FC2ブログ

11月20日(火)

先日のプリンタ不調のことで、メーカーからメールでの返事が来た。

何回かやりとりがあったのだが、たぶん給紙ローラーが損傷しているのが原因だと思われる。

さて、このサポート担当の人はピントがずれている。

私が知りたかったのは、「給紙ローラーの位置はどこか?」ということであった。

添付のマニュアルに載っていたイラストではわからないから、それを教えてほしかったのだが、担当者からのメールに記載されていたリンクをクリックすると、マニュアルと全く同じイラストのサイトが出てきた。

まるで漫画のような話で、苦笑を禁じ得ない。

仕方なしに、おそらくはここであろうと思われる実機の部分を写真に撮って
「これでよろしいですか?」
とメールで回答を求めた。

その返事として、
「はい、そこを掃除してください」
とあったので眼鏡のレンズ拭きできれいにしたのだが、それで試しても2枚までは送り込みができるが、そこから先はウンともスンとも言わない。

担当の話では、
「これでだめなら当社で修理をするが、費用は有償となる」
とのことで、なんと本体プリンタとほぼ同じ価格が示されたのにはびっくりした。

しかし、どこの世界に3年前のプリンタを購入価格と同じ金額をかけて修理する人がいるのだろうか。

常識でわかるはずだし、こういった話を持ち掛けてくること自体、顧客サービスをする意思は爪の先ほどもないことが明らかだ。

かくなる上は、手差しトレイから1枚ずつ印刷していくしかない。

壊れた部品が自然に直ることはないが、ハガキの大量印刷以外の機能は使えるので、処分するのはもったいない。

来年の今ごろ、このプリンタをどうするかについてはじっくりと考えるつもりだ。

ただし、このメーカーの製品に買い替えるという選択肢は全くない。

 
19 : 48 : 23 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(12) | page top↑
<<冬のおしゃれの大定番!着まわししやすいニットで決まり! シンプルかわいい「ニット」アイテムが人気! ~フェミニンなシルエットの、セットアップやスカートもおすすめ~ | ホーム | 11月19日(月)>>
コメント
私のプリンター キャノンの古参機ですが 給紙ローラーが滑り、エラーマーク点灯。「カセットに用紙がりありません」ペーパーは入っていますが、ローラーゴムが空回りしている様子。サポートセンターに℡。回答は 貴記事と同じ回答購入した方が安い。。カセットにプラスチックの下敷きを入れ、1枚ずつ手差し印刷(笑)最近のメーカーは、家電製品一般に「保障期間」過ぎると 製品並みの修理費用必要。要は新しく買いなさい、と言う事。修理して使うと言う考えは、もう遺跡ですね。40年前東芝にいましたが、当時の製品は「丈夫で故障しない」修理もOKでした。現在はそんな「非生産的経営」はなくなりましたね。以前大枚30万もだして購入したオーディオ 保証期間切れ直後に故障。アンプ部分のみで20万掛かると言われ、修理断念。メーカーの良心は消え、生産 販売効率重視の世の中ですネ。
by: kitchenplaza * 2018/11/20 21:39 * URL [ 編集] | page top↑
そういうアフター対応をされると、次の候補から外れてしまいますよね。一人のお客様を失ったことになってしまいますね、、、。
by: TORU * 2018/11/21 03:41 * URL [ 編集] | page top↑
kitchenplazaさんへ
貴重な体験談を聞かせていただき、ありがとうございました。
やはり、そんなものなんですか。
ユーザーにしてみれば、できるだけ長く使いたいとの思いは誰しもが持っているものです。
今回の場合は、おそらくはローラー部の交換だけで済むのではないかと考えています。
それなのに、新しく買いなおすというのは合点がいきません。
しかも、”古参”ではなく「3年目」なのです。
「物を大事にする」という美徳は家電業界からは姿を消してしまったのかもしれません。
by: 声なき声 * 2018/11/21 04:57 * URL [ 編集] | page top↑
TORUさんへ
はい、見事なまでにイメージダウンしました。
そのメーカーのプリンタ製品だけでなしに、他のジャンルの製品への好感度も下がってしまいます。
家電メーカーにとっては、アフタケアは利益を生まないから大きな負担だとは思いますが、逆に考えれば、それをしっかりとやれば消費者の信頼を得られることは間違いありません。
by: 声なき声 * 2018/11/21 05:01 * URL [ 編集] | page top↑
おはようございます♪

修理の費用が本体とほぼ同じ…
それは新しいのを買えと言っているようなものですね。
by: きっちゃん♪ * 2018/11/21 05:55 * URL [ 編集] | page top↑
おはようございます
そう言う結果だったのですか(>_<)
メールの返事が来たのに がっかりですね。

