FC2ブログ

2月10日(日)

スーパーの前で、女性がリーフレットを配っていた。

背中には、大きく”歯”と書かれている。

言うまでもなく、歯科クリニックの開院を知らせるものである。

12日からの正式オープンで、「11日まで見学会を行っているので来てください」という内容の文書であった。

俗に、コンビニの数より多いと言われる歯科医院であるが、いま住んでいる地域でも以前に住んでいたエリアでも、歯科クリニックは至るところで見かけた。

コンビニどころか、過当競争のシンボルのごとく見られているガソリンスタンドよりも、歯科医院の数のほうが多かった。

見えないところで、おそらくは熾烈な患者の奪い合いが行われているに違いない。

そういえば、こんな話を聞いたことがある。

既存の某歯科クリニックのすぐ近くに新しい医院ができたて、そこは若い美人が院長をしているというので、多くの男性患者が堰を切ったように新しいところに移っていった、と。

その手の情報というのは、なぜか広まりやすい。

これは極めてまれな例であって、一般的には、患者はあまり考えずに最も通いやすい場所にある歯科を選ぶのではないか。

家や勤務先に近い、駅からすぐなどのように、その歯科がどこにあるかが医院選びの第一基準になっているように思う。

ちなみに、リーフレットを配っていた歯科のウエブサイトを見てみたら、「診察室は個室です」「治療にかかる前にしっかり説明します」「予防に力を入れています」「院内は清潔です」などと、どこの医療機関でも載せている内容のことが書かれていた。

医療のサイトにつき、行政からの規制があって事細かには表現できないのだろうが、これだと特徴をアピールできないので効果的な集客は望めない。

医師はインプラント認定医らしいので、インプラントに特化したページを設けてもよかったのにと、ひとごとながら思う。

ともあれ、私が歯科に行くのは年に2回の検診だけなので、いまお世話になっているところから変えるつもりはない。


20190210.jpg
シュガーレスのグミがおまけについていた

 
20 : 05 : 21 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
<<オールシーズン使える薄色レンズ搭載のオールタイムサングラス!3月11日より、クラウドファンディングプラットフォーム「Makuake」にて先行予約受付開始! | ホーム | 2月9日(土)>>
コメント
おはようございます
我が家の周囲は、病院が多いですけど
歯医者さんは、無いです。
歯医者さんに限らず、
みんなが病院を選ぶ基準は
通いやすい場所にあるですね。

中には、評判が良いからと
遠くまで通ってる人も居ますけど。

Yさんは、保育室が有ると言う理由で
今の歯医者さんに通っていますが
偶然にも、歩いて行ける場所です。
もし、保育室が無ければ、
Sちゃんは、我が家に預けるか
遠くに通う事になったと思います。
by: ヨンヨン * 2019/02/11 05:28 * URL [ 編集] | page top↑
ヨンヨンさんへ
おはようございます。

お近くには歯医者さんがないのですか。
それはご不便なことだと思います。

よほど特殊な疾病でない限りは、通いやすい医療機関を選ぶことがポイントではないでしょうか。
緊急事態になったときにはすぐに診てもらうことができますし、何より心理的な安心感があります。

小さな子供を持っている親にとっては、自分が治療を受けることに躊躇することも多いことでしょう。
ただ、私がお世話になっている医療機関では、保育園を備えているところはありません。
せいぜい、キッズスペースを設けているぐらいです。
Yさんはラッキーでしたね。
by: 声なき声 * 2019/02/11 06:01 * URL [ 編集] | page top↑
おはようございます♪

私みたいな治療になると、なかなか変えられませんが…
たしかに歯医者さんは多いですね。
通っている歯医者さんに行くまでに2軒あります。
by: きっちゃん♪ * 2019/02/11 07:05 * URL [ 編集] | page top↑
きっちゃん♪へ
おはようございます。

複雑な症状を抱えられた人の場合は、そうそうたやすく病院を変えることはできませんね。

散歩途中で、どんなコースをとっても最低3軒の歯科クリニックがあります。
供給過剰の傾向があると感じています。
by: 声なき声 * 2019/02/11 07:16 * URL [ 編集] | page top↑
コンビニやスタンドよりも多いと聞けば、過当競争もあるのでしょうがそれらを支えている健康保険の存在もありましょうか。
イギリスやドイツのブログ友達に教えてもらったのですが、欧州では虫歯は自己責任で保険の対象にならんのだとか。
もし日本で同様の対応を行った場合は、歯医者は敗者になるかもしれません。
今の3割負担から全額負担の治療費をかけるくらいなら必死に歯磨きするでしょうw
ひとは追い詰められれば信じられない力を発揮する、そういう生き物だと俺は信じたい。
by: てかと * 2019/02/11 10:42 * URL [ 編集] | page top↑
てかとさんへ
米国でも歯の治療は本人の負担です。
民間の保険に入るか、あるいは自腹を切って治療費を出すしかありません。
息子たちが渡米する前に、日本で検査をして悪い箇所がないのを確かめてから行きました。

健康保険が完備していることで、自分の体調管理に無関心な人が多いのかもしれません。
歯科に限らず、不調になれば医療機関に行けばいいと安易に考えている人は少なくないと思います。
とはいえ、人々の安心感を支えるためには国民皆保険の制度は有効に作用していると、私は見ています。

ウソか本当かはわかりませんが、開業している歯科医の5人に一人はワーキングプアだそうです。
設備投資に相当な費用がかかるでしょうから、それを回収するのは生半可なことではないでしょう。
by: 声なき声 * 2019/02/11 11:22 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
https://koenakikoe.blog.fc2.com/tb.php/3474-18ac359a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する