FC2ブログ

1月10日(水)

大人3人がかりで、家の荷物の整理をした。

作業に専念できるように、3歳の子は、市の一時保育制を使って預かってもらった。

要は、アメリカでの生活に必要な品を選別するためのものである。

先月に、息子一家が住んでいた家の荷物を、一旦は大阪のわが家に運び込んだ。

そして、先に渡米している息子と相談しながら、現地で買うもの、大阪に運び込んだものからアメリカに送るもの、そして、日本で新規に買って送るものの3種類に分類してリストアップした。

私など、事情がわからないものだから、アメリカで家族が合流してから、そこで買えばいいのではないか、と安易に考えていたのだが、そんな単純なものではないらしい。

息子の話では、日本と違って、ネット宅配も大型家具店もないとのこと。

だから、嫁のところには、息子から頻繁にラインの電話が入ってくる。

会話の様子を横で聞いていると、息子がかなり神経をピリピリにさせていることが手に取るようにわかる。

とはいっても、すべてが理想的に回る方法なんて、あるわけがない。

日本から送る品については、船便での発送になるので、ひと月からふた月後の現地着になる。

急ぎのものは、手に持っていくしかないとしても、では子供のおもちゃはどうするのか、という問題がある。

結構、たくさんの種類を持っている。

まさか、全部をスーツケースに詰めて持っていくわけにはいかない。

さりとて、船便で送ってしまうと、最長2か月間はそれで遊ぶことができなくなる。

子どもにとっては大きなフラストレーションになるに違いない。

それは枝葉末節の問題としても、とにかく頭を痛める課題が山積しているようだ。

おそらく、息子にとっては、英語でのコミュニケーションが思うようにいかないことで苦しんでいるのだと思う。

現地に到着して1週間目ぐらいに、「電話がかかってきたらビクビクする」といった意味のことを語っていた。

ファストフード店での店員さんとの会話でも、相手が何を言っているのか、よくわからないらしい。

ただ、冷たいようだが、それは自力で乗り越えるしかない。

2年もすれば、日常会話なら支障なくこなせるようになっているだろう。

もっとも、2年後には日本に帰ってくるのだが(汗)。


20180110.jpg
さすがにバットはアメリカには送らない


 
20 : 17 : 36 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(20) | page top↑
<<1月11日(木) | ホーム | 1月9日(火)>>
コメント
送料が高いんですよね。

それと、品物の名前と(金額)を記入です。
私なんて、何十年ぶりに辞書を引いて書いたのですが。
バカな娘は(愛用の枕)を送ってくれと・・(値段)が困ります、タダですからね。
パンティ何枚、シャツ何枚、、もう、バカバカしくて、そっちで買えと言ったら、サイズが合わないと。

今思い出しても、笑えます。
(マタニティードレス、、、サイズが全く合わないと。。)
by: アイハート * 2018/01/10 22:12 * URL [ 編集] | page top↑
アイハートさんへ
はい、「送料」がかなり高いと聞いています。
それなら、現地で買うほうが商品代だけで済みますので、コスパはいいと思うのですが、いろいろな理由で日本から送るように息子は主張しています。
洗濯籠など、100均で買ったものを送るそうなのですが、送料のほうが高くつきます(汗)。

サイズの違いもありますし、日本でポピュラーなキャラクターがアメリカにいない問題もあります。
アンパンマンのシャツは、こちらから持っていかないと、現地での入手はむずかしいようです。

息子も悩んでいるでしょうが、こちらでは、嫁も妻も困惑しています(汗)。
by: 声なき声 * 2018/01/10 22:21 * URL [ 編集] | page top↑
こんばんは♪

出張と違って赴任となるといろいろあります。
引っ越しと変わらないぐらいの大変さですね。
by: きっちゃん♪ * 2018/01/10 22:25 * URL [ 編集] | page top↑
きっちゃん♪へ
国内での引越し以上に煩雑です。
今回は、特に赴任直前に赤ちゃんが誕生したということもあって、より混迷の度合いが深まりました。

2年で終わりというのも中途半端な話で、息子が現地で品を買いたがらない理由の一つは、そこにあるのかもしれません。
by: 声なき声 * 2018/01/10 22:28 * URL [ 編集] | page top↑
おはようございます。
国内の引っ越しでも 大変な事ですから
生活環境の違う外国では
もっと大変な事と お察しいたします。

