FC2ブログ

3月8日(木)

昼ご飯に、焼き飯を作った。

野菜炒め以外にも料理のレパートリーを広げておきたいと考え、候補として真っ先に頭に浮かんできたのが焼き飯である。

ところで、”焼き飯”と”チャーハン”の違いについて、少しばかりネットで調べてみた。

サイトによって実にさまざまであるが、一般的には、両者は違うものと見ているところが多い。

いわく、中国料理がチャーハン、日本料理が焼き飯、というのもあった。

また、玉子を入れてからご飯を入れるのがチャーハンで、その逆の順番が焼き飯という説を唱えているサイトもあり、こちらは非常にその数が多かった。

ただ、実際には、本格的な中華料理店でもご飯の次に玉子を入れるところもあったらしいから、必ずしも食材を入れる順番の問題ではないようだ。

その点、wikiで”チャーハン”の項を見ると、別名として”焼き飯”と書かれている。

つまり、どちらも同じものと認識しているようだ。

wikiが正解かどうかはともかく、実際の食生活では両者を同じものとして考えても、なんら問題はないと思う。

ちなみに、今日の食材としては、玉ねぎとベーコンと玉子だけを使った。

調味料はわずかばかりの胡椒だけ。

せめてピーマンを入れておけば、見た目の鮮やかさは引き立ったと思う。

減塩を心がけているので、塩は全く入れなかった。

そのせいか、あまりに淡泊な味になったことは避けられない。

このあたりの反省点は、次の課題として改善につなげていこうと思う。

おいしいかどうかを別にすれば、一応は成功した。


20180308.jpg


20 : 20 : 49 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(14) | page top↑
<<3月9日(金) | ホーム | 3月7日(水)>>
コメント
おいしそうですね♪

わたしのなかでの「チャーハン」と「焼き飯」の違いは、最愛の祖母に起因します。
料理が上手で料理で生計をたてていた祖母(享年89)との会話のなかで、
焼き飯=塩コショウのみで味付けたシンプルな炒め飯

でした。(たしか)

おばあちゃんがつくる焼き飯やハンバーグが大好きでした。
マザコンではありませんでしたが、ババコンでしたね完全に。

チャーハンや目玉焼きなど、簡単そうに見える料理こそ、奥が深いし難しいものですよね。
わたしはメンズにサラダやチャーハンを出す自信がありません。
by: みさと * 2018/03/08 21:47 * URL [ 編集] | page top↑
こんばんは♪

チャーハン、好きなのですが作るのは苦手です。
パラパラにならないのです。
今、ちょっと調べたらマヨネーズで炒めるとパラパラになるとありました。
by: きっちゃん♪ * 2018/03/08 22:32 * URL [ 編集] | page top↑
おはようございます
お昼ご飯のレパートリーが一つ増えましたね(^^)v
今は、お一人で、夕ご飯も、考えないとならないので、
新しいお料理を覚えるチャンス(^^)v

玉子が先か ご飯が先かの
チャーハンと呼ぶか 焼き飯と呼ぶかですが・・
どちらとも呼べない美味しい炒めご飯(笑)の
我が家の作り方を!

先に お野菜やベーコン等を炒めて
お皿に取って、ご飯に玉子を入れて混ぜて
(玉子かけご飯です)
それを良く炒めて、最後にお皿に取ったお野菜類を
入れて、軽く炒める

こうすると お店で出て来るポロポロの
炒めご飯が出来ます。

玉子とご飯が一緒なので、
チャーハンでもなく 焼き飯でもなく
炒めご飯です(笑)

お塩を入れないなら、
コショウやカレー粉 生姜などの
香辛料を入れたら、味が引き締まるでしょう。

私は、良くカレー粉を入れた
カレーチャーハンにしますけど。
入れるタイミングは、お野菜類を
入れる時です。
by: ヨンヨン * 2018/03/09 05:07 * URL [ 編集] | page top↑
みさとさんへ
塩コショウだけで味付けをされるのですから、さすがに、料理をお仕事にされていただけのことはあると思います。
実力のある人であれば、食材を選ばずに絶品の料理を作りますからね。

