FC2ブログ

3月26日(火)

このところ、しもやけに手こずっている。

正式な医学用語は”凍瘡”(とうそう)と言うらしい。

どこか忘れたが、雪国の地域では”ゆきやけ”と呼ぶところもあるとか。

私の場合、なぜか右手の中指と薬指、小指の3本だけに症状が出ている。

以前にしもやけが出たのは、たぶん高校生時代が最後ではなかったか。

体質的に冷え性で、子供のときから寒さには弱かったのだと思う。

今回は約50年ぶりということになる。

思えば、昔はコタツや火鉢などの部分暖房が標準であったから、同じ部屋の中でも温度差もかなりあり、しもやけになりやすい環境であったのかもしれない。

昨今はエアコンでの全体暖房が一般になっていて、部屋全体が暖かくなるから、しもやけになりにくいのだろう。

この冬の私は電気代の節減のためにエアコンを動かさず、厚着をすることで対処してきた。

だから体は寒さを感じなくても、指先は知らない間に冷えていたのかもしれない。

幸いにして、そんなに重い症状ではない。

朝の目覚めのときに、その患部の指全体がむくんでいるような感覚がしたり、風呂から上がったときに痒くてたまらない、といったレベルである。

痒いときは、キンカンを塗るとしばらくはおさまる。

最近は風呂上りに、指にキンカンを塗るのが日課の一つになってしまった。

不思議なのは、なぜ右手だけなのか、というところである。

子供の頃は、両手ともしもやけに冒されていた。

高齢者になると右手だけがしもやけになる、などという話は聞いたことがない。

日常生活で右手だけを使う場面というのは、マウス操作のときぐらいのもの。

しかし、マウス周辺がとりたてて冷えているわけでもないと思う。

医学の発達した現代でも、解明されない謎がある。

 
20 : 12 : 11 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(11) | page top↑
<<3月27日(水) | ホーム | 3月25日(月)>>
コメント
こんばんは♪

しもやけは私も高校生までなっていました。
フランクフルトのような指でした^^;
今では手足の指先は冷えを感じませんし…
なぜ、今頃でしょうね?
by: きっちゃん♪ * 2019/03/26 21:26 * URL [ 編集] | page top↑
きっちゃん♪へ
こんばんは。

「フランクフルト」は絶妙のたとえです(笑)。
実際、朝起きたとき、指がフランクフルトのように感じるのです。

私に発症した原因は、この冬にエアコンを入れずに厚着で対応したからだと思っています。
すでに遅いかもしれませんが、外に出るときは、寒く無くても手袋をするように心がけています。
by: 声なき声 * 2019/03/26 21:33 * URL [ 編集] | page top↑
おはようございます
しもやけって懐かしい響きです(^^ゞ
子供の頃は、足の小指がしもやけになっていましたが
私の中では、死語になるほどの 症状です(笑)

むず痒いのですよね(>_<)

キンカンを塗ると言うのも
久しぶりに聞いた話です(^^ゞ

原因は、血行不良ですが
右利きの人は、何かの作業をするのは、
右手が多いと思いますので、動かす頻度は高いのに
血行不良と言うのも 変な話ですよね。

高齢になって、何かの症状が出るのは
免疫力の低下や抵抗力の低下も有りますし、
最近は、アレルギーと言う事もありますから
原因が知りたいですね。
by: ヨンヨン * 2019/03/27 05:24 * URL [ 編集] | page top↑
ヨンヨンさんへ
おはようございます。

私にとっても、本当に久しぶりの”しもやけ”です。
死語になっていた言葉が、まさか復活してくるとは夢にも思っていませんでした。
キンカンも、本来は夏の虫刺されのときだけしか使わないのですが、この寒い季節に登場するとは思いも寄りませんでした。

はい、おっしゃるとおり右利きの人間ですので、圧倒的に右手のほうを頻繁に使っております。
逆に左手のほうが血管が収縮するというのなら理解はできますが。

加齢による免疫力の低下は、私も実は懸念しているところです。
というのは、今年は花粉症がほとんど出ず、快適な春を過ごさせてもらっています。
過剰反応をしなくなったのはありがたいのですが、それが免疫力低下が原因であるとしたら要警戒ですから。
by: 声なき声 * 2019/03/27 05:46 * URL [ 編集] | page top↑
右胸鎖部の血行不純かも
しもやけ、懐かしいですね。