荷物もさることながら
小さい息子さんと 赤ちゃんを連れての
渡米は、身の回りの荷物だけで
手一杯でしょう(^^ゞ

環境が変わって、慣れたおもちゃが無いのは
可哀そうですから、おもちゃは、必需品ですが
洗濯かごなど、とりあえず 別の物で
代用出来るものは、我慢しないとなりませんね(^^ゞ

全部が揃ったら、帰国の時になったり・・(笑)
by: ヨンヨン * 2018/01/11 05:16 * URL [ 編集] | page top↑
ヨンヨンさんへ
まさか、息子が赤ちゃんを連れての海外渡航をするなんて、想像もしていませでした。
人生いろいろです。

洗濯かごぐらいは・・・と私も思ったのですが、それはそれで大事な問題のようです。
ただ、100均のものだと、確実に運賃のほうが高いですから、いかがなものかと思っています(汗)。

現地で満足できる生活環境が整うのは、本当に「帰国の時」ごろになるかもしれません。
そう考えますと、2年というのはあまりに中途半端な期間です。
by: 声なき声 * 2018/01/11 06:04 * URL [ 編集] | page top↑
全体が見えないのでコメントしにくいのですが、
俺も同じようなことを思ったでしょうね
現地で買え、と無責任にw
家具とかレンタルとかないのかな。
他にも日本からアメリカに出向した先達もいるとは思うのですが、
なんでも一から自分で切り開く必要はないというか。
まぁ、環境の変化に視野がせまくなってて苦労してるんだろうな、とはわかります。
by: てかと * 2018/01/11 10:15 * URL [ 編集] | page top↑
てかとさんへ
同じ会社の人ではないのですが、関連企業のかたで、似たような状況で赴任しているがいらっしゃるようです。
その人から何かと教えていただいているようですが、そこそこの年数が経っていますので、シチュエーションが違い過ぎていてアドバイスがそのままは適用されならしいです。

会社としては、おそらく、個人の家庭の状況に関しては介入しない方針だと思います。
確かに、やり出せばキリがありませんから。

ひとごとかもしれませんが、息子にとってはいい試練になっていると私は考えています。
by: 声なき声 * 2018/01/11 16:08 * URL [ 編集] | page top↑
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: - * 2018/01/11 18:37 * [ 編集] | page top↑
18:37鍵コメさんへ

アリゾナのTucsonです。
私も名前すら知りませんでした。
ご心配をいただき、恐縮です。
そのお気持ちをうれしく受けとめています。
by: 声なき声 * 2018/01/11 19:23 * URL [ 編集] | page top↑
ウォールマート
dollar shop と、wal-mart、それからTarget。このあたりが見つかれば、洗濯かご程度なら、解決すると思いますが…。まあ車がないと、かなり大変なので、家が落ち着いて、車を買って…という手続きが終わるまでは大変だと思います。
Tucsonには、Wal-mart super centerがあるようです(1650 W Valencia Rd, Tucson, AZ 85746)。そこにさえ行けば、日用品は大体OK。おすすめです…っていうか、日本でいう、イオンとホームセンターの複合みたいな店で、要はここしかないといえばない…みたいな感じですね。
あと、ファーストフードは多分、最初に聞かれる「Here or to go?」がわかりにくいと思います。つまり、「ここで食べるか、それとも持って帰るのか」と聞かれているということです。中で食べるなら「here」、紙袋に詰めてもらうなら「To go」です。あとは、もう、セットメニューの番号で、「ナンバーワン!」とか「ナンバーファイブ!」とか叫ぶのが、わかりやすいです。
がんばれ!応援してます。
by: まこ * 2018/01/11 20:36 * URL [ 編集] | page top↑
まこさんへ
wal-martはあるそうですが、車がないと行けない距離だとのことです。
いまは自転車しかなく、なんでも4車線の道路を横断しなければならないとのことで、本人は「命がけ」と言っていました(汗)。

車は、3月の始めぐらいでないと入手できないそうです。
ちょうど家族と合流して新生活がスタートするタイミングです。
事情がわからないのですが、もっと早く納車がなされないものか、じれったい思いです。

アリゾナに着いて2日目ぐらいに、ファストフード店でセットものを頼んだところ、食べている途中でドリンクが付けられていないことに気づいたそうです。
レシートにもちゃんと書かれています。
しかし、それをどう説明すればいいのかわからず、「泣き寝入り」したと語っていました(笑)。
いずれは、しっかりと苦情を言えるようになると信じています。