おふくろの味というフレーズがありますが、私の場合は母が作ってくれたカレーにその言葉を感じます。
あの辛さの中に、大人の世界を垣間見たような気がします。

チャーハンも目玉焼きも、形だけであれば私でも料理することができます。
もちろん、プロのシェフが作ったものとは比べ物になりませんが(汗)。
入り口が広い料理ほど、奥も深いというのは間違いありません。
by: 声なき声 * 2018/03/09 05:35 * URL [ 編集] | page top↑
きっちゃん♪へ
はい、チャーハンの魅力の一つは、あの「パラパラ」感です。
私など、とうてい無理ですが。
マヨネーズを使うという発想は意外です。
次にチャレンジしてみます。
ただ、マヨネーズで炒めたら、味が変わってしまうのではないかと、その点が気がかりです。
by: 声なき声 * 2018/03/09 05:39 * URL [ 編集] | page top↑
ヨンヨンさんへ
詳細な手順を教えてくださり、ありがとうございました。

最初に、野菜やベーコンを炒めておくのがポイントですね。
私はご飯と一緒に処理しました(汗)。

「玉子かけご飯」の要領で炒めることを次回は試してみます。
ベテラン主婦のスキルが凝縮されていると感じました。

香辛料は胡椒を少し入れただけです。
カレー粉を入れるとは多いも寄りませんでした。
バリエーションが豊富なことに驚きました。
教えていただいた手順通りにチャーハンを作ってみます。
ありがとうございました。
by: 声なき声 * 2018/03/09 06:40 * URL [ 編集] | page top↑
おいしいかどうか
こんにちは~。

焼きめし、炒飯の類は、油が多くて、しょっぱくて、健康的な料理ではないです。だからおいしいんですけどね。

>おいしいかどうかを別にすれば、一応は成功した。

末尾の一文で爆笑しました。声なき声様の記事は、終始大マジメなところが味ですね!
by: ぢょん でんばあ * 2018/03/09 07:54 * URL [ 編集] | page top↑
料理はおいしいがないと食べないから、塩をすこし降ったほうがいいかもしれませんね
見た目もおいしそうです。
料理をした気になるのが炒め物や油ものの特徴ですが、若いときならいざしらず連続すれば体にはよくないのでほどほどに。回数を減らす感じで。
by: てかと * 2018/03/09 07:59 * URL [ 編集] | page top↑
こんにちは

おいしいかどうかを別にすれば成功

これは名言の予感がします。
私も一人暮らしを初めてすぐ、チャーハンを作ったのを思い出しました。
by: unagi * 2018/03/09 09:50 * URL [ 編集] | page top↑
ぢょん でんばあさんへ
はい、油やベーコンを使っている時点で、かなり体への負荷は大きいです。
それらが美味を演出していますので、痛し痒しといったところです。

私自身の意識としては、決して笑いをとるつもりがなくても、なぜか周囲の失笑を買う傾向が強いです。
そんな星のもとに生まれたのだと思い、誰をも恨まないで日常生活を送っています(微笑)。
by: 声なき声 * 2018/03/09 10:58 * URL [ 編集] | page top↑
てかとさんへ
塩分に関しては、私はナーバスになり過ぎているかもしれません。
毎月、かかりつけ医からは「塩分控えめ」を言われていて、それが私の骨の髄まで沁み込んでいるのは事実です。
ただ、必ずしも塩分が高血圧症の原因であるとも断言はできないようですし、逆に塩分カットによっておいしさがなくなることでのフラストレーションが血圧を上げているかもしれません。
この点、夏場になって血圧が下がった時点で医師に相談してみるつもりです。

なるほど、炒め物をするといかにも料理をした気になるものですね。
年齢を考え、自重いたします。
ご助言をいただき、ありがとうございます。
by: 声なき声 * 2018/03/09 11:07 * URL [ 編集] | page top↑
unagiさんへ
私は、妻が最初のお産のときに、半年たらずだけですが、一人暮らしを経験したことがあります。
冬の時期ということもあって、食事はカレーライスか鍋かのいずれかでした。
日曜日にカレーをまとめて通っておいて、3日間はカレーライス、あとの3日間は鍋に豆腐や野菜を入れての適当な料理でした。
その当時は焼き飯を作ろうという発想は全くなかったです。
もしそのときから料理の重要性を認識していたら、私の人生は大きく変わっていたに違いありません。
by: 声なき声 * 2018/03/09 11:22 * URL [ 編集] | page top↑
最初にネギを、炒めてから作ると風味が有りますよ。

最後に(レタス)を入れるのも美味しいです。
現に近所の中華飯店では(レタス炒飯)がメニューに有りましてね。
by: アイハート * 2018/03/09 19:56 * URL [ 編集] | page top↑
アイハートさんへ
レタス入りのチャーハンは初耳です。
味わってみる値打ちはありそうですね。
ありがとうございます。
by: 声なき声 * 2018/03/09 20:14 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
https://koenakikoe.blog.fc2.com/tb.php/2936-3e396914
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する