FC2ブログ

7月23日(火)

嫁がUPしてくれている写真のクラウドに、今日は妻と孫娘も登場していた。

遊園地や動物園、プール、公園、ゲームセンターなど、背景はさまざまである。

おそらくは複合型施設なのだと思う。

まだ現地に着いてあまり日も経っていないのに、あちこちに行けるはずがない。

孫娘が時差のズレで昼夜が逆転していないか、あるいは体調をくずしていやしないか、何かと気がかりであったが、写真を見る限りは日本にいるときと変わらない様子に安心した

息子夫婦のほうの孫たちとも仲良く遊んでいるシーンを見ると、自然と笑みが浮かんでくる。

とはいえ、嫁が写真撮影するときは、マイナスイメージの場面ははずすだろうが(汗)。

現地滞在の5日の間、3日間は息子一家が世話をしてくれる予定で、ほかの2日は妻と孫娘だけで遊ぶ段取りだという。

これは妻から言い出したらしいが、なるほど5日間ぶっ続けで面倒を見るとなると、嫁の息が詰まってしまいかねない。

ただ、妻と孫娘だけで遊ぶとなっても、勝手知らない地をうろつくなんてご法度である。

なんでも、以前、嫁がアパートのランドリーのコーナーに洗濯ものを持っていって、部屋に帰ろうとしたら、見知らぬ男に声をかけられたらしい。

見ると、ピストルを持っているのだ。

そして、
「財布は持っているか?」
と尋ねるので、
「No!」
と答えたら、そのままどこかへ行ってしまったらしい。

ホンモノのピストルかどうかはわからないが、それでも全身の血の気が引いた、という。

お世辞にも治安がよろしいとは言えない地なので、ホテルから一歩も出ないのは当然の策だろう。

そんなアクシデントは起こらないであろうが、私には現地の様子がリアルにわからないだけに、「今、何をしているのか」と何回も気になる。

日本との時差は16j時間で、日本の午後4時が現地アリゾナの深夜午前0時である。

私は引き算は苦手なので、「8」を足す計算をしている。

事あるごとに現地の時間を計算しては、あれこれと想像をめぐらしている。

おかげで認知症予防のトレーニングになったような気がする。


20190724.jpg
亀は日本の動物園にもいるが・・・・
20 : 20 : 42 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
<<7月24日(水) | ホーム | 7月22日(月)>>
コメント
こんばんは♪

お嫁さんの話を聞くと怖いですよね。
そういうことないと思いますが、
帰って来られるまでいろいろと気になりますね。
by: きっちゃん♪ * 2019/07/23 21:14 * URL [ 編集] | page top↑
Arizonaも、なかなか安全ではないですよね。国境付近は特に、、、。
by: TORU * 2019/07/23 22:40 * URL [ 編集] | page top↑
きっちゃん♪へ
おはようございます。

実際には被害にあう確率は低いでしょうが、一度でもそんなことがあったと聞くと、妻や孫娘の身に降りかかってくるリスクを想像してしまいます。
当たり前の話ですが、日本とは全く案全意識が違いますね。
by: 声なき声 * 2019/07/24 05:03 * URL [ 編集] | page top↑
TORUさんへ
息子夫婦がアパートを決めるときも、会社から指示されて、できるだけ危険の少ない地域を選んだとのことです。
日本でも、昨今は予想もつかない惨劇が起こっていますので、「絶対に安全」という地はないのだと割り切らざるを得ません。
by: 声なき声 * 2019/07/24 05:08 * URL [ 編集] | page top↑
おはようございます
無事に着いて 楽しんで居られる様子
本当に良かったです。

言葉も思い通りに伝わらない国で
日本と違って治安も良くない国で
自由に外出するのは怖いですね。

息子さんご一家も 
奥さまとお孫さんも
早く帰国されると安心です。

長男がアメリカへ行っていた時も
真ん中息子がイギリスへ居た時も
時差の計算をしながら 電話するのが大変でした。
当時は まだ携帯が海外で自由に使えるような時代ではなかったので
ホストファミリーの自宅の電話に電話するので
なおさら気を遣いました。

写真は、亀を眺めていられるのですね。
亀は、動物園と言うより 水族館のイメージですが(笑)
by: ヨンヨン * 2019/07/24 05:22 * URL [ 編集] | page top↑
ヨンヨンさんへ
おはようございます。

妻にとっても孫にとってもめったにないチャンスですので、思う存分に楽しんできてほしいと思っています。
もちろん、不測の事態には気をつけなければなりませんが。
 
おそらく、年末のクリスマス休暇でもって赴任は終わることになると思っているのですが、まだ明確には聞いていません。
ただ、帰国しても、大阪近辺の勤務はないようです。
また住居を探してその地に慣れてかなければなりません。
それはそれで大変なことだと思います。
 
電話でのコミュニケーションが一般的であった時代は、何かと困ったことが多かったものです。
ましてや異国の地となれば、時差や言葉の問題もあって、電話一本をかけるのも大騒動だと思います。
メールが普及して携帯電話が使える現代は、大変な進歩をしたものだと感じます。
 
そうですね、日本では亀と言えば水族館のイメージですね。
文化の違いなのでしょうか(笑)。
by: 声なき声 * 2019/07/24 05:34 * URL [ 編集] | page top↑
リタイア後のくらしかたの一つに、物価の安い外国、途上国でのくらし特集を読んだことがあるんですが、治安の悪さ、インフラの突然停止とかは登場してきます。
アリゾナでも銃所持に規制があるでなし、銃携帯しているものが財布を出せと言ってくるとか、まさにそんな感じ。
コンビニでスナック菓子と銃を買って動物園に行くような都会のジャングル。俺はなんともいえない心地です。
俺は日本でずっと暮らして老衰で死にたいな、という思いを強くしましたw
by: てかと * 2019/07/24 13:12 * URL [ 編集] | page top↑
てかとさんへ
”治安”と”インフラ整備”の条件で言えば、日本ほど整っている国はないと言ってもいいでしょう。
物価が安いので暮らしやすいと考え、開発途上国で余生を送るために現地に行ったもものの、エアコンはおろか電気もガスも水道も満足に使えず、困り果てているとの話はよく聞きます。
ニューヨークでも頻繁に停電があると聞いていますから、日本のように安定供給されているほうが、むしろ例外なのかもしれません。
とりわけ治安の点は生きていくための最低限の必要条件ですから、この保証がない限りは、私は安易に未知の国での生活はしたくないと考えております。
そういった要因だけではなしに、何よりも自分が生まれて育った国が最も愛着を感じますし、できればこの国に骨を埋めたいと念じています。
by: 声なき声 * 2019/07/24 13:53 * URL [ 編集] | page top↑
 無事に到着、楽しんでいるようで、先ずは一安心と思ったら・・・というところでしょうか?
 表にいて、日本ほど気の抜ける国は無いと言われている位ですから、帰国されるまでは心配ですネ。
by: nekochan59 * 2019/07/24 17:28 * URL [ 編集] | page top↑
nekochan59さんへ
写真で見るアリゾナ州のツーソンは、笑顔にあふれた陽気な街ですが、陰の側面の見落としてはいけません。
日本のように酔って電車の中で眠っていられるのは、地球では例外なのだと思います。
私には日本以外の国では生きていく自信がありません。
by: 声なき声 * 2019/07/24 17:58 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
https://koenakikoe.blog.fc2.com/tb.php/3708-a9f39af9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する