FC2ブログ

4月20日(土)

今日の当地の最高気温は22度であった。

天気晴朗の状態で外を歩いていると、うっすらと汗をかくほどだ。

寒いのが苦手の私も、今日ばかりは日本語に”暑い”という言葉があることを思い出した。

とはいえ、私は昼間もセーターを着て出かけた。

油断するとすぐに寒気に襲われるからである。

街を歩いている人々の姿を見ても、実に多様だ。

薄いコートを着ている人やら、半袖シャツで闊歩している人など、その違いはあまりに大きい。

温度差に対する強さや弱さというのは、人それぞれで千差万別である。

こういった季節の変わり目など、個人差というものがあることを見せつけられる。

個人差が明確にあらわれるのは、ほかにも、お酒が強いか弱いか、絵を描くのが上手かそうでないか、スポーツが得意か下手か、好みの異性のタイプなど、それこそ枚挙にいとまがない。

飲酒運転の取り締まりにあたっては、運転手ひとりひとりに対してアルコールの許容量を測定するなんて現実には無理だから、一律、息の中のアルコール濃度が一定量を超えていれば処分の対象とされる。

これは仕方ないと思う。

個性の尊重は大切だが、しかし法律の世界では話はは別だ。

夏や冬になると、節電のためにというので、エアコンの設定温度を決められた数値に厳守させている事務所は少なくない。

これも、暑いのが苦手な人や寒さには我慢の限度があるという人には苦痛かもしれない。

ちなみに、私が勤めていた会社では、一応は会社で夏も冬も設置温度が決められていたのだが、現実には各部屋の裁量に任されていた。

すると、これは自然な成り行きかもしれないが、最も耐性のない人の希望に合った室温になってしまう。

冬はぽかぽかしており、片や、夏は冷気に充ちた空気の中で仕事をしていた。

これでは、会社として意図していた省エネの効果が出てこない。

大げさな話かもしれないが、実際の仕事の現場で規律が守られていないようであれば、ガバナンスも疑わしくなる。

個人差は認めつつも、工夫をすることで対応すべきではなかったかと、今頃言っても仕方ないが、今日の気象を見ながらしみじみと感じた。

 
20190420.jpg
納豆の好き嫌いも個人差が大きい

20 : 16 : 03 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
<<4月21日(日) | ホーム | 4月19日(金)>>
コメント
こんばんは♪

朝はヒンヤリすると感じましたが、昼間は汗ばんでいました。
まだウルトラライトダウンを着ている人を見かけました。
私は真冬でもウルトラライトダウンだけの時がありますけど^^;
by: きっちゃん♪ * 2019/04/20 20:43 * URL [ 編集] | page top↑
きっちゃん♪へ
こんばんは。

昼間は、外は暑くても家の中はひんやりしていました。
微妙な天気の変化です。
外出のときの服装には迷ってしまいます。
by: 声なき声 * 2019/04/20 20:50 * URL [ 編集] | page top↑
春と秋、、、、
 気温が20度前後のとき、、
人がが感じる体感温度って全く違うんだなぁ~って、、同じ事を考えていました。
真冬と真夏は同じ格好をしているのにね(笑)
by: 直感馬券師 * 2019/04/21 03:06 * URL [ 編集] | page top↑
直感馬券師さんへ
同じ20度の気温であっても、春先なら暑く感じますし、初秋なら寒いと感じます。
また、湿度の関係によっても体感温度はかなり違っています。
サウナでは80度や90度であっても、しばらくの時間であれば、我慢することができますが、高温多湿の夏の日本では40度を超えると健康被害が懸念されるほどです。
by: 声なき声 * 2019/04/21 04:19 * URL [ 編集] | page top↑
おはようございます
昨日のこちらは、朝6度 日中は16度 その差は、10度
朝は、肌寒く感じましたが、昼間は、
動いても暑く無く、ジッとしていても寒く無く
快適の言葉が 似合う日でした。

一昨日 病院へ行った日は、
少し寒かったのですが、
若い人が、フードにファー付きのコートを
着ていました。
この時期は、秋の寒くなり始めより
着て居る物の個人差を感じます。

極端に太ってる人は 別にして
体内温の高い人は、基礎代謝も高く
健康的だと言われてます。

会社のように、大勢の人が居る場所の
温度管理は、難しいですが
大方、エアコンの操作が出来る立場の人の
設定になってしまうようですね(^^ゞ
その人が 仕事が出来る出来ないは、
まったく関係ないようです(^^ゞ

それにしても、病院内は
いつも居心地が良いのですが
どの様な設定になっているのでしょうか。
湿度の関係も有りますけど。

世の中、一人として 同じ人間は居ないと言うことですね。
by: ヨンヨン * 2019/04/21 05:43 * URL [ 編集] | page top↑
ヨンヨンさんへ
おはようございます。

「朝6度」とは、私の感覚では真冬そのものです。
人それぞれの個人差もさることながら、地域による気温の差も相当にあると思います。
以前、北海道のかたのブログを読んでいて、
「氷点下になっていないから暖かい」
といった意味の表現に目を丸くしたことを覚えています。
日本は広い国だと思いました。

一般に、体温の高い人のほうが健康状態には恵まれていると聞いたことがあります。
癌になるリスクも、体温の高い人のほうがはるかに低いともされています。
やはり、基礎代謝の関係かもしれませんね。

病院の中は、1年を通してエアコンが運転されています。
患者のことを考えると、これに越したことはありません。
入院するなら、夏か冬の季節がいい、とのジョークがありますが、ある意味、うなずける話ではあります。

クローンでもない限り、全く同じ人間なんていないと思います。
”普通の人”という言い方を私もよく使いますが、実際には個々にそれぞれの特徴や感性を持っていますから、どこかには違いがあるのです。
by: 声なき声 * 2019/04/21 06:19 * URL [ 編集] | page top↑
読んでいて俺は仕事場のエアコンはどうだったか、思い出してみました。
夏場とかはひどかった印象です。
冷えすぎて。俺だけサマーセーター着てたくらいで。意味不明ですw
まぁ、贅沢な悩みですよ。
ひどいときは真冬の工場の生産ラインの中に開発ブースを作られたのですが、空調は完全停止の上にコート着て新聞紙を腹に巻いても凍死しそうになってたこともあるのでw
by: てかと * 2019/04/21 13:43 * URL [ 編集] | page top↑
てかとさんへ
私は寒いのが苦手で、やはり夏のエアコンが効き過ぎて体が冷えたのが辛かったです。
いっときは、送風口の真下の席になって、スーツの上着を着て仕事をしていました。
さすがに
席の変更を申し出て、風の来ない席に移らせてもらいましたが。

冬の寒いときに、新聞紙を体に巻くと暖がとれると聞いたことがあります。
東北大震災のとき、たまたま東京に出張していて、帰りの新幹線もホテルもないというので、取引先の部屋に泊めていただきました。
床には新聞紙を敷いて寝たところ、さほど寒さは感じませんでした。
by: 声なき声 * 2019/04/21 16:00 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
https://koenakikoe.blog.fc2.com/tb.php/3608-d7f693ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する