FC2ブログ

2月23日(土)

昼食に、ニラレバ炒めを作ってみた。

砂ずりの記事を書いたとき、コメントをくださったかたから教えていただいてのものである。

30歳代にさしかかるまでは、実はニラレバ炒めというか、ニラが大好きであった。

学生時代に友人と一緒に学校近くの食堂に行って食べたのが、おそらく人生最初であったと思う。

レバーの食感とニラの匂いのアンマッチには抵抗を感じたものの、慣れてくるとそれが美味に感じられるようにになってきた。

味をしめて、それ以来、他の食堂でもニラレバ炒めを注文することが増えた。

トンカツや天ぷら丼に比べたら値段は安く、体にエネルギーが充満するような気がするので、積極的に食べたものである。

卒業して社会人となってからは、居酒屋メニューのニラ玉に乗り換えた。

ニラの濃厚な匂いを、玉子がやさしく包み込んでいる感覚はお酒のつまみによく合った。

しかし、そこまで付き合いの深かったニラであるが、結婚してからはプッツリと縁がなくなってしまったのである。

あるとき、飲みに行ってニラ玉を食べた次の朝、妻から
「ニンニクの匂いがすごい」
と言われたときが、きっかけだと思う。

おそらく、そのお店ではニンニクをたっぷりと使っていたのだろう。

決してニラを食べたことを非難されたわけではないが、それがあって以来、私のほうから指名でニラを注文することはなくなった。

今回、そのブロ友さんのおかげで、ニラと感激の再会を果たすことができたのである。

実に30年以上が経ったと思う。

いつもの流儀で調味料は全く使わず、ニラとレバーを炒めるだけのシンプルな手順であった。

レシピを読まないでやったので、適量というのがわからず、出来上がってからニラの量が少ないと感じた。

昼食は、野菜だくさんの焼きそばとニラレバ炒めである。

想像していた以上に満腹感があった。


2019023.jpg
ニラレバ炒めで青春を思い出す神経はどうかと、自分でも思う

20 : 11 : 54 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
<<2月24日(日) | ホーム | 2月22日(金)>>
コメント
こんばんは♪

30年以上ぶりのニラレバ炒めはよかったですね。
レバーは苦手なので食べませんが、
母がいる頃はニラは食べていました。
by: きっちゃん♪ * 2019/02/23 21:21 * URL [ 編集] | page top↑
きっちゃん♪へ
おはようございます。

ニラだけでも、十分においしいと思います。
何よりも刺激的な匂いがありますので、ご飯のおかずにも向いています。
しかも、栄養分に富んでいますので、今後は積極的に食べていこうと考えています。
by: 声なき声 * 2019/02/24 05:01 * URL [ 編集] | page top↑
おはようございます
あの記事の後に
私も食べたくて、ニラレバ炒めを食べました(^^)v
食べたい物を食べるって幸せです。

写真を見る限りでは、ニラが少し少ないかな(笑)
炒めると 生の時より 量が減りますから。

ニラが残ったら、もう一つ簡単なお料理を。

豚バラ肉に片栗粉をまぶして油で揚げます。
揚げるのがお得意でなければ、炒めても良いと思います。
後で、煮るので、半生でも大丈夫です。
それも面倒なら そのまま。

普通にうどんを煮て、その中に
上記の豚と ニラを入れて 
少し火を通して お終い。
とろみが付いて、美味しいうどんになります。

私は、片栗粉を付ける前に
豚肉に 軽くお醤油と味醂で下味を付けますが
調味料を使われないなら、そのままでも良いかと思います。

この時も、煮るとニラが少なくなりますから
かなりの量を入れても、大丈夫ですよ。
全国どこでも、売っているニラの量は同じくらいだと思いますので、
半分は、ニラレバ 半分はうどんで。
これで、ニラは残らず食べられるでしょう。
by: ヨンヨン * 2019/02/24 05:44 * URL [ 編集] | page top↑
ヨンヨンさんへ
おはようございます。

見た目はともかく、自分でも結構おいしかったと思っています。
ニラとペアにすることで、レバーも抵抗なく食べられます。
次は、ニラの量をやや多めに使って炒めます。

余っているニラは、玉子と一緒に炒めて”ニラ玉”で食べるつもりです。
これはお酒を飲むときに作るつもりでおります。

豚バラ肉を使ったメニューを教えてくださり、ありがとうございました。
豚も大好きですので、チャレンジいたします。

ニラの量は、私の行く何軒かのスーパーを見ますとお店によって違っています。
今回は、あえて少ない目のものを選んだのですが、次回はボリュームのあるものを選んでみます。

何かと貴重な情報を教えていただいて、ありがとうございました。
by: 声なき声 * 2019/02/24 05:57 * URL [ 編集] | page top↑
にら玉丼をよく作ります。子供が好きな一品ですね。にらって全然消化は良さそうではありませんが、、、。
by: TORU * 2019/02/24 08:58 * URL [ 編集] | page top↑
おいしそうにできましたね。
レバーってデリケートな食材ですよね。豚レバーでしょ?
加熱すぎると固くなる。
おいしいけど難しい。店のレバー炒めとか柔らかくておいしいけど、自分でやると火加減が難しい。
火入れが弱いと食あたりも怖い。
手ごわいですw
by: てかと * 2019/02/24 09:53 * URL [ 編集] | page top↑
天災バカボンというマンガで、確かバカボンのパパが、このニラレバ炒めというのが大好きで、どのレストランに行ってもそれを注文して「ない」と言われる…というような回を見てから、一度食べたいものだと思っていましたが、多分当時調理担当だった母がニラが嫌いだったらしく、一度も食べずに育ちました。
 大きくなってから中華料理店で食べて、これがニラレバかーあ。と感心した覚えがあります。
by: まこ * 2019/02/24 15:32 * URL [ 編集] | page top↑
TORUさんへ
子供がニラが好きというのは、なかなかイメージがわいてきません。
ただ滋養分には富んでいますので、食べるのアプラスになると思います。
私の場合、健康を考えて料理することを最優先しています。
食べるのは私一人ですので(汗)。
by: 声なき声 * 2019/02/24 16:02 * URL [ 編集] | page top↑
てかとさんへ
豚ではなくて、鳥のレバーです。
本当は豚レバーのほうが鉄分の含有量は多いのですが、スーパーでは売っていませんので手に入れることができませんでした。
豚レバーは精肉の専門店でないと、入手できないのかもしれません。

「火入れが弱いと食あたりも怖い。」というのは私も心得ております。
現に、ネットで読んだ話では、レバーにあたって相当に苦しんだ人もいるようです。
鶏レバーの場合は、熱し過ぎてもさほど固くなることはありませんが、おそらく豚だと食べづらくなってしまう恐れがあります。
難しいところです。
by: 声なき声 * 2019/02/24 16:14 * URL [ 編集] | page top↑
まこさんへ
天才バカボンのパパは、お正月にあげる凧を、間違えて海にいる蛸にひもをくくりつけて空にあげようとした人ですから・・・(笑)。
彼がニラレバ炒めが好きだとは私も知りませんでした。
私の実家でも、ニラレバ炒めは家庭料理として出てきたことはありません。
おそらく、両親はニラの匂いとレバーそのものが苦手であったのだと思います。
私も二十歳近くになるまでは、ニラレバ炒めは口にしたことがありませんでした。
by: 声なき声 * 2019/02/24 16:24 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
https://koenakikoe.blog.fc2.com/tb.php/3492-7d377a74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する