FC2ブログ

7月6日(土)

マンションの近くに竹林の中を通る細い道があって、散歩のときに使わせてもらっている。

わずかなりとも自然の光景が残るスポットを歩きたい、との気持ちからである。

とはいえ、近道として使う人が多いのだろうか、朝などは少なからぬ人とすれ違うものだ。

今日は、中学生とおぼしき10人ぐらいの自転車集団とすれ違った。

学校から指導されているのか、自転車から降りて手で引きながらである。

部活仲間なのか、親しげに満面の笑顔で会話をしている。

おそらくは、土曜の午後、部活が終わって皆で帰る途中であったのだと思う。

どうやらこれから誰かの家に行って、ゲームをする予定があるらしい。

喜色満面に語っている光景を見ると、ふと、別のコースでの大学生たちの通学での沈んだ表情が頭に浮かんできた。

あまりにもコントラストがくっきりしているのである。

単純化して言えば、今日の中学生たちが明であれば、大学生たちは暗と呼ぶべきだろう。

近所にマンモス大学があり、朝など、電車が到着した直後であれば、キャンパスに向かう学生たちの群れが長く続く。

ごく一部を例外にすれば、大学生たちはほとんど会話もしていないし、顔の表情に笑いなどはない。

ひたすら授業のある教室に向かって黙々と歩いているだけである。

もちろん、条件が全く違っているので、横並びで比較するのは乱暴な話だと思う。

部活仲間とマンモス大学の学生、土曜の午後の解放感に満ちたひとときとこれから授業を受けるという緊張感に満ちた時間帯、まだ子供の感性の残った年代と法律上では大人とみなされる年代・・・・・さまざまな部分で大きく違っているのだから、同じ天秤にかけられないのは当然のことである。

それは頭ではわかっていても、なおかつ、笑顔でいられるのは周りの人にもいい印象を与えることになるという、極めて当たり前の事実を突きつけられたような気がした。

選挙のポスターを見ても、ほぼすべての候補は笑顔の写真を掲げている。

会社の営業職やショップの販売員は、自然と笑顔をあらわせる脳内回路があるらしい。

ことほどさように、ニコニコ顔は大切なものである。

自分を省みれば、おそらくは常に難しい顔をしているに違いないと自分でも思う。

もしかしたら、孫と話しているとき以外は、ずっと苦虫をかみつぶしているのかもしれない。

いっときは鏡を見ながら笑顔を作るという一種の筋トレをやっていたが、いつの間にかサボってしまっていた。

またトライしよう。


20190706.jpg
ときおりバイクが通ることもあるので要注意
20 : 20 : 48 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
<<7月7日(日) | ホーム | 7月5日(金)>>
コメント
こんばんは♪

作り笑顔でもいいと言います。
笑顔は大事ですね。
若いころと違ってなかなか笑えなくなりました。
by: きっちゃん♪ * 2019/07/06 21:33 * URL [ 編集] | page top↑
きっちゃん♪へ
こんばんは。

鏡で自分の笑った顔を見るだけでも、笑顔の訓練になると聞きました。
年齢を重ねると笑えることが減ってくるのは、一つには、筋力の衰えもあるそうです。
笑顔を作って筋力を鍛えるのも、笑いを思い出すための方法だと思います。
by: 声なき声 * 2019/07/06 21:38 * URL [ 編集] | page top↑
おはようございます
近くに自然が有るのは良いですね。

この狭い道に自転車集団の通過は、
それなりに迫力がありますね(笑)

数日前のように、それまで仲良く勉強していたと思える
中学生の刺殺事件がありました。
満面の笑顔でいても、ちょっとしたきっかけで
このような事が起こるのは
その笑顔 本物?と疑いたくなります(^^ゞ

一層の事 マンモス大学の学生のように
笑顔もなく 自分の殻に閉じこもっていた方が
本当の姿かも知れないと思えます。
悲しい時代ですね。

笑い講なども有りますから
最初は作られた笑顔でも良いので 
笑顔を作る努力も大切ですね(*^。^*)

私の周囲には 「な~~んちゃって」とか
真面目な人には バカらしく聞こえるような
バカ話で 盛り上がる人が集まっています。
1人で居る時や 仕事の時は
笑っていませんが 笑う事は結構あります。

昨日の話で申し訳ありませんが
大根おろしを食べる時に
塩分の関係で お醤油は使われないと思いますので
お酢を入れると マイルドになって食べやすいと思います。
私は、いつもそうしています。
お酢は健康にも良いですからね。
by: ヨンヨン * 2019/07/07 05:28 * URL [ 編集] | page top↑
ヨンヨンさんへ
おはようございます。

