FC2ブログ

7月30日(月)

高校野球北大阪大会の決勝戦をテレビ観戦した。

この夏の高校野球は100回大会ということで、大阪府を、北と南のそれぞれの地区に分けて大会を行う。

80回と90回もそうであったので、10の倍数の大会での恒例のようだ。

選挙では「1票の格差」が問題になっているが、高校野球の地方大会も事情は同じである。

大阪は有数の激戦区であり、約200校が代表を目指してしのぎを削っている。

この中から1校だけとなると、至難のわざである。

東京では、毎年、東と西に分けて代表を決めるスタイルをとっている。

なお、北海道も同様だが、こちらは北と南に分かれている。

お家の事情も考えないと、余計に混乱すると思う。

ところで今日の試合の結果は、大阪桐蔭高校が圧倒的なワンサイドで決めた。

時節柄、何回となく水分補給の場面が映し出されていたが、これは当然のことだろう。

さて、大阪の大会では、楽器演奏をしての応援は禁止されている。

球場の近隣住民に迷惑がかかるという理由から、大阪府高野連が決めたからだ。

気配りができていると見るか、情緒がわからないと見るか、人それぞれである。

ちなみに、私は、得点が入ったときに楽器の演奏効果があればボルテージは一層上がると思うのが半分、そして、音楽がないことで野球のプレイを見ることに集中できるというのが半分である。

 
19 : 26 : 00 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
<<足元から秋のトレンドを先取り!今季の注目はファーサンダル! ~定番のパンプス、バレエシューズ、人気ブランドブーツまでご紹介~ | ホーム | Qoo10イチ押し!今からでも着られるアウター大公開!マウンテンパーカー、グレンチェック柄などトレンドの注目商品に加え、週替わりでおすすめ商品をご紹介!>>
コメント
我が神奈川大会は、今日死闘が繰り広げられていました。ネットで見ていたら、スーツのサラリーマンがたくさん映っていました。架空のアポをとり球場に来たのかもしれません。
神奈川はレベルが高いので、観ているのも楽しいです。
大阪桐蔭はすごかったみたいですね!
鳴り物は、野球好きじゃないひとからしたら迷惑以外ありませんよね。
高校野球はファンが多いですが、残念なファンも増えてきていますよね。
by: みさと * 2018/07/30 19:58 * URL [ 編集] | page top↑
みさとさんへ
神奈川も「北」と「南」とで大会を開催していましたね、失礼しました。
野球場には似つかわしくない服装の人も少なくないようです(笑)。
もしネットかテレビで、上司の人にその場面を見られたら、どう弁明するのでしょうか。
ひとごとながら、気になります。

一方的な試合になってしまって、大阪学院が気の毒になりました。
決勝戦ではコールド制はありませんが、取り入れてもいいように感じました。
7回の時点で20点以上も差があれば、実際には逆転の可能性はありません。
あまりに残酷な気がしました。

どのスポーツでも、ごく一部のファンのマナー低下が見られます。
野球では、自由席のところにビールやジュースの缶を置いて席を押さえている行為が問題視されていました。
また試合が終わったら、町に繰り出して大騒ぎするのも考えものです。
さらに言えば、応援しているチームが形勢不利になってくると暴言を吐くなど、目に余ります。
もちろん、ほんの一握りの人の行動ですが。
by: 声なき声 * 2018/07/30 20:21 * URL [ 編集] | page top↑
こんばんは♪

試合は見ていませんが、やはり大阪桐蔭はレベルが違いますね。
大阪はシードがないので7、8回勝ち続けないと甲子園へは出られません。
私の高校時代は今より学校数が多くて、その頃から分けてほしい言っていました。
ただし、南北ではなく私立と公立です(*^▽^*)
by: きっちゃん♪ * 2018/07/30 22:09 * URL [ 編集] | page top↑
きっちゃん♪へ
おはようございます。

大阪学院も相応に力を持っているチームなのですが、とにかく桐蔭の強力打線の前にはなすすべがなかったようです。
10人以上に連続してヒットを打たれたのでは、ピッチャーとしてはどんな球を投げればいいのか、見当もつかないでしょう。

私立と公立の実力差は歴然としていました。
今もそうですが(汗)。
学校の宣伝のために甲子園を目指している高校も多いですから、カネにモノを言わせて野球部を強くしようとしている私立が多いのが現実です。
ただ、ちょっと前からは公立でもスポーツに力を入れて、入試もスポーツのできる中学生を優先するところが出てきました。
これは好ましいことだと私は思っています。
by: 声なき声 * 2018/07/31 04:36 * URL [ 編集] | page top↑
おはようございます
野球には、興味が無いのですが
高校野球の地元の試合は気になります。

