FC2ブログ

4月30日(月)

昨日、妻が医療保険の見直しということで、代理店から説明を受けてきた。

学生時代の友人が代理店をやっているというので、5年ほど前から、チョコチョコと契約内容を変更してきている。

昨日も、約半日をかけて説明を聞いたと妻は言っていたが、おそらく、保険とは全く関係のないおしゃべりにもかなりの時間を費やしていたことは想像にかたくない。

今回も、以前からの私のがん保険について、新しいタイプが出たというので、入れ替えることになったらしい。

昨日の代理店からの説明を、要点だけかいつまんで、私が聞くことになった。

そして、それで納得して署名することで、書類として完成することになるらしい。

私は、医療保険や生命保険の契約内容を読むというのは、すこぶる苦手である。

妻もそれはわかっているので、文字どおりポイントだけの説明になったが、要は、保証の範囲が拡がり、わずかばかりの保険料の追加だけの変更で済む、というものである。

具体的には月370円のアップであり、これは代理店側とすれば有力な武器である。

もし月1,000円の追加となれば、契約する者としては躊躇するかもしれない。

しかし、370円ならば、疑問を感じながらも「まあエエワ」となってもおかしくない。

だから、見直しのたびに、金額は少しとはいえ、保険料トータルはだんだんと上がってきている。

しかも、妻と私の二人分だから、所帯としては倍のボリュームになるのだ。

いままで、生命保険と医療保険に対しては、どれほど巨額の財産を投入してきたことか、考えるだけでも戦慄の思いを禁じ得ない。

同じ保険でも、昨日の火災保険とは大違いだ。

 
19 : 34 : 36 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<biid(ビード)みなとみらいの海上新施設『横浜港ボートパーク』をグランドオープン | ホーム | AIが自動回答し担当者への割り当ても!>>
コメント
こんばんは♪

私はずっと契約当時のままです。
特約とか言われても使うかどうかわからないので…
by: きっちゃん♪ * 2018/04/30 21:23 * URL [ 編集] | page top↑
きっちゃん♪へ
おそらく、最初に契約していた内容のままであっても、契約者として受けるメリットはあまり変わらないだろうと思います。
保険会社や代理店にしてみれば、保証内容が良くなれば客に勧める材料ができるので、「新商品」の開発に熱心なのではないでしょうか。
by: 声なき声 * 2018/04/30 21:27 * URL [ 編集] | page top↑
おはようございます
火災保険 自動車保険は、
時が経っても それほど大きな変更は有りませんが、
医療保険は、時代の流れで
大きく変更になっていますね。

どの保険も、出る時出ない時の
細かい判断が難しいです(>_<)

夫も、何十年も前に 指を怪我して
第一関節 第二関節の微妙な個所で
傷害保険が 出なかった事に
腹を立て、別の保険会社に変えました(^^ゞ

保険は、万一の時には助かりますが
何も無ければ、大きな保険料を払う事になります。
だから・・保険なのですが(^^ゞ

その保険料で、誰かを助けて居ると思って
「人を救っている」と思うより他有りませんね。
by: ヨンヨン * 2018/05/01 05:37 * URL [ 編集] | page top↑
ヨンヨンさんへ
「出る時出ない時の細かい判断」は本当に微妙です。
がん保険で、がんの診断を受けたので保険給付を申請したが認められなかったという話を、過去によく聞きました。
初期のがんであったということで、対象外になったからというものです。
昨今は初期段階でのがんでも給付対象になっていることが多いそうですが。

おっしゃるように、保険は万一の事態に備えてのものです。
役に立たないことが最も望ましいのですから、因果な役回りと言わなければなりません(笑)。

医療保険は、一種の互助会として認識するのがいいのかもしれません。
不適切な発想とは思いますが。
by: 声なき声 * 2018/05/01 06:14 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
https://koenakikoe.blog.fc2.com/tb.php/3021-1175cbc9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する