FC2ブログ

1月2日(火)

大晦日の紅白歌合戦の視聴率が、後半39.4%と歴代ワースト3であった、という。

私は途中から見て、安室奈美恵さんの歌の途中で睡魔に耐えられず、リタイヤしてしまった。

私が見た中で最も印象に残っているのは、X JAPANの『紅』であった。

全身から迫力が伝わってくる演奏には、自分の体内から闘志がわいてくるのを感じた。

それは、高校野球の応援で使われているからかもしれないが。

さて、紅白は、私が中学生の頃などは、たしか80%とか90%という高い視聴率をマークしていたと記憶している。

日本のほとんどの家庭が見ていたことになる。

だから、紅白を見ていないと、新学期が始まって学校に行ったときに、皆の話題についていけなくなるのだ。

あらっぽく言えば、その時代から比べると、見る人が半減している計算になる。

なぜ人気が低下したのだろうか。

私も、昨年末はわずかなりとも覗いたものの、一昨年までは長く見ていない。

私の紅白離れの理由は、出場歌手選考のプロセスの不明瞭なところにある。

音楽の世界にはとんと疎いので偉そうには言えないが、ほとんど鳴かず飛ばずの人が毎回出場していたり、世間ではヒット曲を飛ばしている歌手には声がかかっていないとか、素人的にそんな矛盾点が気になるからである。

出場選手を選ぶのに、一般視聴者は全く関与していない(と思う)。

いわば、NHKが一方的に決めるだけだ。

議員の選挙のときは、所定の手続きを経て、国民や住民の代表者が選ばれている。

しかし、視聴者の受信料で成り立っているNHKの看板番組で、出場歌手の選考の権利をNHKが一手に握っているのは視聴者無視だと言われても仕方ない。

何らかの形で視聴者の意向が反映されるシステムを取り入れることで、少しは紅白への距離感も縮まるのはないかと思う。

 
19 : 04 : 35 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(14) | page top↑
<<1月3日(水) | ホーム | 前田食品、国内産麦使用試作品 全国統一試食会・商談会に出展>>
コメント
新年おめでとう御座います。!
今年も宜しくお願い致します。!
紅白は時代錯誤の異物と化しています。NHKの勝手な裁量で独りよがりの成り上がり精神があるうちはダメですねー。最終的には辞める以外方法はありません。喝)今年も宜しくお願い致します☆
by: 荒野鷹虎 * 2018/01/02 20:22 * URL [ 編集] | page top↑
荒野鷹虎さんへ

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

今の時代、NHKの存在意義があるのかどうか、まずそこからの議論が必要です。
莫大な受信料収入がありますので、カネに物を言わせての番組制作には、何かと問題があります。
紅白に関しても、出演を熱望している歌手が星の数ほどいます。
現在はNHKだけが決めますので、そこに利権が生まれる可能性は十分にあります。
by: 声なき声 * 2018/01/02 20:33 * URL [ 編集] | page top↑
こんばんは♪

紅白は何となく見ているだけです。
他の番組も見たいものもないので…
出演歌手はいつも事務所の力?と思ってしまいます。
それに大人数のグールプが多すぎます。
by: きっちゃん♪ * 2018/01/02 21:47 * URL [ 編集] | page top↑
きっちゃん♪へ

息子が正月に帰ってきたときは、「笑ってはいけない」ばかりでした(笑)。
今年は子供たちが寝てから、自分の部屋で紅白を見ました。
基本的には、昔と全く変わっていないと感じました。

事務所にしてみれば、所属歌手が紅白に出たというだけで、大きく箔がつきますから、万難を排して出場できるように働きかけをしているでしょう。
もちろん、水面下での話です。

大人数のグループが増えたのは、目立ちます。
40年前には、ソロかせいぜい5人ぐらいまでではなかったでしょうか。
by: 声なき声 * 2018/01/02 22:09 * URL [ 編集] | page top↑
おはようございます。
歌は、好きですが
紅白歌合戦には、まったく興味が有りません。
ここ何年も 見ていないです。

昔の大晦日は、
紅白を見て、ゆく年くる年を見て
新しい年が来るという思いがしたものです。

グループ・サウンズが流行った時代は
人数が多くても ギターやベースやヴォーカル
それぞれの 役割があって
それが一体化して、心に響く歌が多かったです。

今は、人数が多くても
みんなが同じ歌を歌い 同じ動作をして
マスゲーム的な感じがします。
現代の流行なのでしょうけど。

紅白は、NHKが一方的に決める事もありますが、
出場要請があっても 辞退するアーティストも
居るとか・・
出場者にとっても視聴者にとっても
魅力の無い番組になっている事は 事実ですね。

年末の大騒ぎお笑い番組にも
興味が無いので、見る番組がありません(^^ゞ
by: ヨンヨン * 2018/01/03 05:21 * URL [ 編集] | page top↑
ヨンヨンさんへ

私も、10年ぐらい前までは、紅白と行く年来る年で新年を迎えるのが常でした。
知らない間に、そういった習慣もなくなっていました。

「マスゲーム」は言い得て妙です。
ひとりひとりが個性を発揮しているのではなく、全体で同じ動きをしているだけです。
その歌手ならではの歌い方が披露されているわけではありません。
大人数グループがここまで増えてくると、少し考えものです。

