FC2ブログ

10月22日(月)

街を歩いていると、意味のわからないものに出くわすことがある。

どこででも見かける町の不動産屋さんの店頭に看板が立ててあって、
「いつの時代でも不動産が一番!」
と書いてある。

このメッセージは誰に対して発せられたものなのか?

おそらく、そのお店の立地からして地域住民で部屋を借りたい、あるいは貸したいと思っている人が対象なのだろうと想像できる。

しかし、一般の世間の人が
「不動産が一番!」
と呼びかけられても、リアクションのやりようがないではないか。

もしこの看板が就活生対象の業界セミナー会場に置かれていたのであれば、学生に不動産業界の有望性をアピールするために
「不動産業界は一番活気にあふれていてやりがいがありますよ」
と訴えていると理解できる。

あるいは、不動産投資を仕事にしている会社のサイトであったら、
「またバブルが起こったら不動産投資は儲かりまっせ」
とのキャッチコピーとして違和感はない。

しかし、私が見た看板はお店の真ん前にあって、明らかに普通の通行人に見せるように置かれている。

その意図がどこにあるのか、考えれば考えるほどわからなくなる。

おそらくは、
「不動産の売り買いや貸し借りの相談なら、ウチの店を使ってください」
ということを訴えたいのだろうと思う。

しかし、メッセージを発信するなら、それがちゃんと相手に伝わらないことには意味がないと思う。

40年ほど前、「地下鉄の電車はどこから入れたのか。それを考えると一晩中寝られない。」という漫才があった。

今回の看板の件はそれほど深刻な問題ではないので、今晩もしっかり睡眠はとれると思う。


20181022a.jpg


19 : 55 : 34 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
<<10月23日(火) | ホーム | 日越交流フォーラム開設5周年記念イベント 及び日越外交樹立45周年記念として「日越ビジネスEXPO」開催のお知らせ>>
コメント
こんばんは♪

これでは言葉足らずで意味が通じませんよね。
簡略もいいですが、略するところが違うような…

子供の頃、地下鉄の電車を入れたのは天六と答えていました(*^▽^*)
by: きっちゃん♪ * 2018/10/22 21:42 * URL [ 編集] | page top↑
きっちゃん♪へ
こんばんは。

意味不明なメッセージであるだけに、強烈な印象を与えているのも事実です。
注目されるという意味では、宣伝効果はあると思います。

なるほど、「天六」だと地下鉄の電車が行き来していますので、それは間違いではありません(笑)。
ただ、あの漫才師はたしか関東の人であったと記憶しています。
東京の地下鉄にも、「天六」のように地上に出られる駅があるのでしょうか。
by: 声なき声 * 2018/10/22 21:54 * URL [ 編集] | page top↑
おはようございます
テレビで、こんな所に・・
面白看板のような番組が有ったと思います。

この看板は、面白いと言うより
意味不明看板ですけど(笑)

何?と思わせるところで、目を引くと言う効果も
有ると思いますが、不動産では 意味が無いです(^^ゞ
おっしゃるように
「不動産のことなら ここが一番」なら
分かります。
 
世の中には、一人よがりのメッセージも
多いですけど・・(^^ゞ
by: ヨンヨン * 2018/10/23 06:05 * URL [ 編集] | page top↑
ヨンヨンさんへ
おはようございます。

私もそういったテレビ番組を見たことがあります。
この看板も、その番組で紹介してもらって、出演している人たちから”意見”をうかがってみたいと思います。
もしかしたら、私の疑問を氷解させるような話があるかもしれません。

テレビのCMを見ていても感じますが、制作者の”一人よがり”としか思えないものが目立ちます。
そのCMを作った人にしてみれば会心の作品だと満足しているのかもしれませんが、視聴者に趣旨が伝わらなければ広告費用がもったいないだけです。
by: 声なき声 * 2018/10/23 06:24 * URL [ 編集] | page top↑
あきらかに「投資」先を誘導した看板ですね。
日経平均や米国株式市場が不安定に動くからこんなときでも不動産投資で儲けましょう、って誘いなんでしょう。
俺はそうみた。
実際のところ家賃の収入とかは景気の動向にあまり関係ないですしね。家賃の分だけ必ず収入になる。
声先生も今のマンションを人に貸して賃貸収入を得るオーナーになるチャンスもある、ということ!
by: てかと * 2018/10/23 14:29 * URL [ 編集] | page top↑
てかとさんへ
そのお店の規模からしても、投資業務を行っているようには見えませんでした(汗)。
どう見ても、アパートかマンションの部屋の賃貸と仲介が仕事の大半だと私の目には映ります。

不動産投資をする場合、空室リスクがつきまといます。
借金して物件を買ったものの、その部屋に入居する人がいなければ元が取れません。
賃貸収入が確実にはいってくるならば、物件オーナーというのは極楽とんぼの仕事だと思います(笑)。

by: 声なき声 * 2018/10/23 14:55 * URL [ 編集] | page top↑
日本中が住宅バブルに浮かれていた頃を思い出します。ある高級建売住宅 当初3億の価格が転売を重ね最終的には30億。転売される度に濡れ手にアワを手にする者。3%の手数料 30億だと 9千万。こんなクレージーな事が当たり前に行われ 誰も疑わなかった・・・一般庶民も手にした住宅が一夜ににして価格暴落。住宅ローンに泣かされ、自己破産した方も。「土地神話」を認めていた国 誰も責任はとりません。この会社の看板 私は「怒り」を感じます。今埼玉 新座市はミニバブル進行中。空き地 古家が消え 建売住宅が出現。20-30坪の土地に隣の家が隣接する住宅。50年後のスラム化を恐れます。一方で空き家問題もあります。欧米の様な街並100年経っても素敵に残る住まい。望めませんネ。
by: kitchenplaza * 2018/10/23 20:57 * URL [ 編集] | page top↑
kitchenplazaさんへ
かつてのバブル時代は、今から思えば正気の沙汰とは思えません。
住宅や土地というのは本来は人間が住んだり、仕事をするためのものであるのが、投資というか投機の道具になっていたことがありました。
当時は、金曜日の晩ともなれば、歓楽街は浮かれた人で溢れかえっていたものです。
金銭感覚が麻痺していたとしか言いようがありません。
by: 声なき声 * 2018/10/23 21:06 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
https://koenakikoe.blog.fc2.com/tb.php/3293-17360e94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する