FC2ブログ

2月3日(土)

毎年、節分には、神社に詣でてお祓いを受けている。

初詣もそうであるが、節目の時期に神社を参拝するときは、穢れをはらうために行くものであって、特別なことでのお願いというのは、私はしないようにしてきた。

しかし、ことしは別である。

息子一家のアメリカ生活の無事と妻のインフルエンザ平癒の二つを、心ひそかに祈った。

目先のことではあるが、私には重大な関心事である。

アメリカ行きのことは、世間では多くの人が経験していることであって、息子たちにしても知恵を絞って乗り切っていくことと思う。

しかし、妻のインフルのほうは私にも意外であった。

妻はいままでたいした病気というのは経験していないし、しかも、息子一家を預かっているという微妙な時期だけに、今回のインフルはこたえたらしい。

ずっと自宅静養で、今日などは元気な顔を見せていたが、医師からは来週の火曜日まで禁足令が出されている。

ほかの家族への感染も怖いので、事実上、座敷牢状態である(汗)。

そんな心配事があって、今年の節分祭では異例の個別のお願いをした、という次第。

帰宅して、孫と一緒に形だけの豆まきをした。

といっても、家長が鬼に扮して子供たちが豆を投げるというスタイルはとっていない。

そもそも、「鬼」は必ずしも人間にとっての敵ではないと思う。

だから、わが家では、「福は内」だけを唱えて、家の周りで豆をまくというのがならわしだ。

当然、巻き寿司の丸かぶりなんてやらない。

以前からやっていないし、いま、3歳の孫に”行儀”を教えている最中に、それに真っ向から反する行為を見せてはいけないからである。

わが家の節分は、静かに時を刻んでいった。

 
20180203.jpg

20 : 56 : 19 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
<<2月4日(日) | ホーム | 2月2日(金)>>
コメント
こんばんは♪

そうです~
鬼は必ずしも悪者ではないです。
by: きっちゃん♪ * 2018/02/03 22:18 * URL [ 編集] | page top↑
きっちゃん♪へ
地域によっては「鬼は内」あるいは「鬼も内」と言うところもあるようです。
鬼は人間と共に生きていますから、決して追い出すべき存在ではありませんね。
by: 声なき声 * 2018/02/04 05:27 * URL [ 編集] | page top↑
おはようございます。
毎年 何もしない節分です。
お参りも豆まきも丸かぶりも・・
昨日も、普通の土曜日でした(笑)

鬼は、
人間の中にある邪悪な心の事なんですよね。
考えられない酷い事件が多発する最近
人間の心は、鬼だらけなのでしょうか(>_<)

鬼と言うと、悪者の象徴ですが
濱田 廣介の童話『泣いた赤鬼』
このお話は、無償の愛が描かれているのですが、
やりきれない辛い気持ちになりますね。

お父さんが鬼に扮して 豆を投げつけられるのは
可哀そうに思います。

今年の 声なき声さん家は、
心ざわめく様々な事が起こっていますので
お祓いを受けられるのも 当然と思います。

奥さまが座敷牢から解放される日が
早く来ますように、
牢の鍵を開けてあげて下さいね(笑)
by: ヨンヨン * 2018/02/04 05:27 * URL [ 編集] | page top↑
ヨンヨンさんへ
鬼の親子が登場人物になった童話は少なくありません。
そこでは人間と変わらぬ親子の愛情が描かれています。
読むたびに、鬼も人間も変わらないものだとつくづく思います。

お祓いを受けた後、神主さんからのお話で、「知らない間に人間にはけがれがたまっている。節分の節目のときにそれを洗い流すのが大事だ。」といった意味のお話がありました。
おっしゃるように、最近は経験したことのない事態に追われ、自分の心の中にネガティブな感情が鬱積していることが、自分でもわかるほどです。
お祓いの科学的根拠はないかもしれませんが、心が洗われた思いがいたしました。

たぶん、妻は牢名主として威張っていることと思います(笑)。
by: 声なき声 * 2018/02/04 05:36 * URL [ 編集] | page top↑
そういえば恵方巻なんてのがありましたね
我が郷土、茨城県は坂東太郎のおひざもと
そんな風習ないからやってませんけど。
もともと西の遊郭で行っていたエロチックな遊びなんでしょ。
子供がやることじゃないですねw
by: てかと * 2018/02/04 08:45 * URL [ 編集] | page top↑
てかとさんへ
はい、羞恥心を知っている女性ならば想像するだけでも顔から火が出るような行為のことです。
もちろん子供がすることではありません。
また、テレビでCMを流すようなものでもありません。
早く、すたれてほしいと願っています。
by: 声なき声 * 2018/02/04 17:50 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
https://koenakikoe.blog.fc2.com/tb.php/2892-45e0f112
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する