FC2ブログ

8月3日(金)

ローカル局のニュース番組で、辛坊治郎さんが言っていたが、東京医科大学の入試で女子受験者が一律減点されていた問題をめぐって、一般人から抗議の電話が殺到しているとのこと。

そのことの当否はともかく、学校名のよく似た”東京医科歯科大学”や”東京女子医科大学”に間違えて電話をして、文句を言う人が少なくないらしい。

とんだとばっちりである。

”東京女子医科大学”なんて女性の受験者しかいないはずだから、あえて一律減点する意味もないのに。

これには失礼ながら少しばかり笑った。

ちょっと考えれば気がつきそうなものだが、義憤に駆られた勢いというのは判断力を狂わせるようだ。

以前の日本大学アメフト部の悪質タックル問題のときも、”日本体育大学”に怒りの電話が殺到したという。

なんでも、しばらくの間はWEBに
「ウチの大学とは違う」
と言った意味の文章を掲載していたらいい。

日本体育大学としてはかなりの電話やメールが送られてきて、対応する手間が煩雑になっていたのだろう。

東京の国立音楽大学(くにたちおんがくだいがく)のネーミングは、最初は国立市にキャンパスがあったことに由来している。

しかし、いまだに「国立大学(こくりつだいがく)」と勘違いしている人がいるとか。

竜雷太さんと峰竜太さんとを並べて書くと字面は似ているが、まさかお二人を混同することはあるまい(笑)。

 
19 : 28 : 52 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(14) | page top↑
<<8月4日(土) | ホーム | 今年は記念すべき第10回大会! 注目!「日本新三大夜景」「関東三大イルミネーション」も決定! 『夜景サミット2018 in札幌』開催のお知らせ>>
コメント
こんばんは♪

いつも思いますが、いちいち抗議の電話をする人がいるんですね。
それもちゃんと確かめもせずに…
人のことを言えた義理ではないような気がします。
by: きっちゃん♪ * 2018/08/03 22:07 * URL [ 編集] | page top↑
きっちゃん♪へ
おはようございます。

抗議する気持ちはわかりますが、電話口に出てくる人に自分の意思を伝えても、それで終わりではないでしょうか。
「責任者出てこい!」と電話口で言っても、まさか当人が出てくるはずがありませんし。
ましてや、今回のケースで女子大にまで電話をかけていたというのは、一種のコントだと思います(笑)。
かなり軽い気持ちで電話をしているのでしょう。
by: 声なき声 * 2018/08/04 04:28 * URL [ 編集] | page top↑
おはようございます。
そういえばモリーも東京医科大といえば、あの九段下のとこだよな。あれ、あそこは東京医科歯科大学だったかな?
と思っていました。
今調べたら、思っていたところは「東京理科大」で、一文字違いの全然違う学校でした(汗)
失礼しました…。
by: モリー * 2018/08/04 05:17 * URL [ 編集] | page top↑
おはようございます
批判や意見もあるでしょうけど
一個人が 直接学校に 物申しても
改善出来るような事柄でもありませんし
迷惑がかかるだけです(>_<)

こう言う問題は、公の施設の事だけでなくて
事件を起こした犯人と同性同名の人への
被害も有るそうです(>_<)

世の中には、いかにお節介やきの人が多くて、
注意力の足りない人が多い事かと思いました。

国立音楽大学の読みの間違いは、
お節介では無く、そう読めてしまっても
仕方ないと思えますが、
色々な報道に注意深く意識を向けていれば、
そう読むの?と分かることもあると思います。
by: ヨンヨン * 2018/08/04 05:22 * URL [ 編集] | page top↑
ヨンヨンさんへ
不祥事が起こったとき、企業や役所に電話を入れて抗議をする人の中には、必ずしも正義心に発したものばかりではないようです。
そのことがメディアで報じられると、印象が悪くなることを狙って、意図的に電話をかけることもあるそうです。
ターゲットになった組織は迷惑千万ですね。

ずっとずっと昔、連続強姦事件の犯人と全く同姓同名の人がいて、自死に追い込まれたとの悲劇がありました。
そのときも、名前の変更を市役所に申し出ても受け付けてくれなかったそうです。
今なら事情は違うかもしれませんが。

