FC2ブログ

5月31日(金)

夕方の4時過ぎに、図書館から「予約していた本の貸し出しが可能になった」とのメールが届いた。

実は、ちょうど一週間前に予約を入れておいたもので、その時点でネットでは「貸出可」のメッセージが出ていたのである。

ならば、すぐにでも手にして読むことができるはずなのだが、それから一週間が経ってからのメールである。

よく似たことは、この3月にもあった。

そのときは、”4日前”の時点で「貸出可」であったのだから、今回はより日にちがかかったことになる。

しばらく待たされるからといって不利益をこうむることはないものの、せっかくその気になっている状態なのに、それをはぐらかされるような気がして、あまり心地よいものではない。

かと思えば、「貸出可」と表示されている本の予約を入れて、すぐ次の日に受け取りが可能とのメールがやってくることもあった。

もしかしたら、単に図書館スタッフの仕事が忙しいか余裕があるかによって、メール送信のタイミングが違ってくるだけのか。

とはいえ、無料で本が読めるのだから、ありがたいことではないか。

すぐに読みたい本ならば、自分で買えばいいことなのだから。

ちなみに、1月の終わりに予約をした内館牧子さんの『すぐ死ぬんだから』は、今日の時点で135番目と出ている。

「所蔵数 : 16」とあるから、私の生きている間には読むことができると思っているが(汗)。

 
20 : 20 : 05 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
<<6月1日(土) | ホーム | 5月30日(木)>>
コメント
こんばんは♪

135番目、そんなに待たないといけないのですか~!
所蔵数が16でもかなりかかりそうですね。
私だったら買ってしまっているかもしれません^^;
by: きっちゃん♪ * 2019/05/31 22:10 * URL [ 編集] | page top↑
きっちゃん♪へ
おはようございます。

タイトルが『すぐ死ぬんだから』ですから、早く読むことを焦る必要はないと思ったのも事実です(汗)。
待っている間というのも、それはそれなりに楽しいものですから。
by: 声なき声 * 2019/06/01 05:07 * URL [ 編集] | page top↑
おはようございます
読みたいと思った本は、すぐに読みたいものですね。
私なら、そこまで待たされるなら 買ってしまうと思います。
135番目まで、待って居たら、読む気が失せてしまいそうで・・(^^ゞ

時間がかかっても メールが届くのは
親切な図書館ですね。
ツタヤのDVD在庫検索は、有るか無いかが分かって
無ければ いつの返却か分かるだけで
予約が出来ないので、在庫有りならば
自分の足で行って来なければなりません。
新作で人気があれば、タッチの差で 
誰かに借りられてしまう事もあります(>_<)

最近は、本を読まなくなりました。
新聞に 小冊子に 読む物がたくさん有って・・(^^ゞ
引っ越し前に あんなにたくさん有った本は
興味のあるもの以外 すべて捨ててしまいました。
もっとも 私の買った物だけではなかったのですが。
by: ヨンヨン * 2019/06/01 05:12 * URL [ 編集] | page top↑
ヨンヨンさんへ
おはようございます。

ネットで予約できるという気軽さがありますので、衝動的に読みたいと思ったら、その都度、予約を入れています。
待ちきれなくて本を買ってしまった場合は、予約のキャンセルをすればいいだけの話ですし。
クスリで騒がれた元プロ野球選手の手記とか、何かとお騒がせの相撲の親方の元奥様の本とか、いまだに待ち状態です(汗)。
散歩の延長戦上に図書館がありますので、すぐに行けるという簡便さも助かっています。

ネットのサイトからのチェックもできますし、何よりメールが届けられますので、連絡システムは完備しています。
もし借り出し期間を過ぎそうなときも、ネットから延長手続きができますので、本当に至れり尽くせりです。
本が売れなくなるのは当然だと思いました。

図書館で本の借出しをするまでは、ネットかリアル書店でお金を出して買っていました。
読み終わると、ほとんどの本はしばらく置いておいて、古本屋さんに持っていくという運命にありました。
もちろん、二束三文です。
年間でトータルすると、少なからぬ金額を使っていたのではないかと思っています。
by: 声なき声 * 2019/06/01 05:42 * URL [ 編集] | page top↑
図書館の貸し出しシステムは作ったことがないんで興味ありますね。
返却された本に破れ、痛みなどがないか確認するのは人間だから・・・。

借りたい本が100冊返却される(100人まで貸し出し可能点灯)→職員が七日かけて100冊チェック完了する(貸し出し可能点灯中も貸せない状態)→職員、やっと待ち行列中のひとへメール送信。→メールもらった人の内、気づいた数名が借りに行く。

こんな感じ。返却があるとデータベース上は貸し出し可能になるんでは。
ただし貸せるとは言ってない、みたいな。図書館職員へ問い合わせればわかりそうだけど俺は図書館利用してないから気づきもしなかったです。
by: てかと * 2019/06/01 13:18 * URL [ 編集] | page top↑
てかとさんへ
図書館で借りた本の中には、傷んでいるものが少なくありません。
破れたり、折れ曲がっていたり、中には書き込みがなされているものもあるほどです。
おそらく、返却後に図書館によるチェックは行っていないと思います。
確認をやりだすとキリがないのではないでしょうか。

なお、貸出準備ができましたというメールは、たぶんシステムによって自動で行われているのだと想像しています。
貸し出しの中にはときは、館内の所定の棚に置かれるのですが、それが整った時点でのメール送信ではないかと考えています。
私の好奇心を満足させるためには、職員の人に訊いてみるのが一番ですが、怪訝に思わえれるのは心外ですので、質問するつもりはありません。
by: 声なき声 * 2019/06/01 13:38 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
https://koenakikoe.blog.fc2.com/tb.php/3654-035760f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する