FC2ブログ

5月19日(土)

恥ずかしながら、「場所見知り」という言葉を、今日、初めて知った。

小さな子供が、今まで来たことのない場所に来ると、泣き出してしまう現象のことらしい。

「人見知り」と同じようなメカニズムだと思う。

娘一家が父の見舞いにいくというので、病院で待ち合わせたところ、3歳の孫娘が自分の父親にしがみついて離れようとしないのである。

事情を聞くと「場所見知り」だというのだ。

そういえば、この3歳の子は「人見知り」も結構激しかったと記憶している。

ネットを調べてみたら、4歳ぐらいの子までは広く見られる現象であって、そんなに心配するようなものではないようだ。

自分のことを考えてみても、いまだに、その場所に初めて行ったときには大なり小なりの不安を覚えるものである。

たとえ物見遊山の旅行であっても、まわりに親しい人がいないときなど、心の片隅には落ち着かない感情が潜んでいる。

とはいうものの、遊びであっても仕事であっても、夢中になっていくうちに、そんな不安感は姿を消していって、いつの間にか忘れてしまっている。

孫娘にしても、おそらくそうなのだと思う。

現に、30分ほどで見舞いが終わって病院を出たときには、ニコニコして歩いていた。

子供でも大人でも、慣れることができればどんな環境であっても耐えられるらしい。

孫が元気を取り戻したのを見て安心したが、肝心の父はずっと眠ったままで、私たちが来たことも気づかなかったようだ。

できることなら、父に孫たちの顔を見せて、快復の原動力にしたかったのだが。

 
19 : 26 : 47 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
<<取扱説明書(マニュアル)をAIで自動作成し、取扱説明書を取り巻く社会環境を改善するAIシステム“CAMM”を開発し、提供していきます。 | ホーム | 大阪で高級車レンタカーのSSレンタカーを運営する株式会社SSコーポレーションにレクサスGS450hが納車した。>>
コメント
こんばんは♪

人見知りがある場合は「場所見知り」もあるように感じました。
観察力や感受性が高いのでしょうね。
by: きっちゃん♪ * 2018/05/19 22:15 * URL [ 編集] | page top↑
きっちゃん♪へ
たぶん、私の子供の頃は、人見知りも場所見知りも強かったと思います。
孫娘の姿を見ていて、主当たるフシがありましたので(笑)。
by: 声なき声 * 2018/05/20 05:03 * URL [ 編集] | page top↑
おはようございます
「場所見知り」ですか(^^ゞ
私も この言葉は、知らなかったです。

「場所見知り」ではないですが
孫も 自分の家に居る時より
我が家に来た時の方が 反応が鈍いです。
玄関では、笑ってくれません(笑)

今回の場合
お孫さんは、病院と言う異様な雰囲気に
驚いたのではないでしょうか。
大人でも、病院の雰囲気は、好ましくないですから。

それと・・お父様を心配する お嬢さんご一家が
緊張感の中に居られた 気持ちを敏感に
感じ取られたのでしょう(^^ゞ

お父様が 曾孫さんのお見舞いに気付かれなくて
残念でしたね。
年寄にとって、小さな子供は、快復の大きな原動力に
なるようです。
私の祖母も 息子を連れてお見舞いに行くと
急に 食べ物を食べたりしてました(^^ゞ
by: ヨンヨン * 2018/05/20 05:12 * URL [ 編集] | page top↑
ヨンヨンさんへ
おはようございます。

孫娘がこの4月から幼稚園に通っているのですが、いまだに「場所見知り」が残っていてよく泣いているそうです。
またバレー教室に体験参加しても、ずっと姉の手を握って立っているだけだとか。

ネットで読んだ情報では、大きな建物を見て不安感を持つケースも強いです。
ましてや、普段は縁のない病院に来て、その雰囲気に包まれると、幼い子供にとっては怖さを感じるのは自然なことかもしれません。

いつもであれば、父が孫やひ孫の顔を見ると、目を細めて喜びをあらわすのが常でした。
そんな父の姿を期待していたのですが、残念でした。
夜と昼とが逆転している父にしてみれば、もしかしたら午後3時半というのは最も眠りの深い時間であったのかもしれません。
by: 声なき声 * 2018/05/20 05:29 * URL [ 編集] | page top↑
日本全国あちこち国内見識を高めるために若いころに旅にでましたが、知っていることは強みですね。
急な出張でもとまどいが少ないので。
お孫さんも問題ないでしょう。
by: てかと * 2018/05/20 09:19 * URL [ 編集] | page top↑
てかとさんへ
3歳の孫娘は、姉が行くところに親に連れられて足を運んでいるので、本当なら慣れができているはずです。
習い事にしても、幼稚園にしても、いわば見慣れた光景なのですが、自分が主役の位置づけになると弱いのかもしれません。
場数の問題だと思いますので、いろんなところに顔をだしていく経験を積み重ねていけば、何ということはなくなるでしょう。
by: 声なき声 * 2018/05/20 11:15 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
https://koenakikoe.blog.fc2.com/tb.php/3044-cde6d6eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する