FC2ブログ

4月18日(木)

圧力鍋でカレーうどんを作った。

塩分がたくさん含まれているカレールーではなく、塩分を少ししか含有していないカレー粉末を使った。

私が塩分過多を気にしていたのをご覧になった読者のかたからアドバイスを頂戴し、その情報を参考にさせていただいた次第である。

圧力鍋を買ったときについていた取扱説明書には、圧力鍋でカレーを煮てはいけないと書かれていたので、その注意を忠実に守り、ジャガイモ、ニンジン、タマネギと豚肉だけを最初に煮た。

そのプロセスを終えてから、普通の鍋と同じ扱いで、うどんとカレー粉末、そして片栗粉を入れて温めて完成である。

カレー粉末の量をどれぐらいにすればいいのか見当がつかないので、小さじ1つだけにしておいた。

これで塩分量は0.004ℊなので、ゼロと同じである。

ウドンは0.4ℊだから、両者を足しても1ℊを切っていて、全く塩分については問題はない。

なお、だし汁は、やはり塩分の関係で使わず、普通の水を220㏄入れた。

なんとか出来上がったが、一応はカレーの風味は味わえた。

が、やはりカレー粉一さじだけというのではカレーとしての味覚を楽しむまでにはいかなかった。

また、水の220㏄というのは量が多かったようである。

圧力鍋だから調理中に蒸発して失われる水分は極めて少ないので、張り切って大量に入れる必要はない。

水が多過ぎたせいか、シャブシャブ感が強かった。

片栗粉でとろみを出したつもりだが、あまり効いていなかった。

次回は、カレー粉は小さじ2つ、水は180㏄で試してみるつもりだ。

私の場合、料理については、自分が納得できれば味覚にはさほどこだわる必要がないので、その点は気楽だ。

それにしても、圧力鍋は便利だ。

人間がかかりっきりにならなければならない時間は限られているので、任せておけば、後は自動で調理をしてくれる。

フライパンで野菜を炒めるのに比べると、実に大きな省力化になった。

いい買い物をしたと思う。


20190418.jpg
粉末100ℊあたり0.2ℊの塩分含有量とのこと

 
20 : 20 : 44 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
<<4月19日(金) | ホーム | 4月17日(水)>>
コメント
こんばんは♪

いろいろ試されて自分に合ったものができると思います。
それもまた楽しいですね。
by: きっちゃん♪ * 2019/04/18 21:59 * URL [ 編集] | page top↑
きっちゃん♪へ
おはようございます。

あれこれ考えて試行錯誤をするのは、楽しいものです。
うまく行ったときは達成感を味わえます。
by: 声なき声 * 2019/04/19 05:02 * URL [ 編集] | page top↑
おはようございます
圧力鍋を有効に使っていられて
便利なものを買われましたね(*^。^*)

今のように カレールーが売られるようになる前は
小麦粉にカレー粉を入れて炒めて 
カレールーを作って居ましたので、
片栗粉でも良いでしょうね(笑)

味には、こだわっていられないようなので
十分なお料理だと思います。
既成のカレーの枠を超えて 独自な味だと思います。

「カレーはスパイスとハーブの芸術品」と言われているので
もっと別のスパイスも使うと 奥深い味になると思います。

お肉も牛に替えたり 最初に炒めてから使うと
更に美味しくなるでしょう。

次回の報告を楽しみにしています。
by: ヨンヨン * 2019/04/19 05:46 * URL [ 編集] | page top↑
ヨンヨンさんへ
おはようございます。

ヨンヨンさんに教えていただいた”カレー粉”のおかげで、一歩前進できたように思っています。
ありがとうございました。

今回も薄力粉を使ってのルー作りを考えたのですが、焦がしてはならないとか書かれていて、私にはハードルが高いように感じました。
それで片栗粉で代用しようとしたのですが、いずれは薄力粉でカレールー作りにチャレンジするつもりです。

私は関西人ですので、肉と言えば牛肉のことをイメージしていました。
豚肉の健康効果を耳にして以来、豚肉にシフトしていたのですが、これをきっかけに牛肉も取り入れていこうと思っています。
今後とも貴重なご助言をいただきますよう、お願いいたします。
by: 声なき声 * 2019/04/19 05:56 * URL [ 編集] | page top↑
ありがとうございます。
圧力鍋を購入したので
これから料理をします。
とても参考に7なります。
どうもありがとうございまいます。
by: ハコ * 2019/04/19 06:38 * URL [ 編集] | page top↑
ハコさんへ
私の書いていることなんて何の役にも立ちませんので、良い子の皆さんは真似をしないでください(笑)。
冗談はさておき、私もブログで他の人からすすめられて使い始めたのですが、最初は自分で使えるのかどうかが不安で購入に躊躇していました。
説明書どおりに使いますと、難しいことは何もありません。
想像以上にシンプルなものです。
もっと早くから使うべきでした。
by: 声なき声 * 2019/04/19 06:51 * URL [ 編集] | page top↑
面白いことをしましたね!
野菜などの具を煮る工程だけ圧力かけて、ルーをいれるところだけ蓋を外せば済むし。
ただ、その塩の量の加減っぷりはもはや狂信的とも呼べるレベルで味がするのかわからんというか。
いっそ、スパイスをやまほど仕入れてきてすり鉢でごりごり混ぜたらどうでしょう?香りはすごいですよ。アジは・・・どうだろう・・・。
by: てかと * 2019/04/19 10:53 * URL [ 編集] | page top↑
てかとさんへ
実際には、塩分をそこまで敵視する必要はないと、自分でも思っています。
しかし、”塩分控え目”を、始終、医師から指導されてIDyr、いつの間にかすっかり感化されてしまったようです。
安全策として、当面は塩分制限は続けていきます。

なお、カレー粉の量は徐々に増やしてまいります。
塩分含有量は極めて少ないですので、なんら恐れるものではありません。
それ以上に、味の多様性へのチャレンジを優先するつもりです。
by: 声なき声 * 2019/04/19 11:26 * URL [ 編集] | page top↑
ガラムマサラなど
こんばんは。
塩分摂取をそこまで節制するのであれば、もっとインド風にしてしまったらどうでしょう?!ガラムマサラ
https://ja.wikipedia.org/wiki/ガラムマサラ)も日本で販売されているようですし。
塩分の代わりに柑橘類や生姜、ニンニクなどで味の強弱をつけると言う手も有効ですね。
また出汁は、野菜の切れ端などを使って野菜出汁を作ると便利に使えます。昆布にも塩分があると思いますが、ヨードを摂取するために、少しでも野菜出汁の材料に使うと良いかと思います。
by: yokoblueplanet * 2019/04/19 15:59 * URL [ 編集] | page top↑
yokoblueplanetさんへ
こんばんは。

もう10年以上も前ですが、インドカレーの食べ歩きをしていた時期がありました。
おそらく、その頃にはガラムマサラを味わたことと思います。
私に、カレーの醍醐味を教えてくれたきっかけの一つです。

野菜だしの勉強をさせていただきます。
何かとご指導をいただき、ありがとうございました。
by: 声なき声 * 2019/04/19 21:39 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
https://koenakikoe.blog.fc2.com/tb.php/3603-da5b7a67
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する