FC2ブログ

6月10日(月)

ネットで無断キャンセル事件が話題となっている。

和食店の開店前日に10人分の予約が入ってきたのだが、店をオープンしても一向に姿を現さなかった、という。

7,000円のコース料理であったというから、計70,000円の売上を逃したことになる。

この手のニュースはあまりに多く、さほど特筆すべき珍しさはないと言ってよかろう。

しかし、この店長がツイッターに書き込んだことで事件のことがにわかに広まり、テレビのワイドショーでも取り上げられて多くの人が知るに至った。

ネットでは被害者への同情が集まるのと同時に、宣伝効果を狙った狂言ではないかという見方も出てきている。

もちろん、私にはどちらなのかはわからない。

ただ、不可解でならない点がある。

開店早々に7,000円の料理を10人分予約するという電話に、店長は不自然さを感じなかったのだろうか、というところである。

予約した時点では店がオープンしていないので、当然ながら一般人は料理を口にすることができない。

実際に食べたという人からの評価を聞いてもいないのに、お店と無関係の人間が高額料理を10人分もまとめて予約するなんて、実際には考えられないのである。

私も、ほんのたまにではあるが、飲食店の予約をすることがある。

特に大切な相手との食事の場合は、例外なく、自分が一度は行ったことのある店を選ぶようにしている。

これが娘一家との食事であれば、誰かから教えてもらった情報やネットの口コミだけで、店を予約することもあるが。

実績の全くない初めての店に大人数で行って高級料理を食べるなんて、リアリティはゼロに近いと言ってもいいと思う。

22歳の若さとはいえ、商売を志す人間であれば、それぐらいの感覚は持っていて当然ではないか。

知名度もブランド性も持ち合わせていないお店にとっては、不釣り合いな規模の予約であることに思いが至らなかった点に疑問を感じてならない。

世の中、そんなおいしい話はないのである。

もし今回の事件が広告のための狂言劇であるとしたらこれは論外だが、仮にニセ電話に騙されたのであったとしても、あまりに思慮が足らなかったと断じざるを得ない。

京都という料理の激戦区にあっては、サバイバルは絶望的だと思う。

真相がいずれであるにしても、失礼ながら、料理店経営者としての資質には欠けているのではないか。

 
スポンサーサイト



20 : 20 : 25 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
<<6月11日(火) | ホーム | 6月9日(日)>>
コメント
こんばんは♪

結果として宣伝になっていますよね。
狂言は言い過ぎかもしれませんが…
by: きっちゃん♪ * 2019/06/10 22:42 * URL [ 編集] | page top↑
有名になったとしても、なかなか残念なことで有名になってしまいましたね。味で、腕で有名になれればよかったのでしょうけど。
by: TORU * 2019/06/11 01:03 * URL [ 編集] | page top↑
きっちゃん♪へ
おはようございます。

真相はわかりませんが、お店の名前は一躍知られるようになりました。
気の毒に思った人が客として訪店することになるかもしれません。
宣伝効果はすこぶる大きかったと思います。
ワイドショーで話題になったのですから、金額換算すると何千万円というレベルでしょう。
by: 声なき声 * 2019/06/11 04:29 * URL [ 編集] | page top↑
TORUさんへ
グルメサイトの口コミを見ていましても、「応援しています」「必ず寄せていただきます」の声が頻繁に聞かれます。
実際にお店で料理を口にしてみた感想は、開店して間もないところから、見たことがありません。
本当に食べてみて味がもう一つということであれば、おそらくそれっきりになってしまうでしょう。
今回のことでお店の名前は売れたにしても、逆にネガティブなイメージを持ってしまう人もいるかもしれませんね。
by: 声なき声 * 2019/06/11 04:38 * URL [ 編集] | page top↑
おはようございます
このような問題は、時々聞きますね(>_<)

私は、外食は良くする方ですし、
新しく開店したばかりのお店へは、行って見たいと
興味を持っています。

それにしても、7,000円のコース料理は
仲間でちょっと外食にしては、高すぎますし
大切な接待にしては、10人は多すぎます(>_<)
家族のイベント たとえば、親のお誕生祝いとか
それなら、まぁ良いかなの金額でしょうけど・・(^^ゞ

