FC2ブログ

6月5日(火)

マンションに行くときは、契約している月極駐車場に車を停めている。

「5番」が私の車の場所である。

今日、初めて気がついたのだが、本来の私の番号は「4番」のはずである。

というのは、私のすぐ隣が「3番」であり、続きは「4番」が順当なのだが、あえて「5番」になっている。

「4」を避けてのことだろうが、なるほど、人によっては「死」を連想するので嫌がるかもしれない。

ただ、これも物の考え方ひとつであって、車は時には命を奪う恐れがある危険なものだから真剣に注意して運転しなければならない、という自覚を与える上では、むしろプラスになる部分もある。

私であれば、もし1,000円でも駐車料金が安くなるのであれば、積極的に「4番」の駐車位置を使いたいぐらいだ。

飛躍したたとえであるが、野球で「4番バッター」となれば、それだけで偉大な勲章である。

だから、「4」に対しての抵抗は私の場合はほとんどない。

ところで、関西では、妊娠すると中山寺(なかやまでら)に参拝する女性が多い。

”なやかまさん”というと、安産祈願の代名詞になっている。

聖徳太子の創建と伝えられているお寺であるが、なぜ安産にご利益があるかの説明は、中山寺のサイトにも書かれていない。

私の妄想ではあるが、実の子供14人が戦乱で殺された悲劇の聖徳太子を慰霊することで、同じ悲劇がわが身にも起こらないようにとの願いに発するのではないかと。

一番最初に中山寺にお詣りした人が、子孫断絶のイメージに包まれた聖徳太子ゆかりの寺に安産を祈願したのは、そんな動機があったとしても不思議ではない。

そして、めでたく丈夫な子供を授かったところから口コミで広がり、一気に安産祈願のお寺となった、というのが私の憶測である。

子孫繁栄を享受できなかった人の寂しい心を慰めることで、自分の安産を祈るという発想はそれなりに合理性があると思う。

ちなみに、わが家でも、二人の子は中山寺で安産祈願をして生まれてきて、すくすく育った。

口も達者になり、私の存在感は日に日に薄くなっていく(汗)。


20170605.jpg

19 : 07 : 13 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
<<6月6日(水) | ホーム | 6月4日(月)>>
コメント
こんばんは♪

そうですね~
4、9は避けることが多いです。
うちの住所は4、9も入っていますけど^^;
by: きっちゃん♪ * 2018/06/05 22:09 * URL [ 編集] | page top↑
きっちゃん♪へ
車のプレート番号は、末尾42はほとんど見かけません。
ただ、品川ナンバーのように番号が飽和状態になっていると、やむを得ず、使われるケースがあるようです。

住所の場合は、機械的に番号順になっていますね。
それでいてあまり不満の声を聞いたことがないのですから、詰まるところ、考え方や感じ方の問題だけだと思います。

by: 声なき声 * 2018/06/06 05:00 * URL [ 編集] | page top↑
おはようございます
私も 4や9は、気になりません。

出かけて、駐車スペースを選ぶときに
出入りに便利な場所は 選びますが
仮に 49番であっても かまわないです。

私の名前を数字表示にしたら
4になるので、HNが「ヨンヨン」なのです。
お誕生日も 8月4日で4が入っていますが、
8を半分にしたら4で
切りの良い日で 気に入っています。

息子が生れる時
安産祈願はしていませんが
どの子も あっさり生まれてくれました(^^ゞ

父親は、少し寂しいものですね。
その点 母親は、いつまで経っても
必要としてもらえるようです。
by: ヨンヨン * 2018/06/06 05:22 * URL [ 編集] | page top↑
ヨンヨンさんへ
言われてみて初めて気づいたのですが、ヨンヨンさんのお名前も数字で表せば”44”になりますね。

世間には4や9の数字を気にする傾向がありますが、私の息子は9月4日生まれです(汗)。
4の数字が複数あった場合、「しあわせ」と考えれば自然とハッピーになってくるのではないでしょうか。

振り込め詐欺の電話をかける犯人は、ほとんどが母親をターゲットにしています。
この場面でも父親は部外者です。
by: 声なき声 * 2018/06/06 06:13 * URL [ 編集] | page top↑
14人ってのはすごいですね、聖徳太子。がんばりすぎでしょ。
安産祈願とかいらないですね、そこまで生むと。
戦乱で全員亡くなっているのが痛々しいけど。
by: てかと * 2018/06/06 11:12 * URL [ 編集] | page top↑
てかとさんへ
当時は短命な人も多かったところから、子供はできるだけたくさん作る習わしがあったようです。
戦争前までは、5人や6人の兄弟姉妹がいる、というのは極めて普通の光景ではなかったでしょうか。
聖徳太子も子供たちの成長を楽しみにしていたのでしょうが、そんn思いもむなしく、子孫は絶えてしまいました。
中山寺に安産祈願する人々の祈りに、聖徳太子はしっかりと答えていると信じたいです。
by: 声なき声 * 2018/06/06 12:05 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
https://koenakikoe.blog.fc2.com/tb.php/3070-46e1b40b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する