FC2ブログ

6月23日(日)

自分でスーパーに買いものに行くようになって、初めて知ったことというのが幾つもある。

その一つが、特売商品として「卵1パック98円(本体価格)」を打ち出すスーパーがよくある、というもの。

たいがい、週に1回の企画で、条件として「卵以外に500円以上の買いものをすること」などが決められている。

その500円が1,000円の店もある。

店によっては、卵特売の曜日が決まっていたり、あるいは不定期のところもある。

ネットは便利なもので、新聞をとらなくてもスーパーのチラシを見ることができるから、そのあたりの情報収集には不自由はない。

散歩コースには3つのスーパーがあって、そのうちの一つの店舗で「卵1パック98円」が出ていた。

今日はそこに行った。

店に入ると、いつもの卵のコーナーに特売の卵が出ていない。

まさか日を間違えたのかと思って、スマホでチェックしたらちゃんと今日の日付になっている。

通りかかった店員さんに訊いてみたら、「少々お待ちください」の言葉を残して、従業員専用のドアを開けて入っていった。

仕方なくその場で待っていたら、私よりも少しばかり年齢が上と思われる女性客が近寄ってきて、
「今日はいつもの卵は出ていないんですか?」
と尋ねてくる。

私に言われても答えようがないので、事実経過をそのまま伝えた。

納得したような顔をして、ほかの買いものを先に済まそうと他の商品のところに行ってしまった。

おそらくは3分ほども経っただろう、従業員用のドアが開いて、特売の卵を山積みしたワゴンが姿を見せたのである。

もちろん、一番乗りで卵を手に取ったことは言うまでもない。

すると、近くにいた子供連れの若い男性客が、やはり特売のワゴンに近づいてきて、卵をとろうとしている。

彼も、特売品が出てくるのを待っていたのだと思う。

もし私が言い出さなければ、出てくるのはもっと遅かったかもしれない。

すると、その分、店にとっては販売機会を失うことになる。

小売業としては大きな損失ではないか。

卵だけの些細なことかもしれないが、何かにつけ、このお店には商売熱心さが欠けているように感じる。

値札の付け忘れがあったり、あるいは、店内放送などを使って客の購入意欲をかきたてようといった工夫も見られない。

他の2店に比べると商品の値段は安いのだが、どうも距離を感じるのはそんなところが原因なのかもしれない。

あえて苦情をお申し立てるような筋合いのことではないので、黙っているが。


20190623.jpg
卵1個10円は迫力のある値段である

20 : 20 : 24 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
<<6月24日(月) | ホーム | 6月22日(土)>>
コメント
こんばんは♪

うちの姉も98円の玉子を狙って買い物に行っています。
それ以外の日に買ってきたことはありません。
by: きっちゃん♪ * 2019/06/23 20:27 * URL [ 編集] | page top↑
きっちゃん♪へ
こんばんは。

私も、少なくとも今年になってからは、98円卵しか買っていません。
一度、その甘みを覚えてしまうと、忘れることができないようです(汗)。
基本的に1日1個の卵しか食べませんので、10個入りのパックを買うと、1週間は余裕でもちます。
by: 声なき声 * 2019/06/23 20:33 * URL [ 編集] | page top↑
おはようございます
卵の特売で 集客するスーパーは
たくさんあります。
特売の卵だけ買うお客さんも有るかも知れませんが
500円 1,000円の買い物金額を設定していても
ついでにそれ以上 買う事が多いです。

栄養価が高く 安く買える卵は
食生活に欠かせない必需品ですから助かる特売です。

卵の価格は
需要と供給のバランスで 毎日変動しています。
クリスマス時期は ケーキを作る需要が増えるので
基本的に夏場は低く冬場は高いそうです。
東京より大阪の方が 安いそうですが・・

JA全農たまご株式会社が取りまとめて
価格が決まるようですが
スーパーは、周囲のお店の動向を見ながら 
利益を上乗せして販売価格を決めているのではないでしょうか。

卵価は、日経新聞に毎日載っていますが
ネットでも見る事が出来ます。

特売のワゴンを出し遅れたのは
届くのが遅れたのではないでしょうか。
スーパーによっては 養鶏所から直で
届けて貰ってる所もあると思います。
その方が生みたて新鮮な物が販売出来ますから。

