FC2ブログ

6月16日(土)

いつの頃からの慣習なのか、企業や学校の不祥事での記者会見で、冒頭に主催者側が何十秒にもわたって頭を下げるようになってきた。

時には、頭を下げていた時間が何秒であったかまでが記事になっていることもあるほどだ。

言うまでもなく、メディアによる撮影のシャッターチャンスを十分に与えるためである。

もしかしたら、関係者への謝罪の気持ちも込められているのかもしれないが。

ただ、1分をも超えて頭を下げ続けることがお詫びの表明とは、私には思えない。

一対一の人間関係の中で、そんなに長時間にわたって頭を下げて謝られたとしたら、奇異に感じるのではないか。

あくまでも、世論に重要な影響力を持っているメディアに便宜を図っているというのがホンネだろう。

そもそも、本心から相手に悪いことをしたと感じて謝るのなら、腰を折る角度とか、頭を下げ続ける時間が何秒かなどは、問題ではないと思う。

それはテクニックであって、お詫びの思いとは全く違うものである。

平成9年の山一證券自主廃業に際しての記者会見では、youtubeで見てみると、当時の社長は私の測定で7秒間だけしか頭を下げていない。

しかも、同席していた人とは頭を上げるタイミングがずれている。

つまり、事前に綿密なリハーサルはしていないことがわかる。

「社員は悪くありません」と涙ながらに語った社長は、テクニックよりも真心を大切にしたのだろう。

とはいうものの、お詫び会見で頭を長く下げ続ける行為は、今後も加速されるに違いない。

テレビで一気に拡散されるから、それが正しい礼法として定着してしまうのかと思うと、いい気がしない。

 
19 : 25 : 29 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(12) | page top↑
<<6月17日(日) | ホーム | 6月18日(金)>>
コメント
不祥事に際して 組織 企業の責任者が出てきて、冒頭に頭を下げる。そういう光景を良く目にします。明らかにTV,マスコミ対策にしか見えません。いくら長時間頭を下げていても、肝心の中身が無い 言い訳会見はすぐ見抜けます。日大アメフト会見の監督、コーチ 会見で火に油注ぎましたネ。一方選手の謝罪、日本中が彼を応援するようになりました。アベ総理の「責任を痛感しています」会見。責任の言葉が薄っぺらな感じになっています。記事に書かれている様に、気持ち 心が込められていれば おのずと伝わると思うのですが・・・
by: kitchenplaza * 2018/06/16 21:50 * URL [ 編集] | page top↑
こんばんは♪

頭を下げるのは長いから"誠意"を見せているとは言えませんね。
単なるパフォーマンスと思えてしまいます。
それにしても、頭を下げないといけないことが多すぎます。
by: きっちゃん♪ * 2018/06/16 21:55 * URL [ 編集] | page top↑
kitchenplazaさんへ
とりわけ、日大の会見を見ていて感じたのですが、長く頭を下げるのであれば、不自然な言い訳に終始するのではなく、潔く自らの関与を認めて謝罪すれば、美学的には共感できた、というところです。
逆に、監督やコーチが自己の正当性に確信があるのなら、どれだけ挑発されようとも己の信念を貫き通すべきであったと考えています。

そういった意味では、そのときの司会者の暴走ぶりが揶揄されていますが、「同じ質問ばかりだから会見はやめにします」の部分だけは私も共感しています。
by: 声なき声 * 2018/06/16 22:04 * URL [ 編集] | page top↑
きっちゃん♪へ
こんばんは。

一般的に、日本人はいい人が多いですから、ひたすら頭を下げ続けるている人を見ると、どことなく同情する気持ちがわいてくるのでしょう。
おそらく、そういった計算も働いて、長時間お辞儀をしているのだと思います。
by: 声なき声 * 2018/06/16 22:09 * URL [ 編集] | page top↑
おはようございます
私も 何分何秒間頭を下げたの報道には、
形だけのパフォーマンスに感じています。

それと「みなさまには、お詫びしたいと思います」
この言葉には、
「思うだけ?」の突っ込みを入れたくなります(^^ゞ

長い時間 頭を下げてる間
私は、頭の禿げ具合を眺めています(笑)

