長い時間は待たせられないとの切迫感もあって、かなり余裕を持って迎ええに行ったのを覚えています。
たしか、新幹線で新大阪から東京に行くぐらいの時間をひたすら待ったと、記憶していますが(汗)。
 
新幹線であれば、仮に1本乗り遅れてもさほど長時間にわたって待たされることはないと思います。
ただ、「待たされる側」の思いというのは独特なものがありますね。
まして、グリーン車と普通車の格差があるとなれば、より面白くない部分も増えてくるかもしれません。
by: 声なき声 * 2019/07/29 06:03 * URL [ 編集] | page top↑
こう考えると日本の電車ダイヤは相当優秀なんだな、と。
記事読んでて国際線の時間がガタガタなのはもう仕様なのかと思うことにしました。俺は海外行かないしもうそれで。
あと飛び込みで列車の遅れが発生すると、7200万円の請求書をみた、ってはなしをむかーし聞いたんですけど・・・。どこの路線で何時ごろなのかはわからず。阪急だともっと高いかもしれないですね。
by: てかと * 2019/07/29 13:23 * URL [ 編集] | page top↑
てかとさんへ
私も、2年前に中国の上海に出張したのが最後で、海外は一切訪ねておりません。
ですから事情はよくわかりませんが、なんでも、中国の地方都市の空港などは飛行機の時刻などは予定があってないようなものだと、詳しい人から聞いたことがあります。
また、利用者もそれを当たり前のことと受け止めるのが一般的だそうです。
日本人の尺度では受け入れられない話でしょうが。
 
鉄道への飛び込み事案の場合、”7200万円”という損害額となっても決して不思議ではありません。
急ブレーキをかけたことで乗客が怪我をした補償などを入れると、さらに巨額になる可能性すらあります。
ただ、遺族に負担能力がないと見た場合は、現実的なレベルで妥協しているのが実際のところらしいです。
鉄道会社によっても強硬に請求するところと、甘い対応しかしないところがあるとも聞きました。
実際の補償額が幾らになったかは、どの会社も秘密だそうです。
厳しく請求しない鉄道会社のところに、自殺志願者が集中するリスクがあるからだと、真偽のほどはわかりませんが、そんな風説を耳にしたこともありました。
by: 声なき声 * 2019/07/29 14:01 * URL [ 編集] | page top↑
声なき声さんへ!!
暑中お見舞い申し上げいたします。!
厳しいこともありましたが風と共に吹き飛ばす発信力からは生命力を感じました。今週もお元気でお過ごしください。☆彡
by: 荒野鷹虎 * 2019/07/29 16:49 * URL [ 編集] | page top↑
荒野鷹虎さんへ
北海道とは違い、大阪はかなり暑い思いを強いられております。
夏の季節でなければ快適な散歩も、この時期はなかなかに過酷な苦行となっています。
荒野鷹虎さんにおかれましては、ますますのご自愛のほど、お祈り申し上げます。
by: 声なき声 * 2019/07/29 16:57 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
https://koenakikoe.blog.fc2.com/tb.php/3713-4335342b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する