最近は 新機能が付いた物が
次々に発売され、気に入って買った物を
大切に使いたいと言うユーザーの気持ちなど
お構いなしなのですね(>_<)

街の電気屋さんが廃業に追い込まれるのも
このような姿勢のメーカーのせいなのでしょう(>_<)

そんな事なら、一層の事
サポート電話番号など無い方が良いと思えてしまいます。
ユーザーをがっかりさせるだけですから(>_<)
取説に「不具合が出たら、自分で直せないなら
    買い替えてください」とでも書いて欲しいですね(笑)
by: ヨンヨン * 2018/11/21 05:58 * URL [ 編集] | page top↑
きっちゃん♪へ
おはようございます。

はい、「修理はしたくない、新品を買ってください」とのメッセージにほかなりません。
もちろん、会社としては機械が売れないことには収益が上がりませんので、1台でも多く売りたいというのが本音でしょうが、これでいいのかなかとはなはだ疑問に思います。
by: 声なき声 * 2018/11/21 06:15 * URL [ 編集] | page top↑
ヨンヨンさんへ
おはようございます。

メーカーからの返事には失望しました。
要は、保証期間が切れているので無償の修理はしない、ということですから。
それは理屈では正しいのですが、ものの言い方というものがあると思います。

おっしゃっているように、「サポートは一切いたしません」という意味の言葉をオブラートに包んだ表現で書くほうが、筋は通ります。
ユーザーにしてみれば、それを見れば
この商品でトラブルがあっても自分で解決しなければならないとわかりますし、それを了解した上で買うのですから、文句は出ません。
現に、「売り切り」を条件に安値で販売している家電は少なくありませんから。
by: 声なき声 * 2018/11/21 06:26 * URL [ 編集] | page top↑
そのプリンタはもうだめだ。
新しいのを買いましょうぞ。
by: てかと * 2018/11/21 08:56 * URL [ 編集] | page top↑
てかとさんへ
手差しトレイから、1枚ずつ印刷をしました。
いま、作業が終わったところです。
その都度、プリンタのOkボタンを押さないといけませんので、つきっきりでハガキを入れて、ボタンを押すという作業をやりました。
100枚弱なのに、40分以上もかかったのです。
大掃除並みの手間でした(汗)。
by: 声なき声 * 2018/11/21 09:32 * URL [ 編集] | page top↑
こんにちは&初コメです。
いつもうちの方にも来ていただいてありがとうございます。

私も大筋は皆様に賛成ですが、
一応別角度から一言。

家電は量販店の価格競争力が強いので、
メーカはたゆまぬコストダウンと量産効果で対応するのですが。
修理は基本個別対応で、人件費が多くを占めます。
なので、極端な言い方をすると、
製品の値段が20万から2万に下がっても、
修理費は人件費の上昇と部品のコストダウンが相殺して20万の頃のまま。
ま、ここまで極端ではなくても、
修理費の方が下がりにくいんです。
それで、最近は以前の修理費程度で新品が買える、なんて逆転現象が起こるわけです。

それと、サポートの対応が悪いとかいう話は
全然別ですけどね。
イメージダウンに大いに貢献してますよね。
by: shah-san * 2018/11/21 11:14 * URL [ 編集] | page top↑
shah-sanさんへ
こんにちは。
コメントをいただき、ありがとうございます。
こちらこそ、いつも可愛いネコを見せていただき、ありがたく思っています。
マンション住まいですので、ネコも犬も飼うことができません。
ネットで動物たち見るのは私にとっては貴重な楽しみなのです。

大変に的を射たご指摘をいただき、目からうろこの思いです。
今回の一件で記事には書かなかったのですが、「修理は一律〇円です」というメールの文章に首を傾げたという事情がありました。
ローラー部品を換えるだけでもその金額を負担しなければならないことに大きな疑問を持ったのです。
もちろん、機械の運送費もその中には入っているのでしょうが、すべて同じ料金に設定しているのはいかがかなと感じました。
メーカーサイドからすれば、人件費のかたまりのような業務で、しかも収益には直結しないというのであれば、回避したくなるのは当然のことでしょう。
もちろん、ユーザーの立場からすると、全く違った思いを持つのも致し方ないと思います。

私は気がつかない点が多いですので、今後ともお気軽にご指摘をくださいましたらうれしく存じます。
by: 声なき声 * 2018/11/21 11:52 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
https://koenakikoe.blog.fc2.com/tb.php/3336-2ec59a3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する