卵は常温でも2週間は持ちますから
安ければ 2パック買っても良いですね。
その後に もっと安く売られたら失敗ですが・・(笑)
by: ヨンヨン * 2019/06/24 05:37 * URL [ 編集] | page top↑
ヨンヨンさんへ
おはようございます。

私の生活圏内にあるスーパーで卵の特売をするのは、2軒だけです。
それぞれ、500円か1000円かの「他の買いものをする」との条件がついています。
記事に書いた店は500円の設定になっていますので、卵目当てに他の商品を買って帳尻合わせをしやすいです。
お店の作戦にまんまとのってしまった私でした(汗)。

「東京より大阪のほうが安い」というのは、消費量の関係なのでしょうか。
大阪の人間があまり卵を食べないということはないと思いますし、人口の違いでもって東京での卵消費の総量が多いから、ということかもしれません。

卵の値段が決まるメカニズムを教えていただき、ありがとうございました。
自分自身が直接に役に立つかどうかは別にして、情報として知っているのは大いに意味のあることだと思います。

特売卵のことを店員さんに質問して、ほぼ3分後にはワゴンが出てきた、ということは運送の関係ではないと思います。
単に、出し忘れていた、という程度のことではなかったのでしょうか。
ワゴンを持ってきた人も、悪びれた様子は全くなく、澄ました表情で事務的に作業をしていました。
「お待たせしました」の一言は欲しかったのですが。

私の行っているお店では、2軒とも「1パック限り」との制限があるのです(涙)。
ですから2パック買うのであれば、再度、出直してきて買い物をしなければなりません。
一人生活ですから、そこまでの需要はないので、1パックだけで済ませております。
by: 声なき声 * 2019/06/24 05:59 * URL [ 編集] | page top↑
うちの近所に卵を100円ほどで販売するスーパーもあります。
記事と少し違い数量制限があるため開店時に出した数がなくなるとおしまい。
ですが、1000円買ったらその値段にする、というものはなくて普通に卵1パックゲットして帰っていくお客さんもおられます。
おひとり様1パックなので。
まぁ、そういう広告がでるときは長い行列ができるために卵だけ買う、という方もレアなので俺はつわものと思っています。
by: てかと * 2019/06/24 12:02 * URL [ 編集] | page top↑
てかとさんへ
記事にしたスーパーにも、「在庫が無くなり次第終了」との断り書きがあります。
そういった意味では、数量制限がることとなります。
とはいえ、ワゴン一杯の商品数を用意してありますので、少なくとも私が特典にあぶれたことはありません。

卵だけを買う客であれば、損益計算をするとお店は赤字になっているでしょうが、その絶対額はわずかです。
とはいえ、客として動員できるわけですから、宣伝効果としては成功していますので、決して損はしていません。
トータルで考えますと、効率の良い広告手法と言えるのではないでしょうか。
by: 声なき声 * 2019/06/24 13:05 * URL [ 編集] | page top↑
玉子は家族でいると結構買いますが、単身赴任でなおかつ外食が多いとなかなか買うことがありません。外食の回数を減らす努力をしなければなりませんね。
by: TORU * 2019/06/24 22:28 * URL [ 編集] | page top↑
TORUさんへ
おっしゃることはよく理解できます。
私も、自分がひとり住まいでなければ、おそらく卵や野菜はほとんど買わないでしょう。
 
外食は、健康管理と家計管理の両面からなるべく避けるようにしています。
ただ、あまり外食を減らしていくと、日本の景気が良くなりませんが(汗)。
by: 声なき声 * 2019/06/25 04:40 * URL [ 編集] | page top↑
アレッ?コメントが無い・・・。
 我が家の近所のスーパーでも98円卵はよく見かけます。(昨日は88円でした。)
無いときは、殆どが売り切れでした。
by: nekochan59 * 2019/06/25 18:25 * URL [ 編集] | page top↑
nekochan59さんへ
日本各地のスーパーで「98円卵」の企画が展開されているようです。
中には、おっしゃっているように「88円」のところもあって、お得感たっぷりです。
集客効果は大いにあるはずですから、販促ツールと考えれば有効な手法に違いありません。
by: 声なき声 * 2019/06/25 18:52 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
https://koenakikoe.blog.fc2.com/tb.php/3678-eacf4b93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する