FC2ブログ

2月3日(日)

節分のお祓いを受けてきた。

毎年、欠かさずに行っている。

人間が生きていく上で、法律上はともかく、モラルの面では雑多な罪を重ねてくるのは避けられない。

私など、私利私欲の塊のような人間だから、自分ではコントロールしているつもりであっても、心の中は相当に罪やけがれで溢れているはず。

日本古来の神道は、お祓いを受けることでそんな汚れをも清めてくれるからありがたい。

この点が唯一絶対神をいただく一神教とは大きく違っている点であり、私が神道に安らぎを覚えるところだ。

もちろん、私にしたって、神前でお祓いを受ければ、物理的に心の中の不浄が洗い流されるなどとは、まさか考えていない。

ただ、溜まっていた自分の中の罪やけがれが雲散霧消したことを意識できるので、それが気分一新につながる。

これで、一旦はリセットしたことになる。

そして、1年も経てば気がつかないうちに汚れが蓄積していくので、あらためて節分のときに清めていただくというサイクルになっている。

今日は小雨そぼ降る中を神社に詣でた。

実は半年前から天気運が良くなったようで、私が外を歩いているときには激しい雨にやられたことがない。

昨日の予報では、1時間に10㎜の雨の予報が出ていたが、実際には傘がなくても歩けるようなレベルのものであった。

参拝を終えて家に帰り着いたところで、窓を打つ強い雨の音を耳にした。

少し時間がずれていれば、冷たい雨に濡れていたに違いない。

明日は立春。

喪中で新年の初詣に行けなかった私には、新しい年が始まるような気がする。


20190203.jpg
趣旨はそのとおりだが、「神罰が下ります」はないと思う。

20 : 25 : 37 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<初心者向けボランティアガイド英会話コース3月開講!  日本を訪れる外国人ゲストをおもてなし | ホーム | 2月2日(土)>>
コメント
おはようございます
何の宗教に寄らず
心をリセットさせるのは良い事ですね。

私が毎朝 戸を全開にして
一日の始まりに 
外の空気と入れ替えるようなものです。
ちょっと 次元が違いますか(笑)

私は、母親の影響で
キリスト教的な考えで育てられました。
お祈りをするのは、神頼みではダメだ
罪やけがれを持たない強い私になる為に
力を貸してくださいとお願いするのだよ。
そう教えられました。

それでも、妬んだり 怒りを感じたり
降って欲しく無い日に 大雨になったり・・
また・・次元の違う事を書いてスミマセン(笑)
by: ヨンヨン * 2019/02/04 06:00 * URL [ 編集] | page top↑
ヨンヨンさんへ
おはようございます。

「神頼みではダメだ」とのお母さまの教えはその通りだと思います。
祈って叶うならば、これほど楽なことはありません。
明確なビジョンを持ってアクションを起こすことが大切で、そのことを神に誓うというのが出発点だと思っています。
私は、参拝のときは、守っていただいていることへの感謝を伝えています。

曽野綾子さんもカトリック信仰を持っていますが、彼女のエッセーを読むと、怒ったりサボったり、普通の人と変わりません(笑)。
あるところでは、「もし信仰がなければ、私は手の付けられない存在になっているでしょう」と語っていたのが印象的です。
by: 声なき声 * 2019/02/04 06:48 * URL [ 編集] | page top↑
なるほど・・・。そういう教えが節分にもあるのですか。
俺はリセットされた!とか考えると気分もいいではありませんか。
せいぜい鬼よけのイベントだ、くらいしか普段感じないのですけど。
そもそも、人の中に鬼がひそむというより、鬼よりひどい連中が跳梁跋扈している時点でいまさら穢れるとか気にしたら負けな気がします。
プラス思考であの連中と比較すれば俺たちは仏なんじゃないか、くらいにはwww
いや失礼しました。ローマ法王もさじを投げた死んで生まれ変われというほどの大罪をかかえる民族が大陸にいるようなのでつい。
by: てかと * 2019/02/04 13:02 * URL [ 編集] | page top↑
てかとさんへ
節分の教えというよりも、私の理解の仕方なのです。
神道はイデオロギーでも理論でもなく、あくまでも日本人の感受性の世界を語っていますので、標準的な日本人であれば自然と神道的発想を身につけているのではないでしょうか。

ローマ法王が「中絶は人権ではない」と語ったことがに話題になっています。
カトリックだからというのではなく、それは自明のことだと思います。
しかも、無抵抗の胎児を殺害するのですから、万死に値する行為であると言うべきです。
by: 声なき声 * 2019/02/04 13:30 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
https://koenakikoe.blog.fc2.com/tb.php/3465-6d2f5f88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する