FC2ブログ

6月9日(日)

久しぶりにテレビ番組を見た。

5月の大型連休以来だと思う。

そもそも、4月になってからはローカル局の朝の情報番組しか見ていなかったが。

もっとも、ネット配信のアベマTVで大相撲を観戦したし、辛坊治郎さんの『そこまで言って委員会』も、後日になるがネット動画で見ていた。

だから、正確に言うなら、テレビ放送をテレビ受信機を通じては視聴していなかった、となる。

いま密かに計画しているのが、テレビ受信機を部屋から撤去してしまうことで、NHKへの受信料を支払わなくても済むようにしたいという作戦である。

装置そのものを処分してしまうことを想定して、テレビを見ない生活を続けたらどう感じるかをシミュレーションしてみたのである。

結論だけを言えば、全く不便も不快感もなかった、ということ。

むしろ、テレビを見たことで受けるマイナスの影響を受けなかったのがありがたいほどだ。

具体的には、川崎市での悲惨な殺傷事件を映像で繰り返し見せられることがなかったり、それに伴って専門外の人間が発する感情的なコメントを聞かされることもなかった。

さらに、取材の記者が被害者に執拗に迫っている場面を見なくて済んだのは、精神衛生上、非常に好ましかったと思う。

番組によっては、自分の役に立つ情報をもたらしてくれるものとか、娯楽として楽しめるものもあるが、ほとんどはネットで代替できる。

相撲にしても、大相撲や高校野球にしても、ネットで見ることができるし、ネットで見逃し配信を流している番組も少なくない。

ひと月だけの実験であるが、テレビ受信機がなくても私に不利益がないことがわかった。

これでテレビと縁が切れる確信めいたものができたが、その矢先、思わぬ事態が発生したのである。

国会で、NHKのインターネット常時同時配信を認める法律が可決されたという。

NHKテレビと同じものがネットでも見られるところから、便利になったという利用者の声もあるが、私が恐れているのは受信料支払いがどうなるか、という疑問である。

これは「放送」ではなく「ネット配信」なので、いわばアベマTVと同じであり、本当ならば受信料の対象にはなり得ない。

現に、NHKとしても当面は受信料の義務化はしないとの方針らしい。

ただ、その方針が変わる可能性は十分にある。

スマホのワンセグやカーナビからも徴収しようとしているぐらいだから。

予断は許さない情勢である。

そのあたりの様子を見ながら、テレビ受信機撤去の決断をするつもりである。

どう考えても、放送法は現状には合っていないと思う。


20190609.jpg
テレビがなくなると、掃除機をかけやすくなる。

スポンサーサイト



20 : 20 : 05 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(9) | page top↑
<<6月10日(月) | ホーム | 6月8日(土)>>
コメント
こんばんは♪

受信契約がなくても見られるようですが、
「メッセージの表示を検討している」
と書かれている記事を見ました。
どうなるのでしょうね…?
by: きっちゃん♪ * 2019/06/09 22:09 * URL [ 編集] | page top↑
きっちゃん♪へ
おはようございます。

ご指摘の点は、私も気になっている点です。
NHKの本心としては、ネット配信からも受信料を徴収したいというところでしょう。
メッセージが書き込まれいたら、実際には番組を見ることができませんので、いやがおうでも契約せざるを得ないことになります。
若い人などは、テレビはなくてもパソコンやスマホは持っているというケースは少なくありません。
おそらく、そんな人たちを念頭に置いているのだと想像しています。
by: 声なき声 * 2019/06/10 04:39 * URL [ 編集] | page top↑
おはようございます
我が家には、テレビが2台有りますが、
私もテレビっ子ではないので、それほど 見ません。
見たい番組だけ 録画しておいて、見れる時間に見て居ますが
放送時間に見る事は無いので、
ネット配信で見ているのと同じだと思います。

録画しておいても 見れなくて(時間的に)
見ないで消去してしまう事もあります(^^ゞ

居間のテレビは、夕食時に 夫が見て居ますので
無くしてしまう事は出来ないでしょう(^^ゞ
それどころか、夫は今住んで居る家のテレビを
4Kだか8Kだかのテレビに替えたいので、
今、使っているテレビをこの家に持って来ると言う(>_<)
倍ほどのサイズのテレビですが、
置くスペースが無いわけではありませんが
1日に 数分間見るだけの 飾りテレビになるのでしょう(>_<)

