FC2ブログ

8月21日(火)

高校野球が終わった。

5回を過ぎた時点で大阪桐蔭のワンサイドとなり、緊迫感の点では少々物足りない部分があったのは残念ながら事実である。

優勝戦らしからぬ得点差であり、金足農業の先発投手の顔を見るのが気の毒になったほどだ。

それにしても、大阪桐蔭の選手にとっては、内心、やりにくかったのではないか。

”判官びいき”という表現が適切かどうかはわからないが、試合前から、金足農業への世間のシンパシーが異様に高かった。

公立高校、農業高校、地元出身者のみのチームなどという要素が共感を呼んだのかもしれない。

試合途中、敗色濃厚となった時点で、一般観客席からも金足農業への声援や手拍子が送られるなど、アマチュアスポーツのあり方としては首を傾げる場面もあった。

また、さんざん言われたことであるが、金足農業のエース投手の連投というのは問題視されてしかるべきだと思う。

地方大会から一人で投げ抜いてきたのだから、彼に想像を絶する負担がかかっていたのは当然だ。

大げさな物言いかもしれないが、今年のような極端な暑い夏に、あのような連投は児童虐待に近いのではないか。

漏れ聞いた話では、
「ピッチャーの投球数制限を規則に入れると、頭数が足らなくなるチームがある」
との根拠でもって、つまり、公平性の原則で投球数制限は採用していない、とか。

しかし、全国大会に出てくるレベルのチームではそういったことはあり得ないのだから、”甲子園ルール”があっても問題はないと思う。

今年は”命の危険”が叫ばれる暑さであり、それだけに高校生のクラブ活動は適正なものであるべきだ。

 
19 : 23 : 51 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(14) | page top↑
<<8月22日(水) | ホーム | 秋の夜長に癒しのアロマ。香りに包まれてリラックスタイムを。 夏疲れにサヨナラ!香りも楽しめる「ヘアオイル」が人気! ~アロマの香りで癒し空間をつくる、アロマディフューザーもご紹介~>>
コメント
声なき声さんの本日の投稿はきっと甲子園だろうなと思っていたらビンゴでした。

大阪桐蔭おめでとうございます。
吉田投手の連投を観て「権藤権藤雨権藤」みたいだな、と思っていたアラフォーOLですが呼びましたか?

金足農業は、横浜高校を破ったダークホースでしたし、おっしゃるように応援したくなる要素が詰まった学校だと思いました。ツーランスクイズなどは生で中継で見たかったです。

一昔前は、投手一枚看板が当たり前、高校野球は連投するものだと思っていましたが、最近は暑すぎますし、将来を考えても良くないことなのでしょうね。(昔はー昔はーといいすぎると老害に泣てしまいますから気をつけないと・・・)
あまりの連投はよくないのは分かりますが、中継ぎやリリーフという概念がないのがプロ野球と違うところなのでそれはそれで魅力を感じます。

ちなみにレジェンド始球式、キヨハラは無理としても愛甲猛とか荒木大輔とか見たかったのは私だけでしょうか?

(また野球の話に熱くなりスミマセン)
by: みさと * 2018/08/21 20:37 * URL [ 編集] | page top↑
コメント連投すみません
老害に泣て は、老害になって の間違いです、お詫びと訂正をお願いいたします。

ついでにコメント追加です。
今回の金足農フィーバーには頷けますが、私は特に金足びいきにはなりませんでした。地元ならうれしいですが、身近でない地域でしたから、フツーにがんばれーぐらいしか思いませんでした。
金足農業に罪はないのですが、ちょっと目立つことやすごいことがあると騒ぎすぎたり神格化しすぎる昨今ですので、少し穿った見方をしてしまいました。地元の方が勇気づけられたり騒いだりするのは全然アリです!
そんな中大勝した大阪桐蔭はさすがだなと思ってしまいました。ひねくれていてすみません。
by: みさと * 2018/08/21 21:09 * URL [ 編集] | page top↑
みさとさんへ
実のところ、あまり後味の良さが感じられない優勝戦でした。
地元の高校が頂点を極めてくれたのは、もちろんそれはそれで喜ばしいことです。
ただ、極端に大差がつき過ぎ、事実上、5回の裏で決まってしまったようなものです。