今回の「女子大」への抗議のことを聞いて、”注意力の足りない人が多い”ことに気づかされました。
「あわて者」という言い方をすると可愛げがありますが、困った存在だと思います。
間違えられたほうは業務の邪魔にもなりますし、いい迷惑です。

by: 声なき声 * 2018/08/04 05:45 * URL [ 編集] | page top↑
この話
全然違う感想なんですが、これね、東京医科大に受かった男子にも、迷惑な話ですよね。「下駄をはかせてもらった」と多分、言われ続けるでしょう…。あと、落ちた女子は「自分のせいではない」と思えるところもあるかもしれませんが、落ちた男子は「それでも、だめだったのか…」と余計傷口に塩を塗るような…。
 受かった女子は多分優秀でしょうけどね…。
 どっちにしてもこういう対処法ではなくて、産休育休とっても働ける仕組みとか、女性では体力が足りないような激務とかをどうにかするべきでは、と思います。
by: まこ * 2018/08/04 07:45 * URL [ 編集] | page top↑
まこさんへ
現実に、合否ギリギリラインで合格した男子学生は下駄をはかせてもらったことになります。
ただ大学側の言い分もわからなくはありません。
その後の定着率は女性のほうが低いのは明白ですから、男のほうを多く確保しておきたいとの思いには合理性がなくはありません。

50年以上も前の話ですが、公立高校の受験のときは、「男子何名女子何名」という形でほぼ同数の合格者が出るようなシステムになっていました。
現代では通用しない考え方かもしれませんが、事前に公開されていますので、受験者の納得性はあると思います。

医師の絶対数不足に問題があると見ています。
自分の代わりに医療現場に出る医師がいなければ、無理を押して自分が出ていくしかないのですから、男女に共通した課題ではないでしょうか。
暴論を承知で言えば、医師免許のハードルをもっと下げてもいいとまで、私は考えています。
by: 声なき声 * 2018/08/04 08:10 * URL [ 編集] | page top↑
モリーさんへ
学校名は地名から由来していることが多いですから、ある程度は似通ってくることは避けられません。
「東京医科大」と「東京理科大」とでは、関西の人間には耳なじみがないだけに、余計に混乱してしまいます(汗)。
by: 声なき声 * 2018/08/04 10:55 * URL [ 編集] | page top↑
こんにちは~!
こういうときすぐにクレーム入れる人って、なんなんですかね?
たぶん直接関係ない人やと思いますが。
挙げ句の果てに間違えるって(笑)
by: かっぱのしんちゃん * 2018/08/04 12:15 * URL [ 編集] | page top↑
かっぱのしんちゃんへ
大学側の不祥事への抗議という意味合いでは、私も共有する部分がありますが、電話で文句を言っても効果はないと思います。
うっぷん晴らしにしかならないでしょう。

間違えて”女子大”に電話した時点で、完全にコメディーになってしまいました(笑)。
by: 声なき声 * 2018/08/04 12:29 * URL [ 編集] | page top↑
竜雷太さんと峰竜太さんですか。

私は昔、大滝秀治さんと滝沢秀明さんを勘違いしたことがあります。
「へぇ、あのお爺さん、若い女性にそんなに人気があるんだ」
なんて思ったものです。

あと、押坂忍さんと坂上忍さんを勘違いしたときがあったなぁ…。
by: かんた * 2018/08/04 15:56 * URL [ 編集] | page top↑
とんだとばっちりひどいですね、さすがにこれには苦笑い。
以前、アノニマスという凄腕ハッカー集団が日本の自治体のサイトと無関係のサイトを間違えて襲ってトップページを書き換えてしまったことがありましたがわかりにくいんでしょうね。
by: てかと * 2018/08/04 16:41 * URL [ 編集] | page top↑
かんたさんへ
例示されたお二方は、なるほど言われてみれば紛らわしい部分がありますね。

坂上忍さんが売れだしてきた初期の頃、女性かなと勝手に思い込んでいました(笑)。
by: 声なき声 * 2018/08/04 16:56 * URL [ 編集] | page top↑
てかとさんへ
”霞が関”と”霞ヶ浦”でしたか。
彼らにしてみれば、同じところだとみなしてもやむを得ませんね。
ハッカーもAIを駆使したら、あんなミステイクをせずに済むでしょうが。
しかし、日本語の読める日本人が”女子大”を見落としたのは、お笑い以外の何物でもありません。
by: 声なき声 * 2018/08/04 17:02 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
https://koenakikoe.blog.fc2.com/tb.php/3171-6f0a796d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する