FC2ブログ

7月21日(日)

大相撲も千秋楽を終えた。

今場所は途中で大関陣が誰もいなくなり、相撲観戦の興味は半減どころの騒ぎではなかった。

大阪出身の豪栄道関ややはり関西の出である貴景勝関の姿も見られなくなり、地元の人間としては残念至極である。

そんなフラストレーションがあったからか、今場所は横綱白鵬関のふるまいが特に目についてならなかった。

いや、「張り手」や「かち上げ」「猫だまし」などといった横綱らしからぬ手のことを言っているのではない。

何が何でも相手に勝ちたいとの思いが前面に出れば、禁じ手でない限りは何をしても、少なくともルール上の問題はない。

看過しがたい所作があったのだ。

13日目の妙義龍関との取組で、相手を土俵に倒した後で自分の右手で相手の頭を跳ね上げたのである。

具体的にはこちらの5分10秒ぐらいからの映像である。

「見苦しい」し、それ以上に危険でもある。

相手が倒れているのだから負けはわかっているのに、さらに頭を跳ねるなんて、勝負の上では全く意味のない行動だ。

見ていて冷水を浴びせられる思いがした。

さすがに親方からは辛らつなコメントが寄せられていた。

相撲協会としては、これは問題視しないのが解せない。

彼の機嫌を損ねると、協会として何か困ることでもあるのかと不思議に感じる。

彼もいずれは日本国籍をとり、親方として部屋を任されるのはほぼ既定路線になっている。

ただ、現在の所業そのままで若い力士を指導するのは、どう考えても好ましくないと思う。

軌道修正するのであれば、今しか時期がない。

昔は朝青龍関なる力士がいて、その人との対比によって白鵬関は品格ある力士だと評されていたものだ。

しかし、今となってはすっかり過去の話となっている。

そういったわだかまりを感じつつ観戦したこともあって、結びの一番で鶴竜関が白鵬関を破った場面では心の中で快哉を叫んだ。

負けたことを喜んでいるようで気恥ずかしさは感じるが、これは私の偽らざる思いであった。

相撲は単なる格闘技ではなく、日本の伝統そのものなのだから。


20190721.jpg
大相撲はアベマTVで観戦している
20 : 20 : 50 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
<<7月22日(月) | ホーム | 7月20日(土)>>
コメント
こんばんは♪

大相撲、見なくなりました。
姉も2場所ぐらい前から見なくなりました。
外国力士が多過ぎるのもですが、
怪我も多すぎます。
by: きっちゃん♪ * 2019/07/21 21:57 * URL [ 編集] | page top↑
きっちゃん♪へ
おはようございます。

「怪我」が多いというのは、一つには負けがこんできた力士が休場するときの方便なのかもしれません(汗)。
あるいは、今の力士は、子供の時から添加物のたくさん入った食品をたくさん摂っていることで、骨がもろくなっているとの説も聞いたことがあります。
頑健な身体が売りものの職業だけに、本来は怪我はあってはならないことなのですが。
by: 声なき声 * 2019/07/22 05:09 * URL [ 編集] | page top↑
おはようございます
大相撲には、ほとんど興味が無くなりました。

子供の頃は、大鵬が好きでした。
負けると泣いたり(^^ゞ

最近は、ニュースで 誰が優勝して 誰が引退した
そのような情報を得るだけで
毎日の取り組みは見て居ません。

白鵬の目に余る行為については
取沙汰されていますから、知っていますが
無敵だった時期が過ぎて、怪我したり
引退説も出ている中、焦りから、
あのような行動になってしまうのではないでしょうか。

外国の人だから日本人の心が分からないと言う事は無いでしょう。
長くこの世界に身を置いているのですから・・・

3年前の夏 巡業で 輝関と写っている写真が有ります。
あんなに大きな体が、土俵に投げ出されるのですから
怪我をするのも 当然と思いますが
豪栄道や貴景勝に頑張って貰いたいですね。
by: ヨンヨン * 2019/07/22 05:13 * URL [ 編集] | page top↑
ヨンヨンさんへ
おはようございます。