今年は、息子の母校である日本文理が早々負けてしまって、
少し 残念に思いました。
名物 大井監督が引退され 新しい監督さんは
責任を感じて居られる事でしょう。

代表は、中越高校ですが、
甲子園での試合は、応援するつもりです。

大阪の大会は、楽器演奏の応援が禁止されているのですか(>_<)
寂しいですね。

新潟の野球場は、どこも公園の中など
近隣への迷惑がかからない場所に有りますから
楽器演奏の応援もしていると思います。

「記憶に残る名勝負」
2009年の決勝戦、中京大中京対日本文理の試合のように
負けてしまったものの
9回で 6点差を1点差に迫った試合もありましたが
20点差の逆転は、不可能に近いです。
戦っている選手は、辛かったと思います。
by: ヨンヨン * 2018/07/31 05:27 * URL [ 編集] | page top↑
ヨンヨンさんへ
おはようございます。

今年の地方大会では、強豪校と思われていたチームが敗戦の憂き目を見るケースが目立っています。
日本文理もその一校でしょう。
選手権大会では一回負ければすべて終わりですから、「次に続く試合」というのはありません。
後がない戦いだけに、緊張度が高くなります。

高校野球のいいところは、負けた側のチームが相手チームの次の試合の健闘を祈るという点にあります。
負けた側のキャプテンが相手チームに千羽鶴を渡している姿は、高校野球独自の美しい慣習だと思っています。
プロ野球では絶対に考えられないシーンです。

聞いた話ですが野球の応援をしたくて高校のブラスバンド部に入ったところ、大阪大会では出番がないと知って落胆したそうです。
その高校は野球ではあまり力のない学校でしたので、甲子園出場は現実にはあり得ないと・・。
お気の毒でなりません。

接戦で負けてしまったのも悔しいでしょうが、20点以上の差の試合を最後まで強いられるというのも言葉にはあらわせない辛さがあると思います。
最近は「あきらめるな」のフレーズがいろいろな場面で使われますが、潔さを受け入れることも必要ではないでしょうか。
地方大会ではコールド制を取り入れるのが、私は妥当だと考えています。
by: 声なき声 * 2018/07/31 05:53 * URL [ 編集] | page top↑
プロ野球の応援で鳴り物禁止で応援する特別な日があるとか。
それを考えれば高校野球の鳴り物禁止なんて有情ですね。
野球のメジャー高と対決する無名高校ってのは悲惨なものがありますね。
事実上のシード戦みたいな感じでしょうか。
by: てかと * 2018/07/31 11:32 * URL [ 編集] | page top↑
てかとさんへ
「球音を感じる日」の受け止め方も人によってさまざまです。
プロ野球の場合、木製のバットですので本来の野球らしい音がするでしょう。
ただ応援するのが野球の楽しみだと思っている人には、楽器がなければ気持ちの高揚感がなくなることでしょう。

北大阪大会の決勝戦は、まさかあれほどの差が開くとは誰も予想していなかったのではないでしょうか。
実のところ、大阪桐蔭のほうが優勢とは内心は感じていても、大阪学院も大会の決勝戦まで残るチームなのですから実力はあったはず。
素人考えでは、初回にいきなり4点を奪われたことで集中力が飛んでしまったのかもしれません。

昨今は全国大会に出てくるチームは、どことも力をつけています。
あまり野球が盛んでない県にも”留学”という形で強化を図っていますから。
大阪代表のチームは、全国各地にあります(笑)。
by: 声なき声 * 2018/07/31 13:11 * URL [ 編集] | page top↑
大阪代表って、90年代から2000年代にかけて、しばらく低迷してませんでしたか?
野球留学で優秀な選手は全員、他県に取られていったから、という説もあったんですけれど、どうなんでしょう?
by: かんた * 2018/07/31 17:19 * URL [ 編集] | page top↑
かんたさんへ
おっしゃっているように、大阪から東北に選手がかなり流れた、と聞いたことがあります。
たぶん、事実に近いと思います。
以前は、試合のテレビ中継のときに選手の出身中学が表示されていたのですが、昨今は見られなくなりました。
もしかしたら、大阪ばかりという印象を植え付けたくなかったからかもしれません。
私の家の近所で高校野球に出た子たちは、いずれも東北の高校からでした。
by: 声なき声 * 2018/07/31 17:58 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
https://koenakikoe.blog.fc2.com/tb.php/3162-55458256
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する