FC2ブログ

2月22日(木)

民放のテレビ局にとっては、視聴率にまさる重要関心事はほかにないだろう。

いやNHKにしても、自社で放映している番組がどれほどの人に見られているかについては、気が気でないと思う。

テレビ局にとっては、視聴率は勤務評定そのものであり、自分たちがやった仕事の成績表にほかならない。

私が見ているテレビドラマは、『相棒』とNHKの大河と、あとは気が向いたときに再放送の『水戸黄門』を見るぐらいのものである。

NHKの大河は、受信料の元をとるため(汗)と、従来からの惰性によるものだ。

ただ『相棒』についてjは、結構、身を乗り出して見ていた。

「見ていた」と過去形にしたのは、最近は、以前ほどの魅力を感じなくなったからである。

昨晩21日の放送にしても、録画でご覧になっている人もいられるようなので詳しい内容は書かないが、ストーリー展開があまりにも月並みであった。

犯行に及んだ動機も首を傾げるものだし、真相解明に至るプロセスも偶然性の要素が強過ぎた。

シナリオが平凡であり、ほかでやっている”刑事もの”と変わるところがない。

全盛期という言い方は適切ではないかもしれないが、『相棒』が大評判を呼んでいたころは、とにかく完成度が高かった。

細部に至るまで慎重に練られ、丁寧に制作されていた作品であったと思う。

だからこそ見ていても感情移入できたのである。

『相棒』が劣化したというのは、私だけの感想ではない。

この記事を読むと、視聴率が落ちている背景が見えてくる。

とりわけ、再放送の番組のほうがその週に放送したレギュラー放送よりも視聴率が高いことがあるとの指摘には、うなずける部分がある。

過去の番組のほうが面白かった、というのは私も全くの同意見である。

いっときのように、オープニングの音楽を聴くだけで期待感がわいてくるような高ぶりは、もう望めないのだろうか。

 
20 : 11 : 59 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(12) | page top↑
<<2月23日(金) | ホーム | 2月21日(水)>>
コメント
視聴率をはかるモニター?対象?になるには、宝くじにあたるより確率が低いと20年以上前に聞きました(爆)
なんか、機械を設置する?とか…
少なくとも今は違う計測の仕方になっていそうですよね。
私がときめくオープニングは、tvk(テレビ神奈川)のベイスターズナイターのオープニングです。
今日の解説は松原誠か斎藤明雄か…っておい!すいません、またブログと関係ないコメントをしてしまいました…
by: みさと * 2018/02/22 20:27 * URL [ 編集] | page top↑
みさとさんへ
視聴率の対象となる家庭は、極めて数が少ないそうです。
そんなわずかな数であっても、人気のいい番組はやはり高い数値が出ますから不思議ですね。
選挙の投票結果と同じで、統計学的な処理がなされているからだと思います。

テレビ神奈川は大阪では見ることができません(笑)。
斎藤明雄さんて、髭の人でしたね。

私が印象に残っているオープニングはウルトラマンです。
50年以上も前になりますが。
https://www.youtube.com/watch?v=hSgBCi-1yQE
by: 声なき声 * 2018/02/22 20:39 * URL [ 編集] | page top↑
こんばんは♪

『相棒』は「土曜ワイド劇場」の頃から見ています。
たしかに最近の内容はイマイチです。
でも、まだ見ているのは期待があるからでしょうね…
by: きっちゃん♪ * 2018/02/22 22:14 * URL [ 編集] | page top↑
おはようございます
テレビの視聴率の調査は、正確だと言われてますが
録画していると、その数値には 反映されないとか・・
最近は、テレビも一人に1台の時代ですし、
パソコンやスマホで 観る人も居る時代
本当に 正確なのでしょうか。

『相棒』は、まったく観ていませんから
オープニングの音楽も、浮かんでもきません(>_<)
小説にしても、推理小説や謎解きは、
あまり好まないです。
思考が 単純なので 考える事が億劫なのでしょう(笑)
by: ヨンヨン * 2018/02/23 05:04 * URL [ 編集] | page top↑
きっちゃん♪ へ
私もかつてのようなエキサイティングな展開を期待しているのですが、なかなか期待どおりにはいきません。
いろんな事情があって、自由に作品を作ることができない事情があるのかと思ったりします。
by: 声なき声 * 2018/02/23 05:28 * URL [ 編集] | page top↑
ヨンヨンさんへ
視聴率には誤差が2%ほどあるそうです。
結構、誤差の範囲が大きいと思うのですが、それがおしゃっているような要因にからんでのものかどうかはわかりません。