私も、子供のときは大鵬が大好きでした。
文字どおり、巨人、大鵬、卵焼き”でして、異本的には今もそれは続いています。
強かったところに憧れたのはもちろんですが、子供なりに横綱の持っている風格や品位に憧れを感じていたのだと思います。
 
私も結びの一番の30分か1時間ぐらい前から見るだけです。
パソコンは、常時、ネット接続していますので、場所中は用事がない限りは見ています。
さほど詳しくはありませんし、特定のひいき力士がいるわけでもありませんが。
 
事情通の人の話によると、若い頃は現在のような顰蹙を買う相撲はとっていなかった、とのことです。
力が落ちてきたことがわかっていて、何とかしなければの焦りが、あのような振る舞いになっている、との推測は非常に説得力があります。
ただ、それであれば早く引退をすればいいと素人の発想で考えているのですが。
彼ほどの戦績を残しているのですから、親方になれるのはほぼ間違いありません。
そうすれば名も残りますし、相撲の指導もできるのです。
土俵で相撲を取り続けることには体力的な限界がありますし、黒星が先行してやむなく引退というよりは、横綱らしい最後を飾ることができると思います。
by: 声なき声 * 2019/07/22 05:51 * URL [ 編集] | page top↑
相撲は神事だから新道のひとにはなおさら許せんて感じですかね。
横綱だろうが結局のところなかのひと次第か。
俺は相撲みてないからここまでの状況だとは思ってなかったというか。
元朝青龍は現役時代とかメディアにいい顔しなかったのでさんざんぶったたかれましたが、今じゃ祖国の名士として銀行や農園経営と幅広くやって成功してるんで、学ぶところはむしろそちら側ですかね。かばった感じですみませんw
学ぶところがあるなら力士関係なくどん欲にありたいというか。
記事にでてくる横綱が相撲レスラーに落ちるか、力士としてとどまれるか。ファンの視線はなかなか厳しいですねぇ。
by: てかと * 2019/07/22 11:15 * URL [ 編集] | page top↑
てかとさんへ
おっしゃるように、相撲は神道行事にほかなりません。
場所中は、土俵に相撲の神様がいらっしゃる神聖な場です。
不埒な所作は厳に慎まなければなりません。
そういった意味では、NHKという公的機関がテレビやラジオで実況中継するのは問題があるかもしれません。
アベマTVは民間会社が運営しているものですから、そのあたりの課題はクリヤできております(汗)。
 
かつての朝青龍関は、いまではかの国では成功者としての名誉を得ているそうです。
日本の角界の空気にはなじめなかったのでしょう。
くだんの力士も合わないものを感じつつ我慢してきたのに、最近では自制心がなくなっているのかもしれません。
このまま放置しておくと、「相撲レスラーになってしまうのは避けられないと私は見ています。
by: 声なき声 * 2019/07/22 12:07 * URL [ 編集] | page top↑
拝見しました。
勝負が終わった後、相手の頭を跳ね上げたと聞き、どういうことかと状況がつかめていませんでした。
こういうことでしたか。確かに余計事ですね。
彼については土俵の内外で問題発言、行動をよく耳にします。
思い上がっているのかもしれませんね。
それにしても彼が大関、横綱に昇進したころは、ここまで強さを発揮するとは想像できませんでした。
by: ミドリノマッキー * 2019/07/22 14:07 * URL [ 編集] | page top↑
ミドリノマッキーさんへ
彼の言動が問題になってきたのは、比較的最近のことです。
若い時代は決して顰蹙を買うような見られませんでした。
横綱になった頃は、日本の大相撲を牽引してくれる心強い存在だと思っていたのですが。
どこでどう間違ったのか、実に醜悪な力士に転落してしまいました。
 
「万歳」や「三本締め」については協会からの注意がありましたが、取組中の所作にはお咎めがないようです。
協会から何も言われなければ、彼は同じことを続けていくのは明らかです。
下手をすれば、ますます増長するかもしれません。
by: 声なき声 * 2019/07/22 14:49 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
https://koenakikoe.blog.fc2.com/tb.php/3706-7000593b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する