FC2ブログ

6月7日(金)

日本年金機構からメールが送られてきた。

今月の14日に年金が振り込まれるので、その通知だろうと思う。

「ねんきんネット」にアクセスして、念のために受給額を確かめてみようとしたのだが、パスワードにロックがかかっていてログインができない。

そういえば、たしか今年の2月にも、全く同じ動機からアクセスしようとしてパスワードの入力を間違えたことを思い出した。

そのときに、何回か試しているうちにロックがかかってしまい、ネットに入ることができなくなったのである。

自動的に解除されるのであればいいのだが、年金機構に電話をして解除してもらわないといけない。

もしくは、登録のやり直しを最初から行うことになるのだが、いずれにしても面倒である。

こんなこと言っては元も子もないが、「ねんきんネット」に登録していて助かることといえば、確定申告で使う源泉徴収票の記載金額を早く知ることができることぐらいか。

逆に言うと、「ねんきんネット」を使わないからといって、さほど不利益を受けることもない。

年金支給の通知は文書でも送られてくるので、それで確かめれば問題ない。

個人情報だからというので取り扱いに慎重になるのは当然だが、あまりに度が過ぎいているのではないか。

ネット銀行にも幾つか登録しているが、中にはパスワードを一定回数間違えるとロックがかかってしまうシステムのものもある。

ただ、時間が経てば、たとえば30分か1時間か経過すれば、次に正しいパスワードを入れることで利用は可能になる。

しかも、ネット銀行のほうが、送金や振込などの手続きができることもあって、万が一、他人に侵入されたときのリスクは大きい。

「ねんきんネット」は現状の数字を知るだけのことだから、お金を動かすことはできないのだ。

そのわりには、セキュリティ管理が過剰に厳しいように私は感じる。

ともあれ、来年の確定申告までには、アクセスできるようにするつもりである。


20190607.jpg
マイナンバーでもアクセスできるらしいが、私は
カードリーダーを持っていないので無理だ。

スポンサーサイト



20 : 20 : 50 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
<<6月8日(土) | ホーム | 6月6日(木)>>
コメント
こんばんは♪

ねんきんネットは出来たころに登録しようとしましたが、
いつまで待ってもパスワードが来なくてそのままになっています。
by: きっちゃん♪ * 2019/06/07 21:41 * URL [ 編集] | page top↑
きっちゃん♪へ
こんばんは。

最初に「ねんきんネット」のことを知ったときは、このネットを通じて手続きができるのだろうと期待していたのですが、実際には見るだけのものになっています。
それにしても、「パスワードが送られてこない」というのは杜撰だと思います。
by: 声なき声 * 2019/06/07 21:45 * URL [ 編集] | page top↑
おはようございます
私も 日本年金機構からのメールを
受け取りました。
最初の頃は、開いて見ていましたが、
葉書でも送られて来るので
見る必要がなく、開かずにゴミ箱へ(^^ゞ

確定申告の控除証明書も葉書で送られて来るので
見る必要がありません。

ATMもIBも仕事上のソフトも
パスワードの間違いは 3回までですから
多分「ねんきんネット」も3回なのでしょう。

今までに 間違った事がないので
時間が経って 自動的に解除されるのか
新しく登録するのか分かりませんが、
仕事のソフトは、新たにIDを作成し直して
登録するようです。
IBには、「秘密の質問」が設定されていて
それに答えると 解除されるようです。

仕事のソフトは、個人情報が洩れてしまいますが
お金は動かさないので、ログインも簡単ですが
IBは、お金が動くので ログインが厳重です。
契約者番号 利用者コード 第一暗証番号で繋がり
実行する時は、その都度変わる第二暗証番号が必要です。
第一暗証番号は、3か月に1度の変更が求められています。

パスワードを保存すると言うサイトもありますが
ここでは、その機能がなく、都度入力です。
そして一定時間が経つと 切れてしまうので
入力後放置しても、安全性は高いのでしょう。

もちろん覚えきれないので
書いてありますが、これを紛失したり 盗難に遭ったら
アウトですね(>_<)
by: ヨンヨン * 2019/06/08 05:19 * URL [ 編集] | page top↑
ヨンヨンさんへ
おはようございます。

