FC2ブログ

1月7日(日)

「彩都西公園」に行ってきた。

敷地が広いことも有名だが、何より、約70mのローラー滑り台が人気を呼んでいて、近所の人だけでなく、わが家のように、少し離れた地域の人も遊びにやってくる。

大人が滑ると、お尻が焼けるように熱いという。

降りてきた人が口をそろえて、そう言っている。

事情を知っている子供というのは、お尻にあてがうダンボール紙か、プラスチックシートを用意してきている。

3歳の男の孫は、母親の膝の上に座って滑っていた。

最初はそれはそれで可愛い光景であったが、3回目を過ぎても、やはり母親が一緒でないと滑ることができないらしい。

実は、昨日のプラレール博でも、小さな電車に乗るだけのコーナーがあったのだが、自分一人では乗ることができなかった。

妻の話によると、初めてのものは一人では近寄らない、という。

化け物でも怪獣でもなく大好きな電車なのだから、怖くはないと思うのだが、孫にしてみれば異なった感じ方をするようだ。

確かに、キッズランドのような場所に行くと、ゴーカードやトランポリンなどは遠くから眺めているだけで、言われても触ろうとしない。

その場面を見るたびに、孫には自分のDNAが流れていることを実感して、恐れと不安がわいてくる。

母の話では、私の幼児時代はよく泣いていたらしい。

今となっては覚えていないので、想像をめぐらすしかないが、見るもの聞くもののすべてが怖かったのだろう。

大阪弁で言うところの”あかんたれ”であったと思う。

そんなDNAが孫も受け継いでいるとすれば、これは一大事だ。

とはいえ、人為的にそれを変えてしまうわけにもいかない。

孫にはいろんな経験をして、少しずつでいいから、打たれ強い人間へと成長していってもらいたい。

 
 
20180107.jpg




19 : 59 : 44 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
<<「大阪北港ちょっとヨットジュニア」2018年度ジュニアクラブ新メンバー募集の説明会の開始と日程を発表。 | ホーム | 1月6日(土)>>
コメント
こんばんは

子供というのは面白いですね。我が家の息子と娘、
一緒に生まれてきたけれど、生まれた時には
息子の方が億秒で娘は何事にも動じない娘でしたが、
大人になるに従って少しずつ変わってきましたよ。

どちらが良いのかわかりませんが・・・
娘の方は口八丁で、もう少し頭が良かったら、
弁護士にでもしたかった・・・とほほ!

今年も宜しくお願いします。

by: そらまめ * 2018/01/07 20:57 * URL [ 編集] | page top↑
こんばんは♪

まだ3歳です。
何かきっかけがあれば変わるのではないでしょうか?
私は転校がきっかけになりましたけど…
by: きっちゃん♪ * 2018/01/07 21:33 * URL [ 編集] | page top↑
そらまめさんへ
孫もそのうちに変わってくれるとは信じています。
私のように、年齢だけ重ねていっても、幼児時代からほとんど成長していないようでは困ります(涙)。

昨今は弁護士の数が増えてきて、仕事の奪い合いになってきているようです。
少し前の時代のようなエリート職とは、必ずしも言えない状況だと聞きました。
かつては、法律知識が豊富で、説得力のある話ができ、文章が書けるというのが弁護士の条件でしたが、過当競争の今では、それだけでは高収入にはつながらないそうです。

ことしもよろしくお願いします。
by: 声なき声 * 2018/01/07 21:38 * URL [ 編集] | page top↑
きっちゃん♪へ
2か月後にはアメリカに行っての生活が始まります。
それが自分を変える「きっかけ」になってくれれば助かります。
できるだけ、外に出して刺激を受けてもらいたいと思っているのですが、孫はアウトドア遊びが好きではないようで、それも頭の痛いところです。
by: 声なき声 * 2018/01/07 21:43 * URL [ 編集] | page top↑
(y^ω^)y 未知を恐れる。
(y^ω^)y こんばんは~☆

(y^ω^)y 未知のものを恐れるのはまともな証拠ではないでしょうか、今は泣き虫と思われても、大人になれば美点になると思うのです。
by:  匠石 戒丘 * 2018/01/08 00:26 * URL [ 編集] | page top↑
おはようございます。
末息子が 穿いているスエットのお尻に
穴が開いている。
どこだかの遊園地の長い滑り台で
擦れて開いたと言う・・(笑)
多分 同じような滑り台なのでしょう。

長男 長女には、そのような特徴があるようです。

3人いる息子達も
長男は、石橋を叩いて渡る性格
次男は、自分で計画を立てて、挑戦する性格
三男は、兄達の計画にちゃっかり乗って
いろいろ体験してしまう性格

孫は、上が女の子なので慎重派 
下の男の子は、怖いもの知らず
何にでも 挑戦していきます。

私の姉妹も 
姉は、理論派 私は、理論より行動してしまう派
(後から、理屈 言い訳をしてしまう)(笑)
妹 弟は、中間的にバランスが取れているようです。

無理に突き放さなくても
幼稚園 学校へ行くようになれば
学ぶ事も 多いでしょう。
アメリカへ行かれたら、環境も変わって
変化がみられるかも知れませんね。

まだ3歳ですから、これからですよ(*^。^*)
by: ヨンヨン * 2018/01/08 04:51 * URL [ 編集] | page top↑
匠石 戒丘さんへ
確かに、人類が生き抜いてきた背景には、「未知のものを恐れる」心理があったからだと思います。
孫のことは、長い目で見ていきます。
アドバイスをいただき、ありがとうございました。
by: 声なき声 * 2018/01/08 05:39 * URL [ 編集] | page top↑
ヨンヨンさんへ
わが家でも、娘は小さい頃からよくしゃべり社交的なタイプでしたが、息子はひとりで遊ぶのを好んでいました。
面白いことに、その部分では二人とも30歳を超えた今でも、基本的には変わっていません。

まだ孫は3歳ですので、これからも経験を重ねていくことで、ソフトに変わっていってほしいと思っています。
スパルタ的に鍛えていくとの手法は、孫には逆効果でしかないと考えています。
by: 声なき声 * 2018/01/08 05:47 * URL [ 編集] | page top↑
これはもうスパルタでいくしかない感じですか
俺は結構好きですよ
うちはめっちゃ厳しくてね、指導で結構泣かされましたよw
気が付くと今の俺の根幹をなしていたので
大抵のトラブルはなんてことはないですね
三つ子の魂百まで、ですよ。
俺に子がいるなら論語でも読み聞かせたいくらいです。
by: てかと * 2018/01/08 10:11 * URL [ 編集] | page top↑
てかとさんへ
スパルタは効果が期待される反面、副作用も目立つところがあります。
常に親の顔色をうかがう人間になられても困ります。
また、言われたことはできるが応用がきかないというのも不本意です。
マウルド路線を貫いていくつもりです(笑)。
by: 声なき声 * 2018/01/08 10:46 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
https://koenakikoe.blog.fc2.com/tb.php/2856-d0e7a4df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する