宣伝効果を狙った狂言は、開店しばらくしても
お客様が入らないなら 分かりますが
開店早々には、考えにくいかも知れません。

悪戯をしたのか 店主に対する嫌がらせなのか 
それは、当の本人しか分からない事です。

お店を予約する時に
店主が何歳であるのかは、分からない事ですが
22歳では、修行の期間が短くて
本当に美味しいお料理が出て来るのか不安です。
和食の本場 京都ならなおの事

開店して お客様が来てくれるのか
不安だったところに 高金額の予約が入って
舞い上がってしまったのでしょう(^^ゞ
冷静であっても、断る理由も有りませんから
受けたと思います。

どのようなメンバーであるのか
それによって 配置やお料理の内容も考慮しますね。
そんな事が言えるゆとりが有れば、
避けられた事かと思います。

真相は分かりませんが、
狂言でなければ、店主は責められるような事は
無いのではないかと思います。
by: ヨンヨン * 2019/06/11 05:24 * URL [ 編集] | page top↑
ヨンヨンさんへ
おはようございます。

京都の割烹料理店には縁がありませんので断定はできないのですが、世間一般の人にとっては、7,000円のコース料理はプチ贅沢だと私は思っています。
しかも、東寺界隈と言えば名だたる観光地で、料理店が所せましと軒を並べているエリアです。
よほどの魅力がないと、集客は困難だという気がしてなりません。

なんでも、修行期間は4年であったそうです。
和食のプロに言わせると、技能を身につけるにはあまりに短すぎるという声が異口同音に聞こえてきました。
また、料理の盛り付けの写真を見た人からは、「これは料理店で客に出すものではない」との酷評までありました。
盛り付けの美醜なんて私が見てもわかりませんが、和食はとりわけ見たイメージを大切にしますので、専門家が顔をしかめるような盛り付けをしているようであれば、板前としての熟練度はまだまだ足りなかったと言わなければなりません。

大口の予約に高揚してしまったにせよ、いきなり「10人」の時点で違和感を覚えなかったのでしょうか。
どうも、安直な振り込め詐欺の手口を見ているような気がしたのですが。
一部には、近隣の同業者による嫌がらせのニセ注文という見方もありました。
可能性としては、これもアリだと思います。

店長の書き込みでは、このお店では「非通知」の電話でも受けられるシステムになっていたそうです。
この点も、高額商品を扱う店舗の関係者に言わせると、「信じられない」とのことでした。
リスクマネジメントの点は、一国一城の主としては、相当に甘かったのではないでしょうか。
by: 声なき声 * 2019/06/11 05:55 * URL [ 編集] | page top↑
たしか海外では特定の国籍の人に限り店の予約ができない国があったとかいう斜め上の話題を目にしたことがあります。
海外旅行者が料理店に予約をいれるのですが食いに来ないケースが頻発したためです。店側の損失が増大し国籍を指定して予約を禁じる、というのがまたぶっとんだ行為なのですが。
非常識な行いなので記憶に残っているのですが、この手の話は日本でも相当数起こっているのではないかと。
ノービザなどで日本に観光にこられる旅行者の数だけ、良識人もいれば奇人もくるのですし。予約のときに連絡先を受け、常連でもなければ前金を頂戴しなければいけないような設定は自分を守るために必要なのかもしれないな、と。
by: てかと * 2019/06/11 12:07 * URL [ 編集] | page top↑
てかとさんへ
順法意識が強いと言われている日本人ですら、今では平気で無断キャンセルをするのですから、海外では言葉に出来ないほどの惨状を呈しているのではいかと想像します。
だからといって、もし日本で特定の国籍を対象に「予約お断り」なんてやらかしたら、たちまち「差別だ」という声が出てくるに違いありません。
それも同じ日本人が言い出す事態を予測している私は、罪が深いのでしょうか(汗)。
 
インバウンドは景気浮揚への貢献としてありがたい話ですが、中にはマナーの悪い旅行者の事例もよく聞くところです。
夜遅くまで騒いだり、ホテルの備品を持ち帰ったり、宿泊施設に難癖をつけて宿泊料を値切ったり、悪質なケースもたまにあるようです。
それを考えると、町の中で大きな声で会話をするぐらいは可愛いものです。
 
無断キャンセルに備えての保険があるそうです。
保険料は知りませんが、飲食店には必須のツールになるかもしれません。
by: 声なき声 * 2019/06/11 13:01 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
https://koenakikoe.blog.fc2.com/tb.php/3665-1995f87d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する