いっときほどの紅白出場の魅力はなくなったのかもしれません。
それで辞退する歌手が出てきたのでしょう。
中には、NHKからの出場要請が来る前に「辞退」表明をする歌手もいて、苦笑を禁じ得ません。

年末と年始は、ニュースと天気予報以外は見る番組がありません。
昨日は、たまたま『相棒』をやっていましたが、私には一服の清涼剤でした。
by: 声なき声 * 2018/01/03 05:40 * URL [ 編集] | page top↑
おはようございます
個人的はまだこれだけ視聴率をとれている方に関心がありますね。

他の局ではなかなかこの数字は取れません。

昔は父親にチャンネル権がありましたからね。今は子供の方ではないかな?

時代が変わってその辺が視聴率に現れていると思っています。それでも38%、3軒に1件は見ているならすごいと思います。

もっとも私も紅白には全然興味はありませんが。w
by: ひまわり * 2018/01/03 09:12 * URL [ 編集] | page top↑
紅白を見る人が半減したのは、
歌合戦の候補選定の問題とかクオリティが下がったのも一因なんでしょうけど、
娯楽が多様化したからだと思います。
うちにはテレビがありません。
紅白を見ようがないのです。
若い世代はテレビを見ないので、
今後はもっと低迷すると思いますね。
いまどき有料チャンネルで面白い番組はいくらでもありますし。
by: てかと * 2018/01/03 09:37 * URL [ 編集] | page top↑
ひまわりさんへ

おっしゃるように、データの解釈の仕方によって受けとめ方には大きな違いが出てくるものです。

私など、過去との比較で、90%から39%まで低下した部分を見ていますので、あまりにも少ないと感じた次第です。
「3軒に1件」との見方をしますと、たくさんの家庭が紅白を視聴してるとの印象を受けます。

父親のチャンネル選択権がなくなった、との分析は、思いも寄りませんでした。
小さな子供などは、まず紅白には興味がないでしょうから。
中学生や高校生ともなると、テレビよりもネットを見る割合が高いのではないでしょうか。

紅白だけに限らず、テレビそのものが必需品ではなくなってきつつあることを実感いたします。
by: 声なき声 * 2018/01/03 09:50 * URL [ 編集] | page top↑
てかとさんへ

私が小学生ぐらいの頃は、娯楽といってもテレビでプロ野球を見るしかありませんでした。
ですから、大晦日の紅白というのは国民的大娯楽であったのは紛れもない事実です。
ただ、てかとさんご指摘のように、昨今は楽しめるものが山のようにあります。
テレビ離れはやむを得ない現象だと思います。

テレビドラマも、大河と『相棒』以外はほとんど見ません。
アマゾンプライムで、面白そうなものを探して、それを見るほうが時間を有効に使えます。
by: 声なき声 * 2018/01/03 10:12 * URL [ 編集] | page top↑
明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。
どこかシュールで、真面目な話題を、まるで真顔でふざけていじってるような時があるこちらのブログ(すいません)が毎日クセになっております。

>ほとんど鳴かず飛ばずの人が毎回出場していたり、世間ではヒット曲を飛ばしている歌手には声がかかっていないとか、素人的にそんな矛盾点が気になるから

↑に、激しく同意します。
他に楽しいバラエティーもたくさんやってますしね。
てか、NHKの受信料に関する裁判の判例が気に食いません!
by: みさと * 2018/01/03 14:10 * URL [ 編集] | page top↑
みさとさんへ

私、健康診断の結果では、身体面ではおおむね健全です。
ただ、自己診断ですが、メンタル面では危うい箇所があるような気がしてなりません(汗)。

紅白の歌手選定に関する私見に同意いただき、ありがとうございます。

NHK受信料をめぐっての最高裁判決は、世間では「NHKが勝った」と報じられていますが、実際には両者の主張を退けています。
いわば、引き分けです。
受信契約が合憲であるとは認めたものの、契約をしていない家庭に対しては、NHKから個別に裁判を起こさなければならないと判決文は言っています。
1,000万世帯が契約をしていないと聞きましたが、NHKがこれから1,000万の訴訟を起こしていくというのは、現実には無理です。

つまり、最高裁としては、玉虫色の判決を下したにすぎません。
訴訟となったので、仕方なく司法としての判断を示しただけのことです。
by: 声なき声 * 2018/01/03 14:47 * URL [ 編集] | page top↑
こんばんは!

「印象に残った」「闘志が湧いてくる」X JAPANの長いファンとして嬉しい限りです(笑)

かくいう私は紅白を見ることも録画もしていないのですが・・(汗)

受信料を取るからには、もっと面白い大河を作れよと言いたいところです。「国盗り物語」のようなものを。

by: 二人は軍師 * 2018/01/03 20:08 * URL [ 編集] | page top↑
二人は軍師さんへ

私は音楽も芸能も全くわかりませんが、X JAPANは歴史に残るアーティストだと信じています。
理屈での説明はできませんが、『紅』はそんな彼らを代表する名曲です。
何気なく見た紅白で、『紅』を見て、平成29年の締めを飾ることができた私は幸せ者です。