FC2ブログ

12月3日(月)

今年初めての忘年会があった。

会社を去ってからというもの、忘年会の数は劇的に減った。

現役のときは、とりわけバブルの余韻が漂っていたころは、11月後半ごろから忘年会が入り、両手の指では足らないほどの数をこなしていたものだ。

今にして思えば愚かな話であるが、出されるものはすべて余すところなく食べ、お酒も完全に満足するまで飲んだ。

ちなみに、私は四柱推命では”食神”(しょくじん)の星を持っている。

飲食が大好きなのは、私の意思というよりも持って生まれた星のなせるわざなのだ(汗)。

幸いにして大きな病気にはならなかったものの、塩分過剰な体質はその時代に蓄積されていたのかもしれない。

さすがに50代の半ばともなると、自然と自制心がはたらくようになってきたが、暴飲暴食ここに極まれりの時代の負の遺産はいまだに暗い影を落としている。

だから、健康診断のたびにビクビクしなければならない。

実は、今日の忘年会のお店は、まさに満腹食堂そのもので、ボリュームの多さで知られている。

鳥もつ鍋をお得意のレパートリーとしているお店で、味も結構行けるだけについ食べ過ぎてしまう。

以前は、このお店での忘年会の翌朝は例外なく胃がもたれていた。

朝食を摂るのもうっとうしいほどであった。

私の年代の人間だと、食べ物を残すのはもったいないという価値観が親から刷り込まれているのではないか。

それにプラスして、私の場合は食い意地が張っているものだから、とにかく目の前にあるものをすべて食べていた。

自分の健康を意識しだした近年は、食べものを残すことの勇気も持ち合わせるようになったのは、大きな進歩だと我ながら思う。

また、今日は12月とは信じられないほどの暖かさであり、帰宅のときも寒さが全く気にならなかった。

今日は、心地よく楽しめた忘年会であった。

 
21 : 40 : 04 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
<<世界最高峰のマインドスポーツ『テキサスホールデム ポーカー』日本開催のポーカートーナメントにLILY7(リリーセブン)が協賛 | ホーム | 12月2日(日)>>
コメント
おはようございます
近年は、気の合うお友達や家族との 
忘年会とは呼べない集まりは有りますが
いわゆる 団体の忘年会への出席はしていません。

過去には、同じ目的を持って活動していましたが
年と共に それぞれの生活が異なってしまって
会話も つまらなくなってしまったからです。
私の方の求める話題が
狭まってしまったのかも知れませんが・・(^^ゞ

声なき声さんのように
何事にも問題意識を持って、捉えたら
知識も広がると思いますが
「こんな所で吠えたって・・」(笑)
日和見になってしまったのでしょうか(^^ゞ
by: ヨンヨン * 2018/12/04 06:10 * URL [ 編集] | page top↑
ヨンヨンさんへ
おはようございます。

私が出席した忘年会は、学校の卒業生を対象にしたものですので、”団体”とはいえ、煎じ詰めれば気の合う人同士の集まりということになります。
ですから職業もさまざまで、政治家や社長、弁護士、社会保険労務士、年金生活者など実にさまざまです。
仕事の話を聞いていると、世に中には自分の知らない世界がたくさんあることに気づかされます。

顔ぶれが全く一緒だと、おっしゃるように話題が同じものばかりになってしまうかもしれませんね。
昨日の会合など、席は完全に自由で好きなところに座りますから、毎年、違った人間と話をすることになります。
いつも新鮮な話題を楽しませてもらっています。
by: 声なき声 * 2018/12/04 06:29 * URL [ 編集] | page top↑
こんにちは~!!
私も以前は出されたものは残さずたべるようにしてましたが、ここ数年からやめました。
自分で頼んだものはたべますが、コースなんかはじぶんでコントロールできないので、もったいないけど仕方ないと言い聞かせます(笑)
by: かっぱのしんちゃん * 2018/12/04 07:54 * URL [ 編集] | page top↑
かっぱのしんちゃんへ
大変に賢明なご判断だと思います。
私の場合、自分の食欲を制御できないこともあって、出されたものは完食することにエネルギーを注いでしまうのです。
若いころは、たとえばコース料理で同じテーブルに欠席者がいた場合、余分のものも食べたことがありました(汗)。
by: 声なき声 * 2018/12/04 08:22 * URL [ 編集] | page top↑
食べ物がない時代だから食べ物を粗末にしてはいけない、という状況に即した教えで拝聴すべきですが・・・。
現代は食べ物がありすぎてフードロスなどというなげかわしい問題を抱えるようになりました。
おまけに日本人は燃費のよい体でほっとんど栄養のないようなものでも低燃費で動くとか。
飽食の時代にあってその低燃費ボディにやまほど食わせたら病気になるのは当たり前。
病気になってはじめてしる日本人DNAのすごさ、己の体のしくみにふるえあがっております。
by: てかと * 2018/12/04 08:47 * URL [ 編集] | page top↑
てかとさんへ
人類の何万年かの歴史というのは、飢えとの戦いであったと伝えられています。
人間の体は少ない食事量に耐えられるような仕組みになっているので、必要以上に食べ過ぎると、逆にマイナスの影響をもたらすリスクがあると聞きました。
常にお腹一杯という状態は不自然そのものだと思います。
私も、今一度、猛省をいたします。
by: 声なき声 * 2018/12/04 09:55 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
https://koenakikoe.blog.fc2.com/tb.php/3356-a2c5a92b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する