FC2ブログ

6月29日(土)

塩分節制の食生活をしているので、麺類を食べるのはほんのときどきである。

会合のときに、ウドンやソバが出てくると、神の与えたもうたプレゼントであると受け止めて、喜んで食べている。

家で、自分だけの食事のときにはほとんど麺類を口にすることはない。

麺そのものの塩分もさることながら、ダシに含まれている塩分含有量は生半可なものではないのだ。

ラーメンなどはもってのほかだと釘をさされている。

ただ、もともとはウドンもソバも大好きなのだから、煩悩はなかなか断ち切れない。

そこで、最近は、ソバをゆがいて塩分を排出させ、麺だけをザルでこして、そこに七味唐辛子をたっぷりとふりかけて食べる方法をとっている。

そうすれば、ダシは全く使わないので塩分を気にすることはない。

七味唐辛子は塩とは無縁な調味料なので、もとより安心である。

ただし、味覚の評価については猛烈に厳しいものがあろうと覚悟している。

私が麺類の好きな側面は、喉越しの感覚という要素が強い。

だから、ツルツルと口の中を通って食道を流れていく感触を味わえれば、それはそれで十分な満足に値する。

なお、七味唐辛子の成分の一つに、「麻の実」(おのみ)があるが、違法薬物の大麻とは直接には関係がない。

大麻草の実の部分には、陶酔作用をもたらす成分は含まれておらず、「麻の実」を食べたからといって違法行為にはならない。

だから、アンパンや稲荷寿司にも入っていて、公然と売られているのである。

とはいえ、大麻に厳しい国や地域では異なった対応をしているところもあるようだ。

そんなことも考慮して、七味唐辛子も、海外に輸出される製品については、「麻の実」を抜いていると聞いた。

ちなみに、国内で流通している「麻の実」は加熱処理が施されているので、七味唐辛子や鳥のエサを買ってきて土に埋めても、そこから大麻草が生えてくることはない。

万が一、芽が出てきたら、その時点で「大麻栽培」の容疑で警察のお世話になる(汗)。


20190629.jpg
良い子の皆さんにはおすすめしない食べ方である

スポンサーサイト



20 : 20 : 30 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
<<6月30日(日) | ホーム | 6月28日(金)>>
コメント
こんばんは♪

もともと薄味です。
ラーメンはあまり食べませんが、
うどんやそばの出汁は結構好きです。
私の場合、唐辛子はお腹にくるので七味唐辛子は少なめです。
by: きっちゃん♪ * 2019/06/29 21:23 * URL [ 編集] | page top↑
きっちゃん♪へ
おはようございます。

もともとは、塩味が大好きなのです。
昔は、麺類の出汁もすべて飲み干していました。
いまから考えると身の毛がよだちますが(汗)。
出汁を使わなくなったかわりに、七味唐辛子を確実けるようにいたしました。
調味料としては私にはぴったり合っていると思います。
by: 声なき声 * 2019/06/30 03:57 * URL [ 編集] | page top↑
おはようございます
親の食生活を受け継いだのか
元から 薄味なので、
塩分については、あまり気にしていません。
その分 薬味 香辛料は良く使います。

ラーメンも 巷の人が言うほど好きではないので
あまり食べません。

自分だけの食事なら 声なき声さんのような
食事になると思いますが
そう言う訳にも行かず・・(^^ゞ
食事は ただお腹が満たされたらそれで良い
そう言う物でも無いので、
ある程度の味は、つけて居ます。

その代り 亜麻仁油を使うとか
酢の物を良く食べるとかの工夫はしています。

長野だったかな??
唐辛子を好きな分量で調合してくれるお店が
あるのですよね。
もちろん 「麻の実」も有るでしょう(笑)

そのお蕎麦ですが、
そこに 山芋をすりおろして入れたら
もっと喉越しが良くなると思います。
納豆でも良いでしょうね。
サッと お湯に通したナメコとか。
海苔をかけたら もっとお蕎麦らしくなると思います(笑)
by: ヨンヨン * 2019/06/30 05:22 * URL [ 編集] | page top↑
ヨンヨンさんへ
おはようございます。

わが家では、実家の両親とも塩辛い味付けが大好きでした。
自然と私もそれに慣れてきて、これが標準だとの感覚が舌に染み込んできたのです。
結婚してからのカルチャーショックの一つに、鮭の切り身が素っ気ない味であったこと、というのがあります。
それまでは、舌に乗せるだけで塩味が口の中いっぱいに広がったものでした。
ギャップはあまりに大きいものがあったと、今でも明確に覚えています。

今の私であれば、自分のことだけを考えての食事で済みますので、調理をする上でも自分の健康を最優先に考えることができます。
おしいいものよりも、体に悪くないものを食べたいとの意識が強いのです。
ある意味、楽ではありますが(笑)。

インド料理やネパール料理の店で出されているカレーですと、香辛料を客の好みで調整できるものがよくあります。
合理的だと思います。
最初は様子見のために少しだけ入れて、徐々に増やしていって自分好みの辛さにしていくというのは、クリエイティブな楽しみもあって、私には合っています。

「海苔」については、私も考えたのです。
手元にもありますので、すぐにでも海苔を加えることができたのですが、ソバ本来の味をかみしめたいとの素人考えで、七味だけにいたしました。
次は、海苔や山芋を試してみます。
いつもご助言をいただき、ありがとうございます。
by: 声なき声 * 2019/06/30 05:41 * URL [ 編集] | page top↑
こんにちは
夫が塩分、カリウム、タンパク質の制限があります。やはり麺類が好きなので困ります。減塩のうどん・そーめんがありますね。塩分は食パンにも入っていますからね。頭が痛いです。何とか人工透析は避けたいと思っています。
by: タンポポ * 2019/06/30 13:05 * URL [ 編集] | page top↑
既製品や袋めんを買ってくるんで、このような涙を誘う記事になるんですよね。
心中お察しします。そばに七味かけるのはありでしょう。
こうなったら手打ちめんを作るほかはないかと。
うちの父が生前、おそばやうどんを作ってましたが、塩の量を自分で調整できるならここしかない。
自分で作れば解決です。
ちなみにものすごい体力がいるのです。
俺も手伝ったことがあり、足で踏んでこねたくらいです。
そう脚力は腕力の3倍とかなんとか。
by: てかと * 2019/06/30 13:09 * URL [ 編集] | page top↑
タンポポさんへ
カリウムは体内の塩分を排出するのに役立つと聞いています。
そのカリウムもご法度ということになれば、食べるものを考えるのは困難だとお察しいたします。

「減塩」をうたってはいるものの、過剰な状態よりは少ないというレベルのことが多いようです。
塩分は味付けの上でも、食材のコシを出す上でも大事な役割を果たしていますので、大胆に減らすことができないのが頭の痛いところです。
食パンにも塩分が入っていますので、トーストも長い間、食べていません(涙)。
by: 声なき声 * 2019/06/30 13:18 * URL [ 編集] | page top↑
てかとさんへ
自分で作るとなると、知識と技量が必要になってきます。
お話をうかがいますと、脚力も求められるようで、私にはハードルが高く感じられてなりません。

聞いたところ、ウドンの麺は煮ることによって、麺を打つときに必要とされる塩分のかなりの部分が湯の中に溶けだしていくそうです。
だとすると、ダシを使わなければ塩分摂取量は少なくて済む形になる、と判断したのですが。
by: 声なき声 * 2019/06/30 13:25 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
https://koenakikoe.blog.fc2.com/tb.php/3684-2fe146ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する