FC2ブログ

7月16日(月)

地震保険の鑑定士の人が来て、前に住んでいた戸建ての家の被害を「一部損」と査定したらしい。

なんでも、ランクが4つあって「全損」なら保険金額の100%、「一部損」なら5%の給付となる、と。

なるほど、客観的に見て、屋根の2つのエリアで瓦がズレただけのことで、雨漏りも何もしていないのだから、「一部損」でも御の字かもしれない。

妻としては、この際に、屋根の全面葺き替えをしたい、という。

昔ながらの瓦ではなく、軽量の建材を使って屋根を覆いたいとの考えを持っている。

そのためには、いったん、瓦を全部はずして、その後に新しい屋根材を入れ直していかなければならない。

費用もかなりかかるが、築30年を超えた家だけに、いずれは屋根のリフォームをすることはあらかじめ織り込み済みであったらしい。

今回の地震で、わずかばかりではあるが保険金が下りてくるので、考えようによっては好機だというのである。

私の意識の中では、マンションでの生活のことで頭がいっぱいだが、妻の前ではそんなことは間違っても口にできない。

ただ、屋根にブルーシートがかけられている光景はあまりに痛々しくてならない。

自分の住まいではなくても、そんな思いは残っている。


20 : 13 : 34 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
<<Qoo10で秋を先取り!おしゃれな小物からコーデを秋色に 2018年秋!差し色「ミニショルダーバッグ」がトレンド ~秋冬の大定番、ファー素材のバッグも秋色アイテムが登場!~ | ホーム | 地方創生アイテム「はがせるフェイス&ボディペイント」が品川区の社会貢献事業として認定 ~地域活性化人材を育成する「チームビルディング」レクリエーション~>>
コメント
こんばんは♪

「一部損」でも影響ありますよね…
この際という奥様の気持ち分かります。
今の生活のことで頭がいっぱいというのも当然ですね。
by: きっちゃん♪ * 2018/07/16 21:46 * URL [ 編集] | page top↑
きっちゃん♪へ
おはようございます。

ブルーシートで覆っているとはいえ、瓦が落ちてくる心配はあります。
今後も地震の恐れはありますので、瓦を使続けることには、実は私も懸念をしていたところでした。
関西では、阪神淡路の地震以降は、瓦を使うことはめっきり減ったと聞いています。
by: 声なき声 * 2018/07/17 04:34 * URL [ 編集] | page top↑
おはようございます
奥さまの気持ちも良く分かります。
声なき声さんの気持ちも良く分かりますよ。

地震保険が出たと言っても
屋根の全面葺き替えには、相当な費用もかかりますから
迷う所ですね。
けれど、チャンスかも知れません。

私でも迷うと思います。
そのお家を 先々どうするのか
そんな所が、判断の基準になるのかと思いますが・・

最近の家は、瓦を上げなくなりましたね。
家全体が 軽量化してるのでしょう。
地震には、強くなるのかも知れませんが
スレートの屋根は、強風には 弱いかも知れません。

また、瓦屋根の方が、涼しいそうです。
by: ヨンヨン * 2018/07/17 05:28 * URL [ 編集] | page top↑
ヨンヨンさんへ
おはようございます。

先のことは全くわかりませんが、息子夫婦がアメリカから帰ってきても、大阪からの通勤圏内に勤務する可能性はゼロですので、その選択肢はなくなります。
娘夫婦は分譲マンションに住んでいて、しかも駅近ということで大変に気に入っているようです。
となると、誰が住むのかという現実が出てきます。
もし売却するとなると、できるだけ万全に整備された形で売りに出すなら、屋根の補修はきっちりとやっておきたい、といことになります。

「瓦屋根の方が、涼しい」とは知りませんでした。
単に意匠性の点だけではなく、快適な居住感をもたらすから、ずっと使われ続けてるのかもしれませんね。
by: 声なき声 * 2018/07/17 05:54 * URL [ 編集] | page top↑
おはようございます。
全面葺き替えですか。

瓦はコストや見た目の面で施工が少なくなったようですね。

でも瓦自体も進化していて地震にも強い防災瓦とか、重さの軽い軽量瓦とかあるみたいです。

耐久性と断熱性は鋼材よりもありますから、長い目で見ると瓦のメリットも大きいのでしょうね。

by: ひまわり * 2018/07/17 06:47 * URL [ 編集] | page top↑
ひまわりさんへ
おはようございます。

妻は実行力のある人間ですので(笑)、おそらく全面葺き替えの方向性は揺らがないと思います。

瓦の”断熱性”の特性には気がついておりませんでしたが、言われてみれば、戸建に住んでいたときは世間で言うほどの暑さは感じませんでした。
どんな材質を選ぶか、迷ってしまいますね。
by: 声なき声 * 2018/07/17 07:15 * URL [ 編集] | page top↑
こういうのは夫婦の協調、意識の統一、意見の調整がいるから大変ですね。
屋根も20年でルーフィングが痛んでだめになるのは間違いないんですが、そこはおいといても瓦を全部今風の計量のものにするとなると相当予算かかるでしょう。
老い先を考えて施工するか決めたほうがいいでしょう。
私ならまずやらないと思いますw
by: てかと * 2018/07/17 13:55 * URL [ 編集] | page top↑
てかとさんへ
そもそも、戸建の家は義父母が建てたものですので、私自身は自慢ではありませんが、1円の費用も投じておりません(汗)。
妻から意見を求められれば自分の考えを言いますが、私からは発言するつもりはありません。

私の浅薄な考えでは、いずれは売却する可能性を考慮して、屋根のリフォームをしっかりとしておくほうが、資産価値を維持できる、というところです。
私は”推進派”です(笑)。
by: 声なき声 * 2018/07/17 14:04 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
https://koenakikoe.blog.fc2.com/tb.php/3132-609c0851
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する