FC2ブログ

9月23日(日)

地元の小学生野球大会の開会式のお手伝いに行ってきた。

そこで話題になったのが、某少年野球チームでの体罰事件。

実はそのときまで知らなかったのが、小学生の軟式野球に少しでも携わっている人であれば、おそらくは一人の例外もなく知っているはずの著名なチームでの事件であった、とのこと。

一瞬考えたのだが、体罰がらみの厳しい指導をするから強いのか、ということ。

小学生野球とはいえ、日本一の栄冠を何回も手にできるなんて普通のことではない。

体で覚えさせる指導をやっていたのかなとも考えた。

しかし、告発者側の挙げている問題の現場を見る限り、このチームの監督の感情のはけ口に利用されたとしか考えられない。

例をあげればキリはないが、ワンバウンドの投球を受け損ねたキャッチャーがドエライ剣幕で監督に怒鳴られていた。

ただ、プロでもワンバンボールを後逸している場面は少なくない。

小学生にそこまでの完璧さを求めるのはいくらなんでも無茶過ぎるのではないか。

このチームでの暴言や暴力は日常的であったとの報告もある。

”行き過ぎた指導”の範囲をも超えている。

中でも恐ろしく感じたのは、”殴られるのは期待されている証拠”という見方がチーム内で浸透していたという点だ。

部員の保護者ですら、それを信じていた人がいると知って驚いた。

少なくとも小学生のスポーツチームで通用する発想ではない。

こんな思想がまかり通る組織なんて、アブノーマルとしか言いようがない。

そもそも、他人の大切な子供を預かっているのだから、これは野球以前の問題だと思う。

いま、少子化のあおりを受けて、どの少年野球チームも部員不足に頭を痛めている。

今回の事件がその傾向を助長する結果になっては、あまりに罪が深い。

 
20180923.jpg
彼岸の中日なのでおはぎを食べた。プロ野球の中日は今日も負けた。

20 : 03 : 11 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(12) | page top↑
<<9月24日(月) | ホーム | 新規営業所開設に関するお知らせ>>
コメント
こんばんは♪

野球が上手くなる、その先にある甲子園へ出場するというために
理不尽なことも受けて入れてしまうんでしょうね。
by: きっちゃん♪ * 2018/09/23 22:26 * URL [ 編集] | page top↑
余談ですがベイスターズも負けました。
明日はカープに目の前で胴上げされるかも知れません…
セ・リーグは目が離せませんね。
体罰はすべてが悪いとは思わないですが、少年なんとか みたいなチームなら強かろうとあくまで習い事だと思うので…
ただ、最近は叩かれた理由を問わず叩いた方が責められますよね。叩かれた理由が犯罪やいのちに関わることだったとしても。それはなんだかなーとおもっています。
by: みさと * 2018/09/23 23:44 * URL [ 編集] | page top↑
きっちゃん♪へ
おはようございます。

高校野球の名門高でもよくある話です。
上昇志向の強過ぎる組織では、そんな空気が蔓延する傾向があるのかもしれません。
しかし、小学生のチームで起こるというのが信じがたいです。
by: 声なき声 * 2018/09/24 04:52 * URL [ 編集] | page top↑
みさとさんへ
セリーグの3位争いは火花が散っている観があります。
私としては、現在3位のチームになんとか逃げ切ってもらいたいところですが、しかし、昨年のベイスターズの下剋上に手に汗握ったことも記憶に新しいところです。
残り試合数が多いので、案外、阪神が浮上してくるかもしれません。
しばらくは目が離せない状態が続きそうです。

低学年の子供の場合、危険への認識があまいことが多いです。
時に、入場行進で使う団旗を振り回して遊ぶ子がいるのですが、先に付いているとがった部分が他の子に当たって大けがになった事例は珍しくありません。
何回注意しても団旗で遊ぶ子には、叩く行為も避けられないと思います。
ただし、それは指導者が「腹が立ったから」行うものではなく、子供に危険性をわかってもらいたいからの思いがベースにあるべきです。
おそらく、親も理解することでしょう。
by: 声なき声 * 2018/09/24 05:15 * URL [ 編集] | page top↑
私の意見
こんにちは~。

某女子体操選手が殴られてふっ飛んでいる映像などを見ると、動物の調教よりひどいです。

スポーツを見るのもするのもべつだん好きでない者の意見ですが、殴られ、どなられないとできないようなこと、子供がやる必要はないと思うし、できてもちっとも感心しません。

猿回しを見ているようで痛ましいです。
by: ぢょん でんばあ * 2018/09/24 07:58 * URL [ 編集] | page top↑
ぢょん でんばあさんへ
おはようございます。

