FC2ブログ

6月20日(木)

血圧のチェックを受けているクリニックに行ってきた。

本来のタイミングよりも、1週間ほど早い。

家でも1日2回の血圧測定をしているが、何日か前からにわかに低くなってきて、上が100を切るレベルになってきた。

しかも、朝一番の測定ですら、上が100を切っているというのだから、まぎれもない低血圧症状だと思う。

午後ともなるとと、何とも表現できない倦怠感と脱力感に全身が包まれる。

風呂に入っていて、湯船から立ち上がろうとすると軽いめまいを感じることもある。

そんな症状を訴えて、医師に血圧を測っていただくと、辛うじて102の数字は出た。

平素は数字を下げたいと血眼になっているのに、3ケタをマークできたことで、内心は達成感を覚えたのだから皮肉な話である。

かかりつけ医の話では、血圧を少しでも下げることで動脈硬化のリスクが大きく減少するとのことであった。

最後まで”低血圧”の言葉は出てこなかったのである。

世間に流布している情報を総合してみると、医師の間でも血圧に対する見方には相当な差があることに気づく。

中には、「血圧は高いほうがいい」とか「降圧剤は飲むな」などと主張する人もいるほどだが、一般的には、上は130、下は80以下が望ましいとの考え方が通例だ。

ただし私のかかりつけ医は、できるだけ低いほうを好まれるようで、いつぞやは
「上は100を切るぐらい、下はできるだけ0に近いのが理想的」
とおっしゃったことがある。

ゴルフではないのだから、数字が少ないほど歓迎されることもないと素人的には思うのだが。

もっとも、最近は「下は0」にはこだわらず、「できるだけ低い数値」と言われるようになってきた。

いずれにせよ、最近の私の血圧の状態は著しく好ましいもので、先生のご機嫌がうるわしかったことは言うまでもない。

私は人類の幸福を増やすことに貢献できたのだ。

そのご褒美なのかどうか、3種類の血圧の薬を処方していただいていたが、うち1つを減らすこととなった。

暑い季節に入ると血管が広がり、血圧も下がってくるのは毎年の傾向である。

今年も秋になって涼しくなれば、また戻るかもしれないが、それまでの束の間の健康体を喜びたい。


20190620.jpg
塩分制限は続けるようにと言われた
スポンサーサイト



20 : 20 : 21 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
<<6月21日(金) | ホーム | 6月19日(水)>>
コメント
こんばんは♪

うちの母は低くて測れないと言われたことがあります。
低いとかなりキツイと思いますが…
by: きっちゃん♪ * 2019/06/20 22:28 * URL [ 編集] | page top↑
きっちゃん♪へ
おはようございます。

測定不能なほど低い数値が出ることが本当にあるのですか。
とすれば、かかりつけ医の「下は0に近いほうがいい」もあり得る話だということになります。
 
夕食を終えてからは、体のだるさが頂点に達します。
前向きにやろうという意欲もわいてきません。
歯磨きをするのも億劫になるほどです。
「かなりキツイ」状態を実感しています。
by: 声なき声 * 2019/06/21 04:13 * URL [ 編集] | page top↑
おはようございます
何か月前の事か忘れましたが
以前も 血圧が100を切っていると書いていられましたね。

午後の倦怠感や脱力感と
入浴時の目まいがあるほどに血圧が低いのは、
問題あり!と思えますが・・(^^ゞ
主治医の先生が、良いと言われるのなら
それで良いのでしょう。

高すぎる血圧は 問題ですが
低すぎるのも問題だと思います。
心臓から押し出される血液の圧によって
血管内の不要物を押し流す作用が有るのだとか。
血圧が低いと この作業が出来なくなり
血栓も出来やすいとか(>_<)
真偽のほどは分かりません。

塩分が悪者扱いされていますが
カリウムの摂取も体には、必要な事ですから
ある程度は、摂取しないと
体のバランスを崩す事になると思います。

大多数の意見が最もらしく一般化していますが
少数派の意見に 真実が有る事も事実だと思います。

私は、いい加減な人間だから
あまり細かい事は、気にせず
自己の体の直感を感じるだけです(^^ゞ
by: ヨンヨン * 2019/06/21 05:21 * URL [ 編集] | page top↑
ヨンヨンさんへ
おはようございます。

はい、昨年も夏には上が100を切って、処方薬が一つ減りました。
おそらく、この何年かはそれの繰り返しのように思います。

かかりつけ医が全く心配されませんでしたので、私も安堵した次第です。
おびただしい数の患者と症例を見てこられたはずですから、リスクをわずかでも感じたら警告を発するはずですので。

先生のお話の中で、高齢者が心臓が弱ってきて、そのせいで血液を全身に送り出す力がなくなり、結果的には血圧が下がったという事例もまれにあるそうです。
もちろん、心臓が弱ったというのはそれはそれで無視できない症状ですので適切な治療は行わなければなりませんが、高血圧の薬は不要になったとのことでした。

自然の塩であれば、過剰でなければ大きな健康被害はないそうです。
ただ人工の塩、塩化ナトリウムが氾濫していることが致命的な問題になっているとのことでした。
日常生活で岩塩を中心に摂取するとなると、これはこれで厄介です。

「自己の体の直感を感じる」というのが最も理想的だと私も思います。
ただ、私のようにまわりに流されやすい人間だと、自分が感じたことよりも誰かから言われたことのほうを信じ込んだりしてしまうクセがあって困ったことです(汗)。
by: 声なき声 * 2019/06/21 05:52 * URL [ 編集] | page top↑
俺は100くらいだけど低血圧だ、やべー!とかかかりつけ医に言われたことはないですね。
いつもこんなもんだくらいの認識でいました。そもそも99と100での差は1。気に病むほうが体によくないというか。記事にもありますが夏になると冬より下がるからこのままだと戦々恐々の夏を迎えてしまうでしょう。
このケース、気にしないことも大事なのでは、と。カレーを食うにもルーを減らすほどの気遣いをしているのに血圧が3桁以下やばいとか心労に近いというか。俺はそう思いました。
by: てかと * 2019/06/21 13:23 * URL [ 編集] | page top↑
てかとさんへ
ご助言をいただき、ありがたく存じます。
おっしゃるとおりだとは、私も頭で理解はしております。
数字が100を切るのは昨年の夏も経験しているのですが、体のだるさは結構なレベルのものではないかと懸念しています。
経過観察をして、事態が良くなっていなければ来月の診察のときに相談してみるつもりです。
まさか、塩分をカットし過ぎた影響ではないと思っていますが、それはそれで夏の季節はこわいですから。
by: 声なき声 * 2019/06/21 15:14 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
https://koenakikoe.blog.fc2.com/tb.php/3675-5f61337a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する