FC2ブログ

3月17日(日)

1週間ほど前から、夕方は『AbemaTV』で大相撲を見ている。

もっとも、見始めるのは5時半ごろから、つまり三役のちょっと前ぐらいからであるが。

もちろん、『AbemaTV』が大相撲協会に放映権料を支払って配信しているから、独自のものである。

NHKとは関係がない。

かなり高額の放映権料であろうと想像しているが、それは見当もつかない。

だから、同じ大相撲を伝えても、NHKとはいろんな面で違っている。

CMも入るし、アングルも全然違っていて、懸賞の幕もはっきりととらえている。

本当は多くの人の目に触れてもらうために、各企業がスポンサーとなっているのだから、懸賞幕はテレビを見ている人にも明確にわかるようにするのが筋だ。

NHKの立ち場としてはそれはできないのだろうが、企業宣伝を極度に嫌う姿勢はあまりに過剰ではないか。

そのわりには、受信料の徴収には異様に熱心で、家にテレビがなくてもスマホでワンセグ受信できれば徴収対象とする、などと主張して裁判まで行っている。

NHKのその執念たるや尋常ではない。

話がそれたので、元に戻す。

ほかにも、アナウンサーは『AbemaTV』のほうが若干はくだけた話し方をするし、力士のインタビューもソフトムードであるとか、また、立ち合いの強さを”衝撃度”という数字であらわす、午後6時になっても弓取式までちゃんと放映するなど、NHKでは見られない特色がある。

いいことばかりではなくて、私の受け止め方の問題だが、BGMや画面表示の色がやや派手に感じる。

おそらく、視聴者が若い層で占められているというので、そのことを意識しているのだと思うが。

総合評価としては、『AbemaTV』の大相撲中継は高得点を与えたい。

たしか、昨年の日本シリーズの試合も、一部は中継していたと聞き及んでいる。

高校野球の中継もやってくれないものかと期待している(汗)。

 
20 : 10 : 05 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(11) | page top↑
<<ナノファイバーフィルター内蔵のブレスシルバースクエアマスク発売~体験モニター参加でスタイリッシュなマスクがもらえるイベント実施中~ | ホーム | 宮崎のご当地グルメが京都初出店!宮崎発祥チキン南蛮カレーが二年坂へ!初の和テイストの【カレー倶楽部ルウ清水寺二年坂店】4月29日(月)にグランドオープン!オープン記念イベントも同時開催!>>
コメント
こんばんは♪

AbemaTVで大相撲までするんですか~!
前のタブレットにダウンロードしていましたが、
今回はしていません。
あまり見なかったので…
by: きっちゃん♪ * 2019/03/17 22:42 * URL [ 編集] | page top↑
きっちゃん♪へ
おはようございます。

パソコンであれば、ブラウザでみることができます。
もちろん無料です。
AbemaTVで大相撲中継をやり始めたのは、最近のことだと思います。
相撲以外にもドラマやアニメなどの多彩な番組がありますが、私は大相撲しか見たことがありません。
by: 声なき声 * 2019/03/18 05:01 * URL [ 編集] | page top↑
おはようございます
NHKは、勝手に電波を流して 見て居ようと
見て居まいと 受信料の徴収をするのですよね(^^ゞ

衛星放送が始まった頃
家の裏側にまで回ってアンテナの有無を確認したとか(>_<)

私の車のテレビは、ワンセグで見ているのですが
その内 受信料を取られるかも。

『AbemaTV』は見たい番組だけ選んで見れるので
良いですね。
CMが入ると 途中 用事で離席出来るので
嬉しいです(笑)

パソコンをテレビに繋いでおけば良いですが
やはり テレビ放送は、大きな画面で見たいです。
by: ヨンヨン * 2019/03/18 05:40 * URL [ 編集] | page top↑
ヨンヨンさんへ
おはようございます。

NHKがワンセグからも受信料をとるという裁判は、高裁判決でNHKの言い分を認めた判決が出ていました。
原告は上告したと記憶していますので、いずれは最高裁が判断をくだすでしょう。
職員の平均年収が1,800万円とか2,000万円とか聞くと、そこまでして徴収しようとする意図がよくわかりません。

