FC2ブログ

10月3日(水)

今住んでいるマンションの近くには、本屋さんがない。

昨晩、たまたま図書カードが手元にあることに気がつき、使ってみようと思ったのだが、肝心の書店がないのである。

引っ越してきたときにネットでも調べたのだが、徒歩10分圏内には新刊書を打っている店はどこにもなかった。

今日も散歩をしながら、本屋さんがひっそりと店を開いているかもしれないと思って探したのだが、当然、あるはずがない。

なんでも、4年ほど前まで駅前に有名なチェーン店があったのだが、閉じてしまったとのこと。

だから私の町には本屋さんがないのである。

だからといって、とりたてて困ることはない。

小説の文庫本を買うのであれば、ネットの通販サイトを使えば何の苦労もない。

値段は一緒で、買いに出かける手間がかからないだけ、ネット通販のほうに分がある。

駅前の一等地に広いスペースの店を作って本を売るというビジネスモデルは、過去のものとなったのかもしれない。

そんなことを考えながら帰宅したら、ちょうど運送便がやってきて、ネットで頼んでいたウインドブレーカーが配達されてきた。

近所のスーパーでは5種類しかなかったが、ネットであれば選択肢は星の数ほどあるから、選びやすいのは当然。

フィット感や色目を厳しく要求しないのであれば、ネットでの注文は楽だ。

ZOZOTOWNの社長は、時代を見る目があると思う。

 
20181003.jpg
楽天のポイントで買ったので出費は0円であった

20 : 01 : 03 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
<<10月4日(木) | ホーム | 10月2日(火)>>
コメント
こんばんは♪

昔は本屋さんをはしごするぐらい何軒もありました。
何でもネットのほうが品揃えが豊富ですよね。
by: きっちゃん♪ * 2018/10/03 21:25 * URL [ 編集] | page top↑
こんばんは。

ひところは、どんな小さな町でも書店は必ずと言っていいほどあったものです。
昨今は事情が違ってきました。
大型店舗も、この先はどうなることかわかりません。

品ぞろえが豊富で、しかも自宅まで届けてくれるのですから、便利なことこの上ありません。
多くの人がネットに走るのは当然です。
by: 声なき声 * 2018/10/03 21:32 * URL [ 編集] | page top↑
書店
一般書店が通販に押され減少しているとか。
当地田舎ゆえ、徒歩圏内に書店がありませんが、車で数分の距離に一軒だけあります。
小さな田舎の書店ですが、電話一本で何でも取り寄せて配達してくれます(例え鉛筆一本でも)。
店頭売り上げより、配達による売り上げの方が遥かに大きいそうです。
固定客による売り上げは馬鹿にできないとか。
「うちは、Amazonが台頭するより遥か昔から本の配達をやってるんだよ。」
「配達するなんて、昔は書店仲間から笑われたものだが、今じゃどうだい、他の店は皆潰れたけど、この店はヤッテルよ」だそうです。
by: MK * 2018/10/04 08:10 * URL [ 編集] | page top↑
MKさんへ
本屋さんの配達サービスは初めて聞きました。
先見の明があったのか、人口の少ない地域のサバイバルの知恵なのかはわかりませんが(笑)。

近くのお寿司屋さんが、配達に力を入れています。
少なくとも3台の車を用意していて、急ぎの注文にも対応できるように体制を組んでいるようです。
スタッフ募集の条件を見ても、配達ドライバーの時給がかなり高いですから、このお店の本気度が伝わってくるのです。
by: 声なき声 * 2018/10/04 08:30 * URL [ 編集] | page top↑
これはわかります。
その金券、どうしたもんですかねぇ。
俺の場合、本はタブレットに電子書籍を放り込むから本屋いかないですね。
漫画ばっかりですがw
本屋さんはうちの近所にもないですね。
たしかに本屋さんは少ない。そういう時代なんでしょう。
by: てかと * 2018/10/04 11:29 * URL [ 編集] | page top↑
てかとさんへ
前に住んでいた家であれば、徒歩圏内に複数の書店があります。
図書カードはそこで使うつもりです。
生鮮食料品と違って、腐ることはありませんので(笑)。

私は本を読むとなると、紙のほうが合っていると感じています。
これは慣れの問題ですから、世の中がすべて電子書籍になれば、それはそれで対応していかざるを得ませんが。

公衆電話もめっきり減りました。
携帯やスマホがあれだけ普及しているのですから、当然と言えば当然です。
若い人の中には、公衆電話での通話の仕方を知らない人も多いとか。
by: 声なき声 * 2018/10/04 11:38 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
https://koenakikoe.blog.fc2.com/tb.php/3264-ef205976
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する