吉田投手の連投は、まさか本人から「降ろしてください」とは言えないのですから、本当は監督が投手以外のポジションにつかせるべきであったと思います。
とはいえ、一度負けたら次がない大会ですから、どうしても信頼のおける吉田投手に投げさせざるを得なかったのでしょう。
そんな考えを起こさせないように、日本高野連が全国大会での特別ルールを決めておいて、球数制限を設けておけば、監督も従わざるを得ません。

テレビで見ていても、吉田投手の疲れ切った表情は痛々しいものがありました。
二番手の投手もなかなかの腕を持っていて、1点しかとられませんでしたし、彼と二本立ての投手陣を普段から用意しておけば、もしかしたら結果は変わっていたかもしれません。

ひと昔前の、一人の投手が最後まで投げ切るという美学は、私は選手の体のために改めるべきだと考えています。
確実に肩を壊しますし、それがもとで野球ができなくなれば本末転倒だと思います。

レジェンド始球式では、桑田元投手のフォームが最もきれいでした。
やはり、生まれついてのピッチャーなのでしょう。
ところで、昭和60年にPLが”桑田・清原”で優勝したとき、清原元選手がいっときだけピッチャーをやったことがありました。
監督がなぜそうさせたのかはわかりませんが、意外さゆえ、印象にくっきりと残っています。
by: 声なき声 * 2018/08/21 21:14 * URL [ 編集] | page top↑
吉田投手の連投の影響があるにせよ、やっぱり大阪桐蔭は強かったですね。
もはや「平成のPL学園」と言ってもいいぐらいです。

それにしてもここ数年の決勝戦は、ワンサイドゲームが多くないですか。
去年の花咲徳栄と広陵の試合も10点差がついてしまったし。
やっぱり厳しい日程の影響があるのでしょうか?
by: かんた * 2018/08/21 21:22 * URL [ 編集] | page top↑
みさとさんへ (二番目)
私も、みさとさんと同じ感情を持っています。
地元の人やOB、関係者たちが金足農フィーバーで高揚するのは当然でしょう。
ただ、マスコミまでがそれを煽り立てて加速させている姿勢には、抵抗を覚えてなりません。

昔、沖縄がアメリカの軍政下にあった時代、沖縄のチームが甲子園に来ると一般観客がほぼすべて沖縄の応援をしていたものです。
しかし、それは逆に沖縄の選手に失礼な態度であったと私は考えています。
同じ高校生の野球の試合なのですから、特別な目で見るのは好ましくありません。
by: 声なき声 * 2018/08/21 21:23 * URL [ 編集] | page top↑
かんたさんへ
大阪桐蔭の場合は、全国から選り抜きの選手を集めてきているから・・・・・という言い方をすると、無用なトラブルになるかもしれませんが(汗)。
ただ、現実には47都道府県から集めた選手と、秋田県の中から集まってきた選手とでは、そもそもの母集団の数が違い過ぎます。
醒めた目で見れば、大阪桐蔭の強さはそこに秘密がありますし、「平成のPL学園」と呼ばれるのは選手層の厚さがものを言っているのでしょう。

17歳や18歳の生徒が大舞台でプレーをするのですから、過密スケジュールの試合が続くと調子を狂わせるのはやむを得ないことと思います。
かといって日程に余裕を持たせるとなんると、選手や応援団の滞在費がかかりますし、二学期が始まってしまう高校もあるかもしれません。
100回記念ということで、参加チームを増やしたことで、ますます日程がタイトになったのではないでしょうか。
by: 声なき声 * 2018/08/21 21:35 * URL [ 編集] | page top↑
こんばんは♪

今日は大阪桐蔭が勝つと思っていました。
去年からの思い入れもあります。
それに北大阪大会の時のようにちょうどピークが決勝戦にハマった感があります。
大阪の公立校の経験から言いますと、エース級は一人いればいいところです。
今は学区制がないので集まりやすくはなったようですが…
by: きっちゃん♪ * 2018/08/21 22:06 * URL [ 編集] | page top↑
きっちゃん♪へ
おはようございます。

昨年の大会では、大阪桐蔭はまさかの敗戦を喫しました。
そのときの悔しさが原動力となって、今年は爆発したのかもしれません。

”エース級”となると複数をそろえるのは難しいかもしれませんが、”準エース級”となれば、決して不可能ではないと思います。
一人の投手がずっと投げ抜くことが美化され過ぎると、あまりにも大きな負担がかかってくるのが怖いです。

公立高校の野球部となると、確実に選手集めの点ではハンディはありますね。
by: 声なき声 * 2018/08/22 04:59 * URL [ 編集] | page top↑
おはようございます
私も・・・今日の記事は
きっと 野球の事だろうなと思ってました。
当たりでしたね(笑)

野球に興味ない私は、実況放送は見ませんでしたが
結果は、こうなるだろうと予測してました。
ただ・・9年前の日本文理の試合の様に
面白い試合になるかも・・・
そんな思いもありました。

野球に限らず
最近の高校スポーツは、全国から
強い選手が強い学校に集まって、
本来の目的から、少しそれて居るかな?

