FC2ブログ

5月30日(木)

マンションの修繕工事は着々と進み、私の棟は廊下部分の塗装が残っているぐらいという段階にまできた。

とはいえ、屋上の物干し場はもう少しかかりそうな気配だし、ほかの棟はまだ外壁の足場が残っているところもあるので、以前どおりの生活環境に戻るのは来月に入ってからであろう。

以前のように大きな音で集中力が途切れることはないものの、塗装工事の作業中の会話が部屋の中まで筒抜けである。

意外に思ったのだが、昨今の建築現場では作業者同士の会話は丁寧な口調で、職人的な荒っぽさはほとんどない。

上下関係が言葉遣いにもあらわれていて、先輩か上司から言われたことには、「です」や「ます」の丁寧な言葉で答えている。

これは、工事が始まったときから、すべての人ではないにしても、おおむね、作業をやっている人に共通している。

日本の建築業界全般がそうなっているのかどうかは、わからない。

私の好みで言えば、これはいい傾向だと思う。

一般社会で堂々と通じる言葉遣いをしているほうが、好感が持てる。

顧客の要望に合った修繕を達成するためには、指揮命令が正確に末端まで伝わる組織でなければならない。

社内の言葉遣いが整っているのは、そのような一貫した流れのシンボルにほかならない。

建築に限らず、今までさまざまな職場を見てきたが、たとえばデザイン事務所や設計事務所などのように、創造力がモノを言う職場なら、規律や言葉遣いにはあまり重きを置かれていないのが通例だ。

しかし、具体的な形での結果を出す会社となると、組織のまとまりが重要になってきて、指揮命令系統がはっきりしていることが求められる、と私は思っている。

このように考えてくると、このマンションの工事を請けている会社は協力業者選定に成功したのだろう。

そういえば、ほぼ例外なしに、作業者の人はすれ違うときに挨拶をしてくれる。

これは、社内でちゃんと訓練を受けていることの証である。

なお、今日耳にしたユニークな会話は、先輩と後輩のものであった。

「この機材を上に上げてもいいですかぁ?」と尋ねる若い人に対して、年長者は
「いいとも!」
と返していた。

何年も前に終わってるはずの番組なのに、いまだにこの言葉が使われているのは少なからぬ驚きである。

彼らの属している会社は物持ちがいいのだろう、後生大事にしているようだ。

業績もいいに違いない。

こういったわずかばかりのやり取りの中からも、社風がうかがえる。

 
20 : 20 : 48 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
<<5月31日(金) | ホーム | 5月29日(水)>>
コメント
こんばんは♪

こういう業界もひと昔とは違った社風に
なってきているんですね。
時々、取引先で何!?という人がいますが、
会社は信用を落としていると思います。
by: きっちゃん♪ * 2019/05/30 21:32 * URL [ 編集] | page top↑
きっちゃん♪へ
こんばんは。

時代が変わってきていますので、業界で働く人の雰囲気も変化してきているのでしょう。
民営化前の国鉄の職員と、現在のJRの職員とでは、表情も対応の仕方も全く違っています。
by: 声なき声 * 2019/05/30 21:40 * URL [ 編集] | page top↑
おはようございます
確かに、職人業界は、変わったと思います。
職人ではなく 会社員風になりましたね。

勤務時間も 朝は8時 夕方は6時に
きっちり 終っているようでした。
日曜祝日なく働かされたり 夜暗くなるまで
作業をさせられると ブラックと言われますしね(^^ゞ

お客様から 請け負う建築業者さんも
作業工程表が きちんと作られて
それに従って、作業が進められているようでした。
職人さんも それに沿って仕事の予定が立つので
やりやすくなったと思います。

知人の息子さんは、左官の仕事をしていましたが
親方気質の 上司が嫌で 転職してしまいました(>_<)
昔は、威勢が良い事が 職人と言うイメージでしたが
最近は、物分かりの良い上司が求められているようです。

そんなせいか、職人さんの仕事を求める女性も
増えたようですね。テレビでも やっていました。

男女差が 無くなったのは、良いことか
寂しい事か 分からないのですが
世の中 中性化したように感じます(^^ゞ
by: ヨンヨン * 2019/05/31 05:22 * URL [ 編集] | page top↑
ヨンヨンさんへ
おはようございます。

このマンションの工事に携わっている人は確かに「会社員」がほとんどだと思います。
もし転職してネクタイを締めて仕事をするオフィスに勤めるようになっても、おそらくカルチャーショックはなしに仕事ができるのではないでしょうか。

作業時間も、たぶんタイプキーパーがいて指示を出しているのだと思います。
終わりの時間は遅れている部分については他の担当の応援を出したり、あるいは上司が行ったりしてサポートしていますので、一般の会社で見られる光景そのものではありませんか。

例示されている左官職人のことですが、私はその息子さんの気持ちがわかるような気がします。
仕事をしていくなかで、「親方気質」のオーラ前回の上司がいたら、私なら距離を感じてしまいますね。

マンション工事での現場には女性作業者はおりませんが、決してあり得ない光景ではないと思います。
タクシーの運転手に女性が登場した頃はとかく話題になったものですが、いまでは極めて日常的な姿となっています。
現場監督で女性が腕を振るっているとの話も聞いたことがありますので、近い将来には建設現場で働く女性の姿は違和感がなくなってしまうと思います。
by: 声なき声 * 2019/05/31 05:42 * URL [ 編集] | page top↑
ありがとうございます。
おはようございます。
現場の状況を感じられて
とても清々しい記事に
感動しました。
いつもありがとうございます。
by: ハコ * 2019/05/31 06:38 * URL [ 編集] | page top↑
ハコさんへ
おはようございます。

私自身、今回の工事で、建築作業の世界に抱いていたイメージが一新したことに新鮮な驚きを感じています。
いい勉強をさせていただいたものだと感謝しております。

拙文に対して好意的なコメントを頂戴し、ありがとうございます。
by: 声なき声 * 2019/05/31 06:52 * URL [ 編集] | page top↑
うちの地方は語尾がだっぺ、とかになるから気にしたら負けですかねw
by: てかと * 2019/05/31 13:41 * URL [ 編集] | page top↑
てかとさんへ
勤めていた会社に、千葉県の出身の人がいました。
会話をしていて、話に熱が入ってくると「だっぺ」が文章の最後に出てきたことを思い出します。
by: 声なき声 * 2019/05/31 13:55 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
https://koenakikoe.blog.fc2.com/tb.php/3653-d8c7b815
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する