FC2ブログ

5月27日(月)

直射日光を浴びる季節、日傘を差して歩いている女性の姿が目立ってきた。

ともすれば、顔が傘で隠れて見えにくいときがある。

全体的なプロポーションや服装などから、若い女性だと判断したら、どんな顔をした人なのかが気になってくるものだ。

今日も、白ベースのファッションに身を固めた女性が、日傘片手に颯爽と正面から歩いてきた。

ほんのわずかの間に、どんな美人なのかを頭の中で想像してみる。

モデルかタレントか、あるいは女子アナか俳優か、いろんなジャンルが私の妄想の中をかけめぐる。

そしてすれ違いざま、そっと傘の中に目をやると、私の脳内イメージとは似ても似つかない顔面がそこにあった・・。

いや、今日に限ったことではない。

実際には、後ろ姿に魅入られて妄想をたくましくしたものの、何かの拍子に事実としての顔を見たときというのは、ほぼ例外なくがっかりしてしまうのだ。

最近は死語となったのかもしれないが、まぎれもない”バックシャン”である。

もちろん、その女性たちには何の責任もない。

一方的に美形を想像して期待に胸を膨らませていた私にすべての非があるのだが、なぜか私の心の中では「損した」という思いが残ってしまう。

私は勝手な人間だ。

ただ、古くから私のような人間はたくさんいたのだと思う。

少なくとも40年前であるが、ある雑誌で読んだ川柳は、今に至るもくっきりと記憶に焼き付いている。

  「振り向くな まっすぐ歩け バックシャン」

毎年、某保険会社が一般人に川柳の募集をしていて、巧みに世の中を五七五にまとめた作品が発表されている。

前掲の川柳は、淡い夢を大切にはぐくみたいという男心を心憎いまでに的確に表現していて、文芸史に残る秀作だと、私は信じている。


20190527.jpg
写真はこの記事とは全く関係がない
20 : 20 : 03 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
<<5月28日(火) | ホーム | 5月26日(日)>>
コメント
こんばんは♪

女性から男性を見る場合も
こういうこあるかもしれませんね(*^▽^*)
by: きっちゃん♪ * 2019/05/27 22:43 * URL [ 編集] | page top↑
きっちゃん♪へ
おはようございます。

私も、おそらくそうだろうと思っていました(笑)。
男女を問わずあり得ることではないか、と。
by: 声なき声 * 2019/05/28 04:09 * URL [ 編集] | page top↑
おはようございます
まだ、それほど気温は高くないのに
もう、熱中症で搬送される人が 出て居ます(>_<)

男性も日傘を差しましょうと言われていますが
男性の日傘姿は、見かけません。

日傘は無くても 後ろ姿から
顔を想像する事は、女性でもあります。
対象は男性とは限りませんが・・
自分好みの服装だったり
スタイルだったりすると 顔を見たくなります(笑)

名古屋の街を歩いて居る時に、
追い越しざまに、顔を見たいと思った事が何回もあります。
派手な服装 髪型の人が多かったからだと思います(^^ゞ

前から見るより、後ろ姿の方が
その人の立ち振る舞いが 良く分かるように思います。
多分 後ろ姿は、無防備だからでしょう。

人の振り見て我振り直せ です。
by: ヨンヨン * 2019/05/28 05:25 * URL [ 編集] | page top↑
ヨンヨンさんへ
おはようございます。

私も男性の日傘は見たことがありません。
男が日傘をさして歩いている光景が普通になれば、違和感は全く亡くなるだろうと思います。
私は日傘の代わりに、夏の炎天下では帽子をかぶるようにしています。
帽子だけでも感じる暑さは大きく変わります。

ヨンヨンさんに私の気持ちが通じたようでうれしく思います(笑)。
完璧な形が見えないだけに、好奇心は一層かきたてられます。
ただ、私の場合は期待心を高め過ぎて、後で失望することが多いのですが(汗)。

「後ろ姿」はあまり当人も意識しないだけに、その人の本心が現れていることが多いのでしょう。
同じように、その人の履いている靴を見れば人となりがわかると言います。
靴の手入れは日常的にしっかりとしていかないと、文字どおり足元を見られることになりかねません。

「人の振り見て我振り直せ」は今の時代にもそのまま通じる古言だと思います。
by: 声なき声 * 2019/05/28 05:40 * URL [ 編集] | page top↑
そういえばすれ違うひとの面相をいちいち気にしたことがないですね。
目的があって道を急ぐため知人やご近所さんかどうかも確認しないかも。
逆に猛烈な視線を向けられていると体が反応するんでそのときは見ます。
仕方ないから相手をするか、と。
まなざしを向けてくるのが美人だったらご褒美なんですかねw
by: てかと * 2019/05/28 10:25 * URL [ 編集] | page top↑
てかとさんへ
私も、すべての人の顔が気になるということはありません。
たまたま顔が隠れているか、後ろ姿に惹かれたか、何かのきっかけがあるときに限っての現象です。
全貌が見えないときというのは、なぜか良い結果を空想してしまうものですから、多くの場合は、いやほぼすべて、失望のどん底に突き落とされてしまうのです(汗)。

すれ違いざまに美人から視線を浴びることは、私に限っては全くありません(涙)。
by: 声なき声 * 2019/05/28 10:39 * URL [ 編集] | page top↑
微妙な角度で顔が見えないからこそ、
想像も引き立てられるんですよね(笑)
スラッとしていて後ろ姿が凄く綺麗だったりすると、
どんな顔なのかと気になったりしますが、
そういう想像を掻き立てられるシチュエーションだとついどんな美人なのかと想像してしまいますね。
by: ツバサ * 2019/05/28 19:49 * URL [ 編集] | page top↑
ツバサさんへ
明確にわからないからこそ、イマジネーションを働かせてしまいます。
なぜか、自分にとって望ましい方向に想像をしてしまうのは、万人に共通した心理なのかもしれません。
だからこそ、実際の顔を見たときには失望することが多いのでしょう(汗)。
by: 声なき声 * 2019/05/28 20:43 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
https://koenakikoe.blog.fc2.com/tb.php/3650-0ad2e951
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する