ヨンヨンさんねんきんネットはご覧になっていないんですか。
おそらく、圧倒的大多数の人はそうではないかと思います。
同じ内容が郵送で送られてくるのですから、たとえば「デジタルデータで保存しておきたい」という人でもない限り、さして意味はありません。
もしかしたら、郵送手続き省略して経費削減を狙っているのだとしたら、いっそ、「ネット」を使う人には郵送はしない、という対応にすべきでしょう。

パスワードに「秘密の質問」が設定されているケースは多いです。
「好きな食べ物は?」とか「思い出の旅行先は?」などの質問だと、どう答えたのか忘れてしまっていることも多いのが現実です(汗)。

「第二暗証番号」を取り入れるところも増えてきました。
ほとんどはメールでその都度連絡する、というパターンだと思いますが、ごく一部、所定のキットが送られてきて、そこにあらわれる数字をパスワードにする、というものがあります。
そのキットの管理をしておかなければなりませんので、煩雑でなりません。
自然と、そこからは遠ざかっていきました。

以前に勤めていた会社では、Windows パスワードを手書きしたメモがパソコンモニターの縁に貼られている光景が普通でした。
デスクトップですから固定されていますし、社外の人が使うことはありませんので、好ましくはないことですが、実際には危険性は低かったと思います。
あるいは、パスワードをすべて「0」で統一している部署もありました。
ここまで来ると、パスワードの意味がありませんが。

私は、ネットバンクのパスワードは1年に一度、思い付いたタイミングで変更しています。
それはテキストファイルにして、クラウドの中で保管しています。
by: 声なき声 * 2019/06/08 05:56 * URL [ 編集] | page top↑
ねんきんネットのID申請を過去に2回してますが、今も忘れてる可能性高いからまた申請することになりそうですw
IDがこちらの記憶できるものじゃないので一度使わなくなると絶対忘れるからです。メールアドレスとIDが紐づいているならまだしもただの数値だからまず忘れる。登録時にIDの書かれたはがきが届くけどあんなものは紙で残しておけない。
シュレッダーにかけるからまた忘れるというw
覚えやすいIDの登録が利用者にはできないのがひどい。
まだマイナンバーにしてくれたほうがマシ。
俺にとってはパスワードの入力ミス回数でロックがかかるとかそういう以前に使い勝手が最高に悪いしろもののひとつです。
年金記録は郵送にしといてアカウントは放置したほうがマシかもな、と記事読んでいて思いました。ペーパーレス社会と真逆な感じですが、あのネットサービスはひどく杜撰なしろものなのでこまる。
by: てかと * 2019/06/08 13:06 * URL [ 編集] | page top↑
てかとさんへ
わが意を得た思いです。

私も思っているのですが、いっそIDはマイナンバーにすれば、今のような使い勝手の悪さはカバーできると思います。
セキュリティを極限まで重要視するのであれば、マイナンバーと同一のものにすることでユーザーも取扱には一層の注意をすることでしょう。
ただ、既存のIDと併存する形にして良いかどうかは議論の分かれるところですが。

公的機関が組んだシステムは、年金によらずとにかく使いづらいものが多いです。
マニュアルを見てもよくわかりませんので、だんだんと距離をとっていくのは自然の流れでしょう。
年金機構では「ねんきんネットの普及」を熱心に謳っているのですが、ユーザーの声にも真摯に耳を傾ける必要があるのではないかと考えています。
「ネット」を使わなくても支障はありませんので、結局、多くの人が離れていくのだと思います。
by: 声なき声 * 2019/06/08 15:50 * URL [ 編集] | page top↑
課税対象?
こんばんは。
日本の年金は全て課税対象ですか?
こちらでは、収入が日本の国民年金に相当する年金だけであれば、所得税は掛からない制度になっています。
それぐらいの配慮は、高齢者に必要かと思うのですが。。。
by: yokoblueplanet * 2019/06/08 20:21 * URL [ 編集] | page top↑
yokoblueplanetさんへ
こんばんは。

日本では、年金に対しても所得税がかかってきます。
確定申告することによって若干はバックもありますが、わずかばかりのものです。
現役で働いている人に支えられている年金ですので、応分の負担は仕方ないとあきらめていますが、内心は「配慮」が欲しいなと思っています(汗)。
by: 声なき声 * 2019/06/08 20:51 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
https://koenakikoe.blog.fc2.com/tb.php/3662-49271e0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する