高校野球は、
ここまで 熱く報道されていますが
他にも 色々な高校スポーツがあると思いますが
あまり報道が有りませんね。
私が、野球に興味無いからかも知れませんが(^^ゞ

それでも、大阪桐蔭の優勝
おめでとうございます。
by: ヨンヨン * 2018/08/22 05:48 * URL [ 編集] | page top↑
ヨンヨンさんへ
おはようございます。

私の行動は、あまりにもわかりやすいでした(汗)。

大阪桐蔭の試合は、地方大会の優勝戦からすべて見ました。
全国レベルではあまり報道されていないのですが、大阪大会の準決勝ではドラマがあったのです。
履正社高校との試合で、大阪桐蔭は1点差をつけられ、9回の表の2アウトまで追い込まれていました。
そこから逆転劇を演じたのです。
運があるとしか思えませんでした。
そのときから全国優勝が予定されていたのかもしれません。

高校生のスポーツで、国内はともかく、海外からも有望選手を集めてきているのは考えものだと思っています。
日本語もわからない選手がいて、普段は授業を受けていないことは明白です。
私立高校にもかなりの国庫補助金が投入されていますし、税金の使われ方としても問題があると考えます。

そもそも、朝日新聞が中等野球の全国大会を企画したのがきっかけで、試合結果が新聞で報じられるところから国民注目のスポーツ大会になったと聞いています。
当時は新聞は先進的なメディアでしたから。
その流れを受けて、テレビでも中継されるようなり、野球だけが突出している現状になったようです。
by: 声なき声 * 2018/08/22 06:10 * URL [ 編集] | page top↑
金足のピッチャーを見ていたスカウトマンはもうやめてほしかったでしょうね。
45回くらい投げぬいて700だか800球とかひとりで投げたんでしょ?
疲労抜きもできずに決勝に進んだらつぶれちゃいますよ。
やはりピッチャーは3人くらいほしいですね。交代で負けるとしてもですよ。
by: てかと * 2018/08/22 11:08 * URL [ 編集] | page top↑
てかとさんへ
”スカウトマン”のみならず、家族の人も早く代わってほしかったはずです。
テレビで見ていても明らかに疲労感が表情にあらわれていましたから。

県大会からの投球数をカウントすると、優勝戦前にすでに1,000球を超えていたといいます。
しかも勝ち上がってくると試合の間隔がほぼなくなり、ピッチャーには強烈な負担になっていたはずです。
一人がずっと投げ抜くという美学は過去のものにしてほしいと、私は考えています。
エース級のピッチャーを3人を育てるとなると困難でしょうが、ストライクゾーンに投げられるピッチャーを養成するのであれば不可能ではないと思います(汗)。
by: 声なき声 * 2018/08/22 11:39 * URL [ 編集] | page top↑
こんにちは。
同じ思いでした。始球式に、元・三沢の大田投手が投げたのが・・・。昭和の時代には、当たり前・美談ですが・・・命にかかわる暑さですしね。実は、途中で見るのを やめました。

GO
by: mixer-go * 2018/08/22 15:14 * URL [ 編集] | page top↑
mixer-goさんへ
こんにちは。

思いを共有できてうれしく存じます。
始球式からして、何やら暗示するものがあったように思えました。

あの名勝負は私もテレビの前でかじりついて見ていました。
当時であれば、ピッチャー冥利に尽きる美しい生き様であったかもしれません。
ただ、熱中症で死亡者が続出している中で、”美談”の蒸し返しはないと思います。

教育の一環として行っている高校生のスポーツなのですから、明確な基準を打ち出すべきだと考えています。
by: 声なき声 * 2018/08/22 16:02 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
https://koenakikoe.blog.fc2.com/tb.php/3201-4a9bba79
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する