ご声援ありがとうございます。
今後とも、アドバイスをいただけたらありがたいです。
まこさんのお気持ちは、必ず息子に伝わることと思います。
by: 声なき声 * 2018/01/11 21:01 * URL [ 編集] | page top↑
人口50万+の大都市です。
こんばんは。
車が無いと、ツーソンでは(アメリカではニューヨークやサンフランシスコなどの人口密集都市の中心部以外では)二進も三進も行かないでしょう。
ツーソンは何度か出かけていますが、人口50万超えの町です。この10年さほどの増減はありませんが、必要なものは全て揃う町です。(下にウィキのサイトを貼っておきます。)
https://ja.wikipedia.org/wiki/ツーソン

まず、車を入手するのが先かと思いますが、なぜ3月まで入手できないのか疑問です。車もKelly Blue Book (https://www.kbb.com) と云う信頼できる新車、中古車の情報、適正価格を表示する本を出している組織がありますから、そこで値段などを調べてからディーラーへ行った方が良いと思います。
駐在先の会社には他に日本人駐在員あるいは社員はいないのでしょうか?
車の運転免許はどうなっているでしょう?
国際運転免許情報は>>https://ja.wikipedia.org/wiki/国際運転免許証
JAFの情報>>http://www.jaf.or.jp/inter/kokusai/
今日はこれで失礼します。
by: yokoblueplanet * 2018/01/12 18:07 * URL [ 編集] | page top↑
yokoblueplanetさんへ
何かとご心配をいただいて恐縮です。

ツーソンの印象を訪ねたら、「砂漠」という言葉が返ってきました。
50万人もの人が住んでいるのですから、「砂漠」ではないと思うのですが、息子の心理としてはそうなのかもしれません(笑)。

車の購入手続きのことは私はわかりませんが、3月の初旬とのことです。
もっとも、必要があれば、会社の車を使うことも可能だとの話でした。
免許は、これもよくわからないのですが、簡単にとれるようです。
3月に家族と合流しますが、嫁も運転する段取りになっていますので、免許取得は困難ではないと思っています。

おっしゃるように、車がなければ生活ができないと、息子も申しておりました。
日本では、過疎地帯でない限りは、車がなくてもなんとかなりますので、彼我の違いは大きいと実感しています。

いつも貴重なアドバイスをいただき、ありがとうございます。
by: 声なき声 * 2018/01/12 18:31 * URL [ 編集] | page top↑
不便すぎる
えーっと…まずですねえ…。バスはどうなっているでしょうか。後、レンタカー。会社の人に、乗せてもらうとかして、レンタカーを数日借りるのはどうでしょう。
ダウンタウンから、いろいろなところへ乗り換えることになりますが、バスも走っていますよ。自転車は、アメリカでは「スポーツ用品」だと思ったほうがいいです。
車なしで3月まで待つのは、ちょっと不便すぎでは…。ちなみに私が渡米したときは、空港でレンタカーを借りました。車を買うときは、バスで近くまで行ってディーラーまで歩き、車に乗って帰りました。
 日本からの送料のことも考えると、アメリカのアマゾンで通販も、住所さえ決まっていれば案外いけるのではというのもあります。(ベッドや、上に乗せるマットレスも、アマゾンで買いました)
 たった2年しか使わないんですから、そのあたりは妥協したほうがいいです。
 日本製のもので持って行ったほうがいいのは、刃物系統ぐらいですね。

 手伝ってあげたいなあ…ほんとうに。
話を聞いているとやきもきします、はい。
by: まこ * 2018/01/12 20:49 * URL [ 編集] | page top↑
まこさんへ
バスのことは全く聞いたことがありません。
今度、尋ねてみます。
ただ、事情がわからない人間からすれば、治安の点で不安を感じますが。

3月に家族と合流するときは、車の段取りはついているそうです。
もし、納車されていなくても、レンタルできる段取りはとっているとのことでした。

家族と同居が始まったら、アマゾン通販での購入をするようです。
というのは、息子一人ですので不在のことが多く、配達品の受け取りができないので、いまはネットは使っていないとのことです。

私も妻も、日本から送るよりも現地調達のほうがいい、との話をしたのですが、息子は日本から送ってほしいと切望しているのです。
本当の理由はわかりませんが、彼なりの何らかのこだわりがあるのかもしれません。

