FC2ブログ

7月4日(木)

参議院選挙が公示された。

これは国政だけでなく、たとえば市議会議員選挙でもそうであるが、私にはどうもなじめない候補者の立候補者の弁というものがある。

えてして、「〇〇の声を国会に届けたい」と語る候補者が少なからずいる。

身体的なハンディを持った人や子育てに困っている人、難病に悩む人等々、枚挙にいとまがない。

今日も、いろんなところでそういったニュースに接した。

しかし、日常生活に近い感覚の地方議会であればともかく、国政を担うべき国会議員が「声を届ける」だけでは、仕事をしているとは言えないと思う。

国会議員であれば、自分の主張を現実のものとするために、立法に向けて取り組むのが使命ではないか。

「現場ではこんなに困っています」と悲惨な事情を説明するのは社会運動家がする仕事である。

これはこれで重要な営みであるのは間違いない。

ただ、議員ともなれば、現状を変革する法律を作るために他の議員を説得したり、コミュニケーションをとったりしながら活動を進めていくのが本来の仕事のはずである。

本来なら、自分が掲げるビジョンを実現するための具体的な道筋を有権者の前に示すことこそ、候補者として行うアクションだと思う。

「声を届ける」だけで議員として果たすべき責任を果たせたと満足されては困る。

もちろん、「声を届ける」が発言のすべてではないので、言葉尻をとらえているかのように見えるかもしれない。

しかし、国会議員として社会を変革していこうとの意欲に燃えた人間であれば、安易に「声を届ける」を口にするのは躊躇するものではないか。

「声を届ける」のフレーズは、単に決まり文句であって、あえてとやかく言うべき筋合いのものではないのかもしれない。

とはいえ、度量の狭い私には、そんな些細なことが気になって仕方ないのである。


20190704.jpg
定数4の大阪選挙区に12人が立候補した
20 : 20 : 50 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
<<7月5日(金) | ホーム | 7月3日(水)>>
コメント
こんばんは♪

正直期待していません。
だからと言っていい加減な投票してはいけないと思うのですが…
選挙はいつも迷います。
by: きっちゃん♪ * 2019/07/04 21:10 * URL [ 編集] | page top↑
きっちゃん♪へ
こんばんは。

参議院議員の選挙ですから、政権選択にはつながりません。
常に思っていることですが、参議院無用論までが出ている中で、巨額の税金を投じて選挙をすることに、無駄はないのでしょうか。
by: 声なき声 * 2019/07/04 21:19 * URL [ 編集] | page top↑
おはようございます
今回の選挙の争点は
年金問題 景気回復 憲法改憲
この辺なのではないでしょうか

比例代表には、
新潟関係で、拉致被害者蓮池薫さんのお兄さんで
元東京電力社員の蓮池透さんが
「れいわ新選組」から立候補されました。

出身は、柏崎刈羽原発のお膝元ですから
当然 原発撤廃 拉致問題早期解決に
なると思います。

国民の声を届ける と言うのは
立法に向けて取り組む入口なのではないかと
思って居ます。
現在は、あまりにも国民不在で 決議が行われて
高齢者収入の年金のみが半数も居て
生活が苦しいが5割を超えているのに
生涯で必要なお金は2千万円など
現実離れした事ばかり言い 
国民の生活の実態を理解していない国会議員が
何を決議しても 意味の無い事と思えます。

国民の声を届けただけでは
意味の無い事ですが 
国民は こういう現状なのですよと
国会の場に 現実を突きつける事が
大切ではないかと思います。
そう言う意味の「国民の声を届ける」だと思いたいです。
by: ヨンヨン * 2019/07/05 05:20 * URL [ 編集] | page top↑
ヨンヨンさんへ
おはようございます。