心臓から出た血液は、胸骨と鎖骨の間隙をぬって腕や手に循環します。
女性に多いのですが『胸郭出口症候群』といって、
胸骨と鎖骨の間隙が狭くなって、肩から腕にかける血管や神経が
圧迫され痺れや痛みが出ます。重篤な場合はオペですが。

ちなみに私は何年もですが、寝ていて両手をバンザイすると、
手首の脈が止まっていました。
『胸郭出口症候群』の中程度の症状だったわけです。

勉学のためのうつむき作業が長時間、何年間も。
運動不足なども原因だと判っていたので、
首のと肩こりをなくす運動に励みました。

学業、仕事から解放された今では、すっかり治りました。
右肩を大きく回す。
首の屈曲、伸展、側屈を各10回くらいづつ。。
手を握り、パット放すなどの運動をお勧めします。

稀ですが、頚椎症(頸椎の骨の変位、骨棘など)が原因で、
神経、血管ともに圧迫されることもあります。
運動で改善されない場合は、頸椎のCT検査とかですが、
読んでいる限り、単に血行不良のような気が……。
by: 風子 * 2019/03/27 08:20 * URL [ 編集] | page top↑
訂正
血行不純 → 不順 です。ごめんなさい。
by: 風子 * 2019/03/27 08:21 * URL [ 編集] | page top↑
俺もしもやけ体質で困ってた時期があるんですよ!わかる!
マンション一人暮らしで水仕事を自分でやるようになったことが原因なのではないかと。
春になれば暖かくなって自然と治るから問題ないでしょう。
また冬になって問題がでたら記事にしてください。
ちなみに俺はしもやけは対処しました。今年もでてません。
室温は15度以上あげたこともないですよ。
by: てかと * 2019/03/27 09:01 * URL [ 編集] | page top↑
風子さんへ
詳細なご説明をいただき、ありがとうございました。
『胸郭出口症候群』は全く知りませんでしたが、テーブルに向って座っている時間が極めて長いのは確かです。
本を読んでいるかネットをしているかの時間が長きに及んでいるのは間違いありません。
家の中でもできる簡単な運動をやっていきます。
おそらく血行不良だとは思うのですが、血液の流れが滞ると、動脈硬化になるリスクが出てきます。
心筋梗塞や脳卒中などの重篤な事態が発生するのは避けたいとの思いもありますので、心得ておきます。
by: 声なき声 * 2019/03/27 09:17 * URL [ 編集] | page top↑
てかとさんへ
私は、”水仕事”は食器を洗うぐらいのことしかやっていません。
それに、器を洗うときというのは両手を使いますので、右手だけがしもやけが出てくることはないと思うのですが。
おっしゃるように、温かい季節になれば解消しているはずです。
ただ血流が良くないとわかりましたので、その点は健康管理の上で留意してまいります。
by: 声なき声 * 2019/03/27 09:24 * URL [ 編集] | page top↑
私も左足の指先がしもやけになります。
寒い日にパンプスやスニーカーを履いていると、ほぼ100%指はゆでたてのウィンナーみたいになってしまいます。
なんで片側だけなるんでしょうね、不思議ですね。
by: miyazyy * 2019/03/27 10:03 * URL [ 編集] | page top↑
miyazyyさんへ
miyazyyさんは足がしもやけですか。
しかも、左足だけというのがミステリーめいていますね。

子供のときの記憶をさかのぼったら、私も足の指がしもやけになったことはありました。
昭和30年代なんて、冬でも靴下を履かないことは珍しくなかったですから、不思議はありません。
ただ、miyazyyさんにしても私にしても、条件が同じはずですから、左右ともしもやけの症状が出てくるのが自然だと思いますが。
by: 声なき声 * 2019/03/27 10:29 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
https://koenakikoe.blog.fc2.com/tb.php/3546-875ea5e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する