本当にご心配をいただき、申し訳ございません。
彼はちゃんと結果を出す人間ですので、必ず最後はハッピーエンドに持っていくことと信じています。
by: 声なき声 * 2018/01/12 21:02 * URL [ 編集] | page top↑
UPSとかだと
ロッカーで受け取りとか、アパートメントに管理棟があるタイプなら、そこに置いて行ってもらうとか…あとは届ける日を指定して休日にするとかですかね。
UPSだと、荷物を受け取りに行くオプションもあるんですが…。まあ、日本から送るのの問題点は、お金だけですから、そこに納得がいくならもちろんいいんですよ。ごめんなさいね、うるさくって。私たちはアメリカにいたときは貧乏生活だったので、いかに最小限の費用で、効率よくものを手に入れるか…なんていうことを考えていたので。
 慣れない土地で大変だと思いますが、なるべくストレスをためずに、ご家族が合流出来ますように…。早く車が帰るといいですね、ほんとに。
by: まこ * 2018/01/12 21:10 * URL [ 編集] | page top↑
まこさんへ
息子としても、日本からの送料の高さを承知の上で判断したことだと思っています。
頻繁に嫁とはラインでやりとりをしながら、品の選択をしています。

レトルト食品を送る予定にしていたのですが、業者からは「賞品は送ることができません」との回答がありました。
大人の分はともかく、乳児の食べものはしっかりと確保しておこうと考えています。

息子のほうもかなり現地の事情がわかってきたようで、日系のスーパーを近所で見つけたようです。
値段は少し高いとのことですが、日本人の口に合う食材が確保できますので、私もひと安心というところです。

温かいアドバイスは身に沁みてうれしく存じます。
by: 声なき声 * 2018/01/13 05:42 * URL [ 編集] | page top↑
レンタカーの他にリースも。
こんばんは。
まこさんがレンタカーについて書いていますが、私も昨日コメントを送信した後、あら、レンタカーのことを忘れていたと今日追記しようと思ってました。
それと2年の駐在ですから、車を購入するよりもディーラーからリースしたほうが都合がいいように思います。(日本でも最近リース形式が広まっているようですね。)
アリゾナは砂漠にできた町ですから、息子さんの印象は正解です。滅多にあることではありませんが、フェニックスの町が砂嵐に覆われるなんてこともあります。
車の免許ですが、DMV (Department of Motor Vehicles) が取り仕切っています。
日本とは逆の車線を走りますから、現地の教習所 (Driving School - すべて私設) に依頼して2−3日でも講師付きで路上運転に慣れた方が安心かもです。
tucson driving school で検索すると数社でてきますが、現地の方の評判を聞いて決めた方がいいですね。
出張教習で家まで迎えに来てくれますが、料金はそんなに高くありません。また免許を取得する際の路上テストで、日本の「上手」な運転をすると熟練のドライヴァーでも落とされることが多いので、一つ一つの運転技術の要点を丁寧にこなすことが大切です。
筆記テストもありますが、DMVに法規をまとめた冊子がありますので、事前にそれを勉強することをお勧めします。Driving School の講師に依頼して色々支援してもらうことも可能なはずです。
自転車は仕事で帰りが遅くなった時など非常に危険ですから、レンタカーでもリースでも、早く車に切り替えることが肝要かと思います。
今日はとりあえずこれで。
by: yokoblueplanet * 2018/01/13 18:43 * URL [ 編集] | page top↑
yokoblueplanetさんへ
息子に確認したところ、車はやはり日本から赴任している人の所有車を譲り受けることになっているとのことです。
それが3月の頭なのです。
レンタカーもカーシェアリングも可能だとのことですので、それなら買いものには困らないだろうと思うのですが、要は品質の問題だそうです。
現地の製品は何かにつけて華奢で、すぐに壊れたり動作不良を起こすので、日本製を使いたいというのが、日本から商品を送らせる動機です。
ただ、いまどき、米国製の商品がそんなに劣悪なことはないはずなのですが、技術畑の息子にしみたら、一度信じ込んだことは固く信念として残るようです。
昔から頑固一徹なところがありましたので。

車の運転に関しては、おすすめになられているようにトレーニングを受けるようにすすめておきます。
私は、この点をむしろ心配していまして、右側通行の交通システムに慣れておかないことには、いきなり多数の車が走るアメリカの道路はリスクが高過ぎると懸念しています。
ご助言をいただきありがとうございます。

by: 声なき声 * 2018/01/13 19:50 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
https://koenakikoe.blog.fc2.com/tb.php/2859-2efedec2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する