年金や景気、憲法など、いずれも重要なテーマであることは言うまでもありませんが、本来なら、与党や野党の区別なく、政党の垣根を超えて取り組むべき課題であるはずです。
今回は参議院ですので関係はありませんが、もし政権が変わったら年金や憲法の内容が大きく変わるというのでは、混乱が起こるばかりです。
野党にしても、現実的な対案を示すことができないものか、いつも疑問と不満を持っている私です。

「国民の声」の内容は実にさまざまです。
生活が楽と考えている国民は少数派だと思います。
どれほど裕福な家庭であっても、家計は苦しいと考えている事例がほとんどですから、この部分に関しては、共通したものがあります。
貧困感というのは極めて個人的な差が大きいですので、それをひとくくりに、「国民の声」として集約するのは、実際には困難ではないでしょうか。

議員を選ぶのは国民であり、自分の「声」に耳を傾けてくれて、それを具体化してくれる候補に票を投じる、というのが理想的な形だと私は考えています。
つまり、選ぶ側にも大きな責任があると思うのです。
議員が不祥事を起こした場合、それを批判するのは当然ですが、何分の一かは当選させた人にも責任はあるはずです。
あくまでも理屈の上の話ですが(汗)。

一般論としては、国会議員との立場の人は「実情」というのは頭に入っているはずだと思います。
ただ、解決すべき課題は多くあり、その中のどれを優先するかで、結果としては、「全く何もしてくれない」との不満が国民の間から出てくるのかもしれません。
現場の声を国会に伝達するだけでは、私は国民の代表としての仕事をしていることにはなrないと私は考えています。
by: 声なき声 * 2019/07/05 05:52 * URL [ 編集] | page top↑
今回の参院選は声先生にあやかって期日前投票をしようかと思ってるんですが、
どうにもこの梅雨、雨模様ががが。
会場のある市役所とか駅ビルとかに猪突猛進したいってわけでもなくなかなか足が遠のきます。どうせ投票する候補は決まっているので時間を置いて投票日にまさかの雨にうたれるのも嫌ですし。
by: てかと * 2019/07/05 13:55 * URL [ 編集] | page top↑
国会議員
【「〇〇の声を国会に届けたい」】
“声はマスコミを通じて十分に届いていますのでわざわざ高い税金(歳費)を支払ってまで伝言をお願いする必要はありません。”
国民はメッセンジャーは必要としていません。
それより“届いた声にどう対応してくれるのか?”という実行部隊を必要としているのです。
近年の国会議員、立候補者を見ていると国会議員になることが目的で、国会議員になって「何をしたいか!」という明確な目的・志を持っている人はいないように思います。v-82
by: 窓辺 夢 * 2019/07/05 14:19 * URL [ 編集] | page top↑
てかとさんへ
今回も私は期日前投票をする予定です。
選挙区も比例区もすでに投票する候補は決めていますので、正式の投票日の1週間前になったら投票所に行く予定です。
今日から期日前の投票は可能ですが、思わぬアクシデントが起こったときのことを考えて、あえて直前まで待っております。
 
関西地方は、梅雨とはいえ天気は比較的安定しています。
投票にも行きやすい条件は整っていると言えましょう。
by: 声なき声 * 2019/07/05 14:55 * URL [ 編集] | page top↑
窓辺 夢さんへ
拙文に共感をいただき、大変にうれしく存じます。
どんなアクションをして、成果を出すのが立法府たる国会議員の責務だと思います。
有権者としても、その候補が単に理想の世界を語っているだけなのか、実現のために具体的に行動を起こしていく資質があるのかを、しっかりと見極める必要があると思います。
 
「国会議員になること」そのものが目的になっている候補者は少なくありません。
実際に当選したら、ほとんど鳴かず飛ばずの状態になっていることが多いようです。
地元に帰って後援会のご機嫌取りをするのが本来の任務ではないのですが、こちらのほうはどなたも熱心です(汗)。
by: 声なき声 * 2019/07/05 15:08 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
https://koenakikoe.blog.fc2.com/tb.php/3689-e345168a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する