FC2ブログ

7月25日(木)

最近、FC2のブログで記事やコメントを書いたとき、”認証用キーワード”を入れる段階でつまずくことが増えてきた。

ひらがなかカタカナで書かれた文字をアラビア数字で打ち込むだけの話だが、この脳内変換がスムーズに行かないのだと思う。

一つは老眼が進んで表示されている文字が見えにくくなってきたことにもよるだろうが、何よりも、日本語で書かれている文字をアラビア数字に置き換える作業に戸惑っているのが主な原因だと、私は考えている。

少なくとも、昨年の今頃はこんなことはなかったはず。

アラビア語の文字などは全くチンプンカンプンなのだが、なぜかアラビア数字となると認識しやすくなるというのが、それが不思議であった。

ただ、Wikipediaによると、アラビア数字はそもそもはインド数字にルーツがあって、それがアラビアを経由してヨーロッパに伝わったところから”アラビア数字”と名付けられたらしい。

インドといえばITのジャンルで著しく秀でたものを持っているが、昔から数字には独自のセンスを備えていたのだろう。

今ではほぼ全世界でアラビア数字が使われているのではないか。

数字と言えば、忘れられない話がある。

社会人になったとき、仕事でお得意先に集金に伺うことがたまにあった。

その際、領収証を切ってお渡しすることになるが、先輩からは改ざんを防ぐために「壱、弐、参、・・・」と漢字で書くように指導された。

文字を間違えてはいけないので、見本を見ながら書こうとしたら、お得意先さんから笑われ、「慣れている書き方でエエで」と言われたのは懐かしい思い出である。

アラビア数字のありがたさを身に染みて感じたものであった。

昨今ではほとんどが振込での支払いになっているようなので、BtoBのビジネスでは手書きで領収証を切る場面も皆無に近いと思う。

ところで、私が文字を正しく認識できていないケースは、ほかにも例があった。

大阪府に四条畷市という自治体がある。

その市名の”畷”の字だが、今までずっと旁の部分はカタカナの”ヌヌヌヌ”だと信じて疑っていなかった。

しかし、同市の市長の話では、これは間違いで、最後はカタカナの”ヌ”ではなくて、漢字の”又”だというのである。

なるほど、”畷”の文字を思い切り拡大してみると、確かに漢字の”又”になっていたので、再び驚いた。

もっとも、これは楷書で書いたときの話であって、手書きではどちらでも正解らしいが。

四条畷市民もこれは知らない人が多いというから、私だけの話ではないことを申し添えておく(汗)。

 
20190725.jpg
天神祭りの花火と北朝鮮の飛翔体とは見間違わない
20 : 20 : 38 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
<<7月26日(金) | ホーム | 7月24日(水)>>
コメント
こんばんは♪

銀行では手形や小切手はチェックライターか漢数字となっています。
漢数字となると一度読まないといけないど苦労しました。
鉛筆で補記されている時がありますが、間違っていることがあるので…
そんなことを思い出しました。
by: きっちゃん♪ * 2019/07/25 21:43 * URL [ 編集] | page top↑
私、今日一日頭の中に「又、又、又、又」って浮かび続けると思います。

ビルと花火が見えるなんて、素敵なところにお住みですね!!
我が家から見える夜景が貧相に見えます~。
by: みのじ * 2019/07/26 04:02 * URL [ 編集] | page top↑
きっちゃん♪へ
おはようございます。

チェックライターは便利なツールです。
改ざんはできませんし、第一、印刷がきれいです。

鉛筆で補記されていて、それが違っているとなると差し替えをしなければならないのですね。
手間がかかったに違いありません。
新しい用紙で作れば、さらに収入印紙も貼らなければなりませんし。
by: 声なき声 * 2019/07/26 05:01 * URL [ 編集] | page top↑
みのじさんへ
まさに複雑怪奇な漢字です(笑)。
なんでも、明治になって建てられた”四条畷神社”のときからそんな書き方になったそうですので、さほど歴史は古いものではありません。
 
マンションの屋上から、市内がビル群が見えます。
小高い地域入力ありますので、ときおり大阪市内の花火を見ることができます。
ただ距離が離れていますので、小さくしか見えませんが(汗)。
by: 声なき声 * 2019/07/26 05:06 * URL [ 編集] | page top↑
おはようございます
アラビア数字は、世界中どこでも通用する数字ですが
単純で 分りやすいですね。
これを広めた人?国?はすごいです。

日本では、1~10まで覚えれば
11 12・・と続いて行きますが
英語では、1~20までは 呼び方が違います。
日本に生れて良かった(笑)

最近は、領収書に漢字で書く事も無くなりましたね。
ご祝儀袋の中袋など、縦に書く場合は
漢数字が見られる事もありますが。

漢字の成り立ちを調べるのは
面白いし 楽しいですが
画数の多い漢字を正確に書くのは難しいと思います。

テレビのクイズ番組で
難読漢字が出る事が有りますが
当て字だったり、そこまで読めたり書けたり
する必要はないと思います。

今の所 ”認証用キーワード”を入れる事には
困っていませんが 来年は分かりません(笑)
by: ヨンヨン * 2019/07/26 05:51 * URL [ 編集] | page top↑
ヨンヨンさんへ
おはようございます。

私の娘の場合がそうでしたが、孫娘もアラビア数字が最初に覚えた文字なのです。
お絵描き歌もあって、「えんとつ」「あひる」・・・と覚えやすいということもあったと思います。
 
インドが発祥の地ですが、たしかインドで数字の”0”の概念も発見されたと聞いています。
なにやら、あの地には数字的なひらめきが濃厚に色づいているのではないかと思います。
 
日本で言うところの”ティーンエイジャー”は「10代」の意味ですが、現地では、「teenで終わる13歳から19歳」を指すそうです。
これは、日本で受け入れたときに起こった間違いだと思いますが。
 
慶弔にかかわらず、私は一般的な漢字で書くようにしています。
ただでさえ慣れない筆を持って、やたら画数の多い漢字を書くとなると、どこかで間違えてしまいそうな気がするからです。
さすがに、アラビア数字では書きませんが。
 
話のタネとしては、難読漢字は面白いと思います。
しかし、まず日常生活では役に立たないでしょうし、それを知らないからといって、文学作品を味わえないこともありません。
あくまでも”趣味”として知っておいてもいいかな、というレベルの話だと思います。
 
私も、今でこそごみ出しの曜日を忘れることはありませんが、いつそんな日がやってくることかわかりません。
うっかりと出し忘れるという程度であれば仕方ありませんが、ごみ出しがあること自体を忘れてしまったら、いよいよ老人特有の症状の始まりだと恐れています。
by: 声なき声 * 2019/07/26 06:15 * URL [ 編集] | page top↑
あの数値入力外すと英語圏のスパムとんでくるから外すわけにはいかない!
という困った理由もあるんだよなぁ。
まぁ声さんもブラウザがChromeだろうから、Ctrlキー押しながらホイールを前に持っていけば拡大、手元に回せば縮小されるでしょ。
老眼でも最大まで拡大すれば見える!!
といいな。
by: てかと * 2019/07/26 13:34 * URL [ 編集] | page top↑
てかとさんへ
老眼の点は画面拡大によって対処可能ですが、たとえば”シチ”と書かれているものを頭の中で”7”に置き換えることが瞬時にはできなくなってきたのです。
これも老化のあらわれだとすると、年月の経過は私にはあまりに残酷だと思います(汗)。
by: 声なき声 * 2019/07/26 16:21 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
https://koenakikoe.blog.fc2.com/tb.php/3710-243d1ee7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する