一般的に、視聴率の高いとされている番組は、私が見ていても惹かれる部分があります。
「24時間・・・」は例外ですが(汗)。

私はサスペンス系が好きです。
それだけに、謎解きが陳腐であったり非現実的であったりすると、幻滅してしまいます。
by: 声なき声 * 2018/02/23 05:37 * URL [ 編集] | page top↑
おはようございます
私も最近のシナリオの質の低下は実感していました。

それと右京キャラが少し傲慢になってきた感じがいけない。もっと理性的で謙虚なイメージキャラだったと思うのですけど。

相棒キャラも相棒というより信頼性のない部下って感じがつまらないですね。

初代の相棒は右京との対比がよくて、その対比から解決へと導かれるシナリオとか信頼関係のよさがまさに相棒と呼ぶのにふさわしかったです。

監督陣が変わっているのも物語を深化できない理由なのかな?とも思っています。

まあ、それでも他の刑事ドラマ?よりはぜんぜんマシですけどワクワク感は無くなりましたね。マンネリ化かしらん。w

by: ひまわり * 2018/02/23 08:57 * URL [ 編集] | page top↑
まさに核心をついた話なのですが、
視聴率がとれないとスポンサーが降板します。
金がないと番組が作れないので質が低下します。ウチキリエンドが待っていますねw
NHKは先に受信料を視聴者からとるのでクオリティは一定になりますか。
俺はくだらない内容で金払いたくない、見たくないからテレビ撤去しちまったけどw

>ニンジンはわかりませんが、ジャガイモと玉ねぎは、今も安い値段で売られています。
にんじんも安いときあるから、まとめ買いしとくしかないですね
by: てかと * 2018/02/23 08:58 * URL [ 編集] | page top↑
ひまわりさんへ
リアルな世界でも、ネット情報によると水谷豊さんのわがままぶりが目立ってきているそうです。
シナリオの基本的な箇所にまで口をはさんできて、書き直しを要求することがあるとか。
また、共演する役者の人選にも不満を漏らしていて、「変えてくれ」と主張するそうです。
主演の役者ですから力が入るのは当然でしょうが、自分の領域以外のことはよほどのことがない限りは静かに見ているべきです。
もしかしたら、そんな姿勢がキャラクターの中にも出てきているのかもしれません。

右京さんに魅力を感じるのは、まさに理性的で謙虚」な側面です。
それでいて難問を見事に解決していく手腕に、多くの視聴者は心惹かれるのだと思います。

私も、初代の寺脇康文さんとのコンビの時代が最もお気に入りでした。
『相棒』が人気を集めたのは、このペアリングのおかげだと思っています。
by: 声なき声 * 2018/02/23 11:57 * URL [ 編集] | page top↑
てかとさんへ
民放の場合はスポンサーあっての番組です。
視聴率をとるために、人気番組をパクってくるというのは平気で行われています。
プライドがないのかと言いたくなりますが、視聴率を稼ぐためにはやむを得ないのでしょう。
テレビを撤去されたお気持ちはよく理解できます。

私は子供のころからニンジンは嫌いではありませんでした。
ゴボウやネギ、レンコンは食べられなかったのですが、ニンジンは平気でした。
by: 声なき声 * 2018/02/23 12:02 * URL [ 編集] | page top↑
初めまして
相棒、昔の再放送を見たら、そっちの方が、断然面白かったです。
再放送は、面白いのを選んでいるのもあるのでしょうが。
by: oyajifun * 2018/02/25 18:33 * URL [ 編集] | page top↑
oyajifunさんへ
ようこそ、おいでくださいました。

私も、再放送のほうがはるかに番組に没入できます。
再放送も、おそらくは実放映されたものを順番どおりに放送しているのだと思います。
昨今の低調ぶりは、シナリオライターが変わったのが大きな理由ではないかと思っています。
by: 声なき声 * 2018/02/25 19:02 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
https://koenakikoe.blog.fc2.com/tb.php/2920-e84e6c8b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する