みなさんが、取り上げて居られますが
日大アメフト関連の会見
この選手も 目をつぶって長く頭を下げて
居ましたが、発せられる言葉の中から
真実を感じたので、聞く人の心を打ったのですね。

心からの言葉は、聞く人に
通じるものだと思える会見でした。

山一證券の会見も 心に残る会見でしたね。
やはり、心の中からの言葉だったからでしょう。

メディアもどこかずれた所の
報道ばかりしてますね。
会社を背負ってるからでしょうか(>_<)
by: ヨンヨン * 2018/06/17 05:23 * URL [ 編集] | page top↑
ヨンヨンさんへ
最近、よく使われる言い回しに「~したいと思います」があります。
言い方をソフトにしたいとの配慮があるのかもしれませんが、謝罪のときに使うのはまずいと思います。
明確に、「お詫びします」というのが筋でしょう。

私は白髪ではあっても毛髪には困っていませんので「頭の禿げ具合」にも関心がありません(笑)。
頭を下げながら、心の中で数字を勘定しているのかなと、憶測しています。
打ち合わせで、「〇秒間、頭を下げる」となっているはずですから。

シナリオに用意された言葉を読むのと、自分の思いを語るのとでは、聞いた側の印象は全く違います。
危険タックルをした選手は、”原稿”はあったかもしれませんが、自分の言葉で事実を語っていました。
だからこそ、多くの人の胸を打ったのでしょう。

メディアの取材や報道の仕方も見直しが必要です。
少なくとも、犯罪被害者の家族を執拗に追い回すのは、即やめるべきです。
by: 声なき声 * 2018/06/17 05:36 * URL [ 編集] | page top↑
そういや
商業高校のお辞儀研修(こんなのが本当にある)では、普通のお辞儀でも、下げて、1、2、と数えて3で顔を上げる、とか真面目に練習しましたからねえ。
 多分、最敬礼の時は何秒、とか企業に研修に来ている人が教えるんじゃないでしょうか。
なんでもマニュアルですからねえ。記者会見の時用までは研修ではやらないでしょうけど。
by: まこ * 2018/06/17 09:00 * URL [ 編集] | page top↑
TVのために、ですね。どこも同じようなことをやっていますが(苦労はされているのでしょうけど、結果出てくるコンテンツがよく似ちゃっている)。
by: TORU * 2018/06/17 10:31 * URL [ 編集] | page top↑
まこさんへ
私も、学生時代の就職活動のとき、入室と退室のときの礼をトレーニングされたことを覚えています。
2秒か3秒かにわたって首を垂れて、それから顔を上げるように指導されたものです。

いずれは、幹部候補生の研修のときに、謝罪会見の一連の動作もテーマに設定されるのではないでしょうか。
昔の武士は、可能性が極めて少なくても切腹の練習は徹底して行っていたそうです。
江戸時代のほうが、危機管理のマインドは濃厚であったのかもしれません。
by: 声なき声 * 2018/06/17 11:12 * URL [ 編集] | page top↑
TORUさんへ
深々と頭を下げている光景は、”テレビニュース映え”するのだと思います。
メディアというのは、そこまでの権力を持つに至ったのですから、考えようによっては怖いものです。
すべての人がそうではありませんが、記者会見での傲慢な物言いを見るにつけ、メディアというのはそんなにもエライものなのかと思っています。
by: 声なき声 * 2018/06/17 11:18 * URL [ 編集] | page top↑
頭を下げて欲しいのはフェイクニュースを流すマスメディアのほうなんですけど、アホらしくていまさら誰も言う気がしないですね。
大戦時にやっていた検閲とか再開してもいいのかもしれませんw
by: てかと * 2018/06/17 18:40 * URL [ 編集] | page top↑
てかとさんへ
「検閲」を復活するとなると、これは蜂の巣をつついたような大騒ぎになること必至です。
それは無理にしても、メディアが今までの姿勢を猛省し、事実を報道する姿勢に徹することが大切です。
世論を作り上げるのに非常に大きな影響力を持っていますので、相応の責任は果たしてもらいたいものです。
by: 声なき声 * 2018/06/17 18:51 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
https://koenakikoe.blog.fc2.com/tb.php/3088-6bf69820
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する