あの女子体操選手への暴力も、しっかりと動画で撮られていました。
華麗な演技の裏側を見たようで、興ざめな思いはいまだに残っております。

ただわからないのは、彼女が自分の受けた暴力よりも協会側のパワハラをも問題視している点です。
それこそ「動物の調教」以下の仕打ちを受けたのに。

もしかしたら、コーチに洗脳されてしまっているのでしょうか。
by: 声なき声 * 2018/09/24 08:18 * URL [ 編集] | page top↑
プロの選手は一挙手一投足に文字通りお金がつぎ込まれていますから、後逸したら減俸です。子供はそれがないので、厳しい指導でわからせるしかない。いまどきは体罰がどうの、とかやたら甘やかした言動が多いんですが、多少のスパルタは必要だと思います。
大人になったとき、辞めろと言われたら辞めます、みたいなことを当たり前のようにいう新人とかね。
ちょっと根性なさすぎ、給与もらっているならプロ根性みせろ、みたいなことは俺もいいたいですよ。
主旨と論点はずれたかもしれません。すみません。俺は厳しい指導と殴られて覚えたタイプだから(笑)。
by: てかと * 2018/09/24 09:26 * URL [ 編集] | page top↑
てかとさんへ
プロのスポーツ選手と小学生部員とでは、全く枠組みが違うと思っています。
”厳しい指導”は子供であっても必要ですが、それが物理的な力の行使にまで及ぶというのはいかがなものでしょうか。

また、問題となった行動の一つに、二死一二塁の場面で牽制球で一塁ランナーにタッグしたが判定はセーフ、その直後にホームランを打たれ3点とられたときに、監督が激怒して1塁手に鉄拳制裁を加えた、というのがあります。
牽制のタッグが怠慢プレーであったというなら、そのときに注意すべきでしょうが、ホームランを浴びてから怒ったというのは、単に監督の感情の爆発に過ぎません。
殴られた子供にしてみれば、何も学ぶものはなかったことでしょう。

スポーツ選手に限らず「プロ根性みせろ」と言いたくなる著名人は少なくありません。
その点は100%同意します。
1円でもお金を受け取っているのならば、やるべきことはやらないとウソつきになってしまいます。
by: 声なき声 * 2018/09/24 10:12 * URL [ 編集] | page top↑
やっとこういうことが指摘される空気感が日本にも出てきたということですね。それまでは見て見ぬふりをしていただけで、、、。昔そういことでスポーツをやめた人もたくさんいると思いますね。これからの時代にはそういうことがないようになってもらえば。
by: TORU * 2018/09/24 10:48 * URL [ 編集] | page top↑
TORUさんへ
はい、体罰やシゴキが嫌でスポーツを辞めた人の話はよく聞きました。
野球で内野ゴロをとれなかったことで3時間ほどグラウンドに正座させられた人がいました。
ゴロがとれないのであれば、ちゃんととれるまでノックを打ち続けるというのであれば彼も理解できたとことと思います。
足が痛くなるのをこらえて座っているだけというのはあまりに馬鹿げていると思って、退部したそうです。

体罰に限らず、小学生のスポーツチームで度を越した指導は考えものです。
平日も朝と晩に練習をやっているチームがありますが、学校での友達や家庭での親の存在も考慮すべきでしょう。
by: 声なき声 * 2018/09/24 11:20 * URL [ 編集] | page top↑
こんにちは(^_^)


私は小学生低学年の頃に剣道を習っていました。

剣道を習う事自体は全然嫌いでは無かったのですが、やはり指導している先生の対応が嫌で行かなくなりました(汗)

私の場合は体罰的な要素は何とも言えませんが、指導している内の1人の先生が他の教え子に対してはしっかりと注意したり褒めたりしていたのに対して、私だけには何も言わず、打ち込みの練習の時には打ち込む隙すら作ってもらえなかった事が多々ありました。

それが差別的に感じてしまい通うのが辛くなったんだと思います(汗)


体罰も度が過ぎるとただの暴力になり行きすぎるのは良くないとは思います。

メディアでは取り上げられませんが、それと同じくらいに無視や差別的な行動も子供にトラウマを植え付けるのでコチラも考える機会が増えるといいな思います。

by: まゆと * 2018/09/24 14:10 * URL [ 編集] | page top↑
まゆとさんへ
こんにちは。

いじめの一つの手法に”無視”があると聞いています。
一見したところ、第三者にはいじめられていることがわからないだけに、余計にタチが悪いと言えるかもしれません。
もしかしたら、物理的な体罰よりも心理的には痛かったことと思います。

辞めるという決断をされたのは、間違いではありません。
学校でいじめにあった場合でも、簡単にほかの学校に転校できるシステムができれば、少なくとも最悪の事態は免れることでしょう。

”無視”の場合は顕在化しにくだけにメディアでも取り上げられる機会は少ないと思います。
いじめる側はそれをも見越して、”無視”という手法を使ってくるのではないのでしょうか。
by: 声なき声 * 2018/09/24 15:08 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
https://koenakikoe.blog.fc2.com/tb.php/3250-48002cc1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する