FC2ブログ

7月11日(水)

眼科クリニックに行ってきた。

戸建てに住んでいたときからお世話になっている眼科である。

マンションの近くにも眼科はあるが、今までのデータの蓄積があるので、乗り換えはしたくない。

月に一度のことだし、通院のための時間がかかるといっても知れている。

だから、当面はこの眼科に通うつもりだ。

こちらには、親先生と若先生の二人の医師がいられて、ほかのスタッフは受付の女性ひとりだけである。

その受付の女性は、相応に気を使っていることと思う。

長幼の序で行けば、親先生のほうが偉いのだが、実務として診察に当たっているのは若先生のほうである。

どちらも”実力者”なのだから、いずれかに肩入れすることなく、等しく接していかなければならない。

一方にだけゴマをすっていたのでは、もしパワーバランスが崩れたときに、彼女が手痛いしっぺ返しをこうむる羽目に陥るかもしれない。

今朝も、昨日に有給休暇を取ったことのお礼を、ぞれぞれの先生に丁重に語っていた。

本来なら法律で認められた労働者の権利だから、あえてお礼やお詫びを口にする義務はないのだが、”使用者”の立場からすると、そりゃ一言あったほうがうれしいに決まっている。

3人だけという少数の職場ならではの難しさがあるのだと思う。

大人数の職場にもそれなりの人間関係の悩みがあるだろうが、彼女の場合は同僚という存在がおらず気持ちの上での逃げ場がない。

そんな環境にありながら、いつもニコニコしながら仕事をしている彼女というのは、芯の強い人なのだろう。

 
スポンサーサイト
20 : 05 : 33 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
<<7月12日(木) | ホーム | 7月10日(火)>>
コメント
こんばんは♪

有給休暇は権利ですが、
やはり気を使ってしまいます。
自分の仕事が他の人がすることになりますから…
by: きっちゃん♪ * 2018/07/11 21:52 * URL [ 編集] | page top↑
きっちゃん♪へ
去年まで勤めていた会社では、突然の病欠や所用で休んだとき以外は、あえて「昨日は失礼しました」という挨拶をすることはありませんでした。

とりわけ、土曜日には部署によってはほぼ全員が有給をとるところもあって、そんなところでは”挨拶”の必要性もありませんでした(汗)。
by: 声なき声 * 2018/07/12 04:36 * URL [ 編集] | page top↑
おはようございます
病院は、それまでのカルテが有りますから
不都合でなければ 変えない方が良いですね。

少人数の職場では、お休みすると
自分の仕事も停滞しますし、他の人にも
負担をかけるので、謝るのでしょう。

私は、謝らなければならない人が居ないので
大きな顔して、休んでいますが・・・(笑)

そのスタッフさんが、休まれると受付は
先生がされるのでしょうか?
それなら、謝らないとなりませんね。

職場での一番の問題点は
人間関係だと言われますから
3人で、特別の事が無ければ
意外と 居心地の良い職場なのかも知れません。
by: ヨンヨン * 2018/07/12 05:27 * URL [ 編集] | page top↑
ヨンヨンさんへ
受付の女性が不在のときは、親先生が窓口に座られています。
おそらく70代半ばと思われますが、患者にはにこやかに接していられます。
若先生の笑った顔は、ほとんどお見かけしたことがありません。

言われてみれば、二人の先生とのリレーションが円滑に行っていれば、彼女には快適な職場かもしれません。
職場に多くの人間がいれば、どんなパーソナリティーの人がいるかわかりませんし、それらの人たちとの距離感を考えながらの行動になりますから、これはこれで大変です。
しかし、私なら、大人数のほうが自分との相性のいい人もいると思いますので、そちらのほうが望ましいです。
by: 声なき声 * 2018/07/12 06:24 * URL [ 編集] | page top↑
点眼薬になって経過観察だったんですよね。その後の経過は良好ですか。
片目だけ視力が下がって眼鏡がどうこうって記事を読んだのが最後だったような。
休みをとって上司に礼を言うなんて、うちらの職場じゃまったくなかったですね。そもそも休みがとれないというか。3人なら気遣いも致し方ないというところでしょうか。

> 不器用な人間ですので、左官仕事なんて夢のまた夢です。
> 料理を作ることができる人は、左官も上手なのかもしれません。
> どこかしら相通じるものがあるのでしょう。
しっくいを練る作業とパンケーキ、お好み焼き生地を作るのはそんなに差はないと思いますね。
道極めれば通ず、といいますしそういうもんかもしれません。
by: てかと * 2018/07/12 13:44 * URL [ 編集] | page top↑
てかとさんへ
眼科で処方された目薬のおかげで、白内障のほうは進行が止まっています。
医師の最初の話では、「治ることはない」との談でした。
それを聞いたとき、「良くなりたい」との意欲が削がれてしまったのを覚えています(汗)。


30年前に勤めていた会社では、病気か結婚でないかぎり、有給休暇を取得することができませんでした。
昨今でも、もしかしたら会社によってはそういったところがあるかもしれません。
今は良くても、将来的に人材が育つ可能性が低いと思います。
by: 声なき声 * 2018/07/12 15:36 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
https://koenakikoe.blog.fc2.com/tb.php/3126-adcc130c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する