FC2ブログ

11月6日(火)

人間とは、楽な生活に慣れてしまってそれが当たり前になると、そのレベルを下げては生活をすることができない、とよく言われる。

今日、アフリカ西海岸にある発展途上国に、2年間にわたって現地の学校の先生として赴任していた若い女性の話を、又聞きではあるが耳にした。

彼女はかねてよりアフリカに憧れを抱いており、しかも現地での生活費はすべて派遣する団体が負担するという話に惹かれて、意気揚々と応募した。

日本のような便利な生活環境ではないと自分でも予想していたし、事前に話もたっぷりと聞かされていた。

そんな状態でこそ自分の力を試すことができると、むしろ闘志を燃やしたらしい。

しかし実際に行ってみると、電気はない、水道は通っていない、シャワーがないなど、原始時代とほぼ変わらない社会であったという。

想像を絶するほどの不便さに、たちまち茫然自失の状態に陥ったという。

中でも、悲惨を極めたのがトイレがないということ。

どうしたかというと、近くの茂みの中で誰も見ていないことを確認してから済ませていたらしい。

若い女性にとっては言葉にはできないほどの恥辱であったと思う。

2年の任期を終えて日本に帰ってきた彼女は、
「もう二度と行きたくない」
と語ったのは、当然かもしれない。

私も、会社を辞めるときは”贅沢”を捨て去る覚悟をしたものの、いまだに車は処分できないでいる。

週に1回ぐらいしか使わないのに、すぐに使えるという便利さに慣れてしまったら、手放すことが困難になるからだ。

来年の7月が車検なので、そのときまでには結論を出さないといけないが。

 
スポンサーサイト
19 : 58 : 35 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
<<11月7日(水) | ホーム | 11月5日(月)>>
コメント
こんばんは♪

覚悟していても体に染みついていますから…
私なんか順応性0です^^;
by: きっちゃん♪ * 2018/11/06 21:37 * URL [ 編集] | page top↑
きっちゃん♪へ
おはようございます。

楽な生活に慣れてしまったら、そのレベルをさげることが難しいです。
私の場合、その傾向は非常に強いと自分でも思っています(汗)。
by: 声なき声 * 2018/11/07 04:33 * URL [ 編集] | page top↑
おはようございます
人間の欲望は、底知らずですから
一度 広げた便利さから抜け出す事は、難しいと思います。

家計も 一度贅沢してしまうと
縮小するのは、難しいですね(>_<)

今回の引っ越しで、かなりの物を捨てましたが
あまり不自由は感じていません。
今まで、要らない物をたくさん持っていたと言う事に
なりますね(^^ゞ
それでも、収納場所が変わって
ニトリや100均で買ってますから
何も捨ててないと言う事になるのかも・・(笑)

乾燥機能の付いてる洗濯機
乾燥機能のあるお風呂で、
朝の洗濯物が 午前中には乾いてしまうので
下着など、2枚あれば十分になりました。
これは、贅沢で無くなったのか
贅沢になったのか・・・・(^^ゞ
by: ヨンヨン * 2018/11/07 05:58 * URL [ 編集] | page top↑
ヨンヨンさんへ
おはようございます。

洗濯機がなくなったら、私は困り果ててしまいます。
ずっと昔は手で洗っていたのですが、今の時代には”洗濯板”もありませんし、その手間が大変です。
クリーニングに出そうということになってしまいます。

私も引っ越しのときにたくさん捨てましたが、結局、新居に来てからいろんなものを買い足して行っています。
結果的には以前と変わっていません(汗)。

サンマを焼くのも、昔は母が七輪で煙に包まれながら団扇であおいでいた場面が印象的ですが、グリルがあれば何の苦労もいりません。
私など、開発途上国では生きていけません。
by: 声なき声 * 2018/11/07 06:27 * URL [ 編集] | page top↑
おはようございます。
それでもその人は2年頑張ったんですね。w

車、私は引っ越したら手放す予定です。

買ったばっかりなのにがっかりですが、今のところよりは便利なとこなので。

by: ひまわり * 2018/11/07 08:01 * URL [ 編集] | page top↑
ひまわりさんへ
おはようございます。

はい、その女性は2年の任期を全うしたのですから私からすれば十分な賞賛に値すると思います。
私なら1週間で値を上げてしまうでしょう(汗)。

マイカーを持つのであれば、タクシーを使ったほうが費用面では安くつきます。
ただ、すぐに車を使いたいときにタクシーが来るのを待たなければならないのが不便です。
今は父もいなくなりましたので、緊急で車を使う必要もありません。
それだけに、費用対効果を考えているところです。
by: 声なき声 * 2018/11/07 08:24 * URL [ 編集] | page top↑
アフリカの暮らしと日本の暮らしは比較にならないのが娯楽の量と質でしょうね。スマホとか使えない地域のほうが多いでしょうし。
これって収入が激減するのを恐れるのと似てますね。
仕事辞める前と同じ生活水準を年金生活でも続けたいと願う本能みたいな。
俺は会社辞めた後、質素な生活が送れるかわざと財布の金を減らして試験を行いましたよw
本当にきつかったからわかります。
やはり日本は最強だと声を大にして言いたいです。
by: てかと * 2018/11/07 11:44 * URL [ 編集] | page top↑
てかとさんへ
社会そのものが安全であるのも、日本とは比べ物になりません。
日本から彼女宛てに化粧品や薬など、いろいろなものを送ったのですが、ずべて途中で抜かれてしまっていたそうです。
日本では事件になりますが、その地域はごく普通の出来事だとのこと。

私も、分不相応なお付き合いや買い物は退職時に整理しました。
あれから1年以上が経ちましたが、とりたてて不便も不自由も感じていません。
ということは、まだ相当に贅沢をしていることになります(汗)。
by: 声なき声 * 2018/11/07 11:56 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
https://koenakikoe.blog.fc2.com/tb.php/3316-cc109869
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する