FC2ブログ

10月19日(金)

私の年代の人間からすれば、まさにスーパースターそのものの沢田研二さん、通称ジュリーの行動が、世間を騒がせている。

久しぶりに彼の顔と名前をテレビで見た。

二十歳以下の人なら、彼のことを全く知らないという人も多いことと思う。

往時は、歌の魅力だけでなしにルックスの甘さでも一世を風靡していた。

だから、ジュリーと言えばモテ男の代名詞にほかならなかった。

そんな彼にまつわるアクシデントである。

公演が始まる直前に出ないと言い出したものだから、当然ながら大騒動になった。

舞台の仕事をする人は、とにかく自身の病気以外では絶対に休めないという。

身内の不幸があっても舞台に立つ責任があるらしい。

そんな世界での出演拒否である。

客の中には会社を休んできた人や、遠方から電車を乗り継いてジュリーを見たい一心でやってきた人もいるだろう。

ジュリーの弁によると、9.000人の観客と言われていたのに、当日になってチケットが売れたのは7,000人であると判明したことが引き金になったらしい。

ここで考えたのだが、もし私がイベント会社の立場にあったとしたら、今後のためにどんな再発防止策を講じるか、ということである。

会社勤めをしているときは、事あるごとに再発防止策を考えさせられたものだ。

芸能の世界の事情には疎いので、しかるべき妙案などあろうはずはないが、契約書で縛っておくことはできなかったのだろうか。

頭に浮かんだアイデアは、公演の契約書の中に、
「チケット販売枚数にかかわらず公演は挙行する」
の趣旨の一文が入っていれば、出演者を少なくとも心理面では拘束できる。

実は、ジュリーの気持ちはわからなくもない。

”9,000人”と”7,000人”のギャップは大きい。

プライドの高いアーティストなら怒り心頭は当然だ。

以前に、駆け出しの漫才師が舞台に出たものの、客が一人もいないことがあったという話を思い出した。

しかし、それでも漫才はやったという。

そんな状態なら”7人”でもうれしいだろうが、ジュリーともなれば話は違う。

彼にしてみたら屈辱感が充満して、理性が飛んでしまったのかもしれない。

そんな彼でも、契約書の文言があれば、本心は別にしても公演は務めたと思う。

ただ、今回はたまたま観客数が少なかったことがきっかけになっていただけであって、ほかにもファクターは幾らでも考えらえる。

しかし、それはその問題が起こってからでないと、防止策も考えられないと思う。

ややこしい世界だ。

 
19 : 48 : 31 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(7) | page top↑
<<今年の人気急上昇イルミネーションは?(一社)夜景観光コンベンション・ビューロー(代表理事・丸々もとお)では、第六回イルミネーションアワードでの投票(全国5542名の夜景鑑賞士)を元に注目イルミを発表。 | ホーム | 10月18日(木)>>
コメント
こんばんは♪

アーテストからすると、空席は気になるようです。
たしかに他にも理由はあるようですね。
でも、ファンのことが置き去りににされているのが残念です。
by: きっちゃん♪ * 2018/10/19 22:48 * URL [ 編集] | page top↑
きっちゃん♪へ
おはようございます。

主催者が空席を埋めるためにブロックをしていたことに気づいて、ジュリーが激高したそうです。
ぽっかりと空いた席というのは、集中力を奪ってしまいますからね。

客のことももちろん大切ではあったのでしょうが、自分のプライドのほうがそれを上回ったのでしょう。
代償は高くつくに違いありません。
by: 声なき声 * 2018/10/20 04:54 * URL [ 編集] | page top↑
おはようございます
ジュリーの公演問題ですが・・
本当にファンを大切にしているなら
仮に チケットが1枚しか売れなくても
出演すべきだと思いました。
7,000枚も売れたのだから 良いと思います。

これは、昔の売れて居た頃の
幻想を見ているからではないのでしょうか
もっと ファンがいるはずだと・・(^^ゞ

当時のファンの高齢化もあり
地域による違いもあり、
現実は、そうなんですよね(>_<)

それ以外の原因が有ったと
憶測されても仕方ないですね。

ファンに対しての謝りのコメントが有りましたが
本当に申し訳なく思ってるの?(笑)
by: ヨンヨン * 2018/10/20 05:40 * URL [ 編集] | page top↑
ヨンヨンさんへ
おはようございます。

こういった仮定の話は意味がありませんが、私がジュリーなら1枚でも出演します。
そのことでまた話題になる、という打算もありますが(汗)。

「7,000枚も」というのは、彼にしてみれば”7,000枚しか”売れなかったというので屈辱感にうちのめされたのだと思います。
過去の栄光が記憶に残っていると、そんな錯覚を持ってしまうのでしょう。

「ファンに対しての謝りのコメント」の中で、”責任はぼくにあります”と言っていました。
しかし、どんな形で責任をとるのでしょうか。
チケット代の返金だけで済む話ではありません。
7,000人の人の楽しみを、自分のプライドだけで台無しにしてしまったのですから、生半可な責任の取り方だと天が許さないでしょう。
by: 声なき声 * 2018/10/20 06:02 * URL [ 編集] | page top↑
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: - * 2018/10/20 09:58 * [ 編集] | page top↑
おはようございます。

ジュリーのプライドもわかるんですが
この時しか来れないという
事情のある方もたくさんおられたと思います。
でも、ファンの方々が納得するのであれば
そういう形もあるのかなぁと。

私個人としては、絶対ありえない形ですが(^_^;)
by: ぴい * 2018/10/21 10:30 * URL [ 編集] | page top↑
ぴいさんへ
おはようございます。

ファンの中には、
「病気でなくて良かった」
と感想を述べる人もいたそうです。
実のところ、その思いというのは私には理解いたしかねます。

仮定の話は全くナンセンスですが、もし私がジュリーであれば、公演は自分の仕事として終わるまでやります。
それはファンのことを考えてというより、与えれられた義務ですからやらざるを得ません。
by: 声なき声 * 2018/10/21 10:52 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
https://koenakikoe.blog.fc2.com/tb.php/3290-84ed8ac4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する