歩いてすぐに行けるところに、自然の息づかいを感じさせる場所があるのは、大きな喜びです。
記憶は定かではないのですが、おそらく、今年になって偶然に見つけた道だと思います。
それまで散歩でよく通っていたところに、四輪車では通れないであろう細い道がつながっていましたので、何気なく入っていったのが最初でした。
宝物に出会ったような気がしています。

すれ違った中学生たちの様子を見る限り、いじめや暴力なんて想像すらつきません。
ましてや殺人なんてあり得ない話です。
しかし、ほんのわずかではありますが、悲劇が起こっているのも事実です。
外から見た印象と現実とでは全く違っているのででしょう。

スパーのレジ担当の人を見ていても、中には全く笑顔を見せず、マニュアルに忠実に言葉を口にするだけの人が多いです。
かと思えば、38円の蕎麦を一つ買っただけの客にも笑顔で丁寧に頭を下げてくれる人もいます。
お店によっては、接遇訓練で笑顔のトレーニングをしているのかもしれません。
技術的にはさほど難しいことではなく、口角をほんの少し上げるだけでいいのですから、その気にさえなれば、簡単に習熟できることでしょう。
ただ、面倒くさいのは事実ですが(汗)。

塩分のことを気にかけてくださって、うれしく存じます。
おっしゃるように、家には醤油はありません。
私が醤油を使うのは、納豆を食べるときに添付のものを入れるだけです。
あとは、意図してみずからが醤油を入れることは全くありません。
サンマの塩焼きのに大根おろしを使うときは、関西ではスダチを使うことが一般的です。
私も、大根おろしでジャコを食べるつもりにしていましたが、酢も試してみます。
「少塩多酢」の教訓を活かしてみたいと思います。
ご親切なアドバイスをいただき、ありがつございます。
by: 声なき声 * 2019/07/07 05:55 * URL [ 編集] | page top↑
竹藪、懐かしい風景です。千里に育った子供の頃は竹藪によく遊びに行きました。
by: TORU * 2019/07/07 07:05 * URL [ 編集] | page top↑
TORUさんへ
昨年まで住んでいた家が千里ニュータウンにありましたので、ときおり北千里公園の竹やぶを歩いたものです。
ニュータウン開発や大阪万博開催までは、竹やぶが至るところにあったとよく聞かされたものです。
現在のマンションのある千里山はニュータウンのすぐ隣ですので、やはり竹やぶが残っているのだと思います。
by: 声なき声 * 2019/07/07 07:18 * URL [ 編集] | page top↑
笑顔
こんにちは
私は営業部にいたので毎朝朝礼の後は全員で
「きょうも笑顔で」と言って締めていたのを思い出します。
それにしてもご自宅の近くに素敵な小径があって羨ましいです。
竹林は大好きなんです。
by: ライラ * 2019/07/07 09:34 * URL [ 編集] | page top↑
ライラさんへ
作為的かもしれませんが、私も現役時代は鏡を見ながら笑顔を作って自分の潜在意識の中に落とし込もうとしていました。
時間はほんの何秒かのことです。
自分の環境が変わってからはその習慣がなくなったのですが、昨日から復活させております。
笑顔でいることも、他人への親切になると思いますので(笑)。
 
距離はわずかの竹やぶですが、しばしの憩いになっています。
この道を通るのが、今では日課のようになっています。
by: 声なき声 * 2019/07/07 10:04 * URL [ 編集] | page top↑
中学生はまだ13~15くらいであと7年くらい猶予があるか。
大学生は20を超えているだろうからもうすぐ社会にぶち込まれる。
場合によっては就活の真っ最中かもしれない。ブルーになっているのはさしせまった覚悟をしいられているせいなのかもな、と。
いい年こいて浮ついていられる時間はない。その覚悟を文中の表情からくみ取れる気がしました。
by: てかと * 2019/07/07 13:29 * URL [ 編集] | page top↑
てかとさんへ
マンモス大学であっても、学園祭のときに行けば、くだんの中学生と変わらない屈託のない笑顔で談笑している光景を頻繁に見かけます。
私が日常的に目にする大学生の表情は、たまたま通学途上というシチュエーションで見せた顔なのだと思います。
とはいえ、私の学生時代とは違って、昨今は経済的には厳しい局面に立たされている学生が多いと聞いています。
そんな切迫した生活のこともあって、憂鬱な顔つきになってしまうのかもしれません。
by: 声なき声 * 2019/07/07 14:02 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
https://koenakikoe.blog.fc2.com/tb.php/3691-00fc8b4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する