テレビで見る番組は、パソコンの画面で見るより
大きな画面ですから 目は楽ですし、
情報を得るだけではない娯楽ですから
座椅子に踏ん反り返って のんびりする時間でもあります。
時には、寝そべって見て居て そのうちにうたた寝したり・・(笑)

いつも書いてるように、私の生き方は
理論的より 直感でいい加減ですから
居心地の良い方法を取ってると思います(汗)
by: ヨンヨン * 2019/06/10 05:20 * URL [ 編集] | page top↑
ヨンヨンさんへ
おはようございます。

私は、ほんの何年か前までは典型的なテレビっ子でした。
帰宅すると、見るか見ないかにかかわらず、テレビをつけていました。
食事のときも、テレビを見ながらでないと落ち着かないほどで、もしかしたら軽い依存症であったのかもしれません。
ただ、テレビの場合、思いのほか時間をとってしまうことと、本来すべきことに集中できないとくなる、という問題があります。
皮肉なことに、年金生活が始まってからそのことに気づいた次第です(汗)。

私の場合、録画機能がないテレビですので放映時間にテレビの前にいることが義務付けられます。
これによってかなり時間が拘束されることは避けられません。
ネット配信ですと、自分の都合のいいタイミングで見ることができますから、自由度が高いと思います。

32インチのテレビでもかなりスペースをとりますので、4Kや8Kともなると私の部屋ではむしろ邪魔ものになるでしょう(汗)。
「飾りテレビ」というのは、狭い部屋には似つかわしくないという気がします。
もちろん、画像はきれいでしょうし、大画面ですから迫力は満点だと思いますが、そこまでの品質は私は欲しくはありません。
なんでも、8kともなるとあまりに鮮明に映し出すというので、女性アナウンサーが化粧に極めて神経質になると聞きました。
機能が向上することで、思わぬ負担がかかってくるようです。

NHKのEテレなどは、小さい子供がいる家庭には有益な番組が多いと私も思います。
そんな人が受信料を支払ってNHKを見るのは大いに意味のあることでしょうが、全く見ないという家からも受信料をとるというのは、法律そのものが間違っているのではないでしょうか。
年間13000円は決して安くはありません。
大きな社会矛盾だと考えています。
by: 声なき声 * 2019/06/10 05:43 * URL [ 編集] | page top↑
うちには
うちにはもう数年前からテレビ受像機はありません。あるのはモニタで、PCをつなげて有料の動画サービスを取っていることもありますが、大抵は使わないです。
ニュースは新聞と、ラジオとPCのニュースサイトで十分ですし、番組もそれほど見たいものもないのでそうなっています。
意外と、慣れればなくて大丈夫なんですよね。テレビとラジオしかなかった時代ならともかく、今はネットがありますからね。子どもが小さいころはEテレも見ていたし、受信料も払っていましたが、「見ないなら払わない」が出来てもいいと思います。
by: まこ * 2019/06/10 07:53 * URL [ 編集] | page top↑
まこさんへ
以前、まこさんの記事にも書かれていたことを思い出しました。
おっしゃるように、ネットのニュースで何の不足もありませんし、気象情報もスポーツ中継もほとんどは他のツールで見ることができます。

受像機を置いているだけで受信契約が成立するシステムは、おそらく誰が考えても合理性がないと思います。
これはNHKに責任があるのではなく、それを定めた法律に原因があると私は考えています。
NHKそのものは価値ある情報を含んだ番組も多く、評価すべき点もあると思っています。
by: 声なき声 * 2019/06/10 08:04 * URL [ 編集] | page top↑
俺はテレビ持ってないからNHKと契約してないんですよね。
テレビ番組自体、内容がくだらないからどうせ見ないし。
NHKそのものがなくてもいいんじゃないですかねw
とりあえずとっととテレビは撤去してNHKから放送受信契約の解約申し込みをしたほうがいいでしょう。
男が一度やると決めたらとっととやってしまったほうがいい。
by: てかと * 2019/06/10 13:44 * URL [ 編集] | page top↑
てかとさんへ
NHKの番組そのものは、Eテレの子供向けプログラムや語学講座のように有益なものがあると評価しています。
ただ、現行の放送法とのからみで、いびつな運用がなされている点が問題だと思います。
テレビの撤去は夏が来るまでに処理して、NHKへの最終通告はネット配信の動向を見極めながら判断する予定でおります。
by: 声なき声 * 2019/06/10 16:17 * URL [ 編集] | page top↑
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: - * 2019/06/10 18:32 * [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
https://koenakikoe.blog.fc2.com/tb.php/3664-eb8c0ca1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する