実際には、カーナビや携帯の中身までをNHKが知ることがありませんので、こちらから言わない限りは知られることもありません。

スポーツ中継はできるだけ大きな画面で見たいものです。
迫力が伝わってきますので、臨場感があります。
相撲も実はテレビで見たいという本音はあるのですが、”テレビ卒業”を模索している私としては、一種の実験として『AbemaTV』で観戦したのです。
by: 声なき声 * 2019/03/18 06:05 * URL [ 編集] | page top↑
おはようございます。
へえ、AbemaTVで大相撲放送しているのですね。はじめて知りました。

AbemaTVはウチのネット環境では結構途切れて見にくいので最近は観ていませんでした。(よく見ているTVerとGYAOは途切れないのです。)

こういう独自ネットTV放送がたくさんできるといいですけどね。

もっとも、そういう流れだとは思います。
by: ひまわり * 2019/03/18 08:47 * URL [ 編集] | page top↑
ひまわりさんへ
おはようございます。

私が大相撲中継をやっていることを知ったのは、今年になってからです。
ネットのニュースで見ました。
先週になって突然にそのことを思い出し、夕方の30分ほどだけですがネット観戦している次第です。

おっしゃっているように、今後は既存の放送局以外にも、ネット配信の形の放映が増えてくることと私も見ています。
by: 声なき声 * 2019/03/18 09:34 * URL [ 編集] | page top↑
まともな人はNHK見ないのだ!
そういう声なき声が聞こえてきましたw
NHKはあの集金システムを変えたくないからスクランブルにしないんだとかやたらたたかれてますよね。
俺なんてあの方針が気に入らずテレビを撤去したくらいだし。
NHKが解体されたら俺は赤飯を炊こうと思いますw
by: てかと * 2019/03/18 09:51 * URL [ 編集] | page top↑
てかとさんへ
受信料の徴収作業は協力会社に委託して、そこの会社の経営を成り立たせるために、辞めることができないとの風評を耳にしたことがあります。
それが真実を語っているのかどうかはわかりませんが、もし事実なら本末転倒の考え方であるのは明白です。
わが家では、20年以上も前から銀行口座から引き落とされていますが、年一括で13,990円です。
アマゾンプライムが3,900円で、私にとっての充実度はこちらのほうがはるかに高いです。
受信料も世の中の流れに合った金額になれば、集金をめぐるトラブルは格段に減るに違いありません。
by: 声なき声 * 2019/03/18 10:04 * URL [ 編集] | page top↑
こんにちは。
NHKの事なんですが・・・
先日来の某俳優兼ミュージシャンのコカイン事件の報道で知ったんですが、NHK大河ドラマって1本当たりの製作費が6千~1億円も掛かっているそうなんです。ビックリしました。
勝手に電波飛ばしておいて一般小市民から執拗に金を徴収して置いて、たかがドラマに年間で数億から10億以上もお金つかっているなんてのはどうも合点が行きません。そもそも大河ドラマなんてNHKの独りよがりにしか思えませんし。そこいらのヤ○ザより始末が悪い。
そういう私ももう何年も前からほとんどNHKばかり見ているんですがね。ああ悔し^^;(民放のバライティ番組の程度の低さがこうさせるんです)
by: ロードマンN * 2019/03/18 12:33 * URL [ 編集] | page top↑
↑ 計算間違えでした。
年間数十億使っていることになりますね。最悪!
by: ロードマンN * 2019/03/18 12:39 * URL [ 編集] | page top↑
ロードマンNさんへ
こんにちは。

大河ドラマで、とりわけ戦国時代ものとなると制作費が莫大な金額になるとは聞いていました。
多くのエキストラや武具、馬などをそろえるとなると、確かにそのとおりでしょう。
ただそれが1億円近いとは想像もしていませんでした。
映画会社が自社の資金で大金をつぎ込んで作品を作るのは自由ですが、視聴者から受信料を集めておいて湯水のごとくお金を使うのには首を傾げざるを得ません。

最近は、私はNHKからはかなり距離を置いています。
大河は見ませんし、朝ドラは第一回を見ただけです。
ニュースは地元局の朝の番組で見ていますし、ネットでの情報で十分です。

ちなみに、民放のバライティ番組や健康番組は全く見ていません。
面白くもなく、役にも立ちませんから。
by: 声なき声 * 2019/03/18 15:04 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
https://koenakikoe.blog.fc2.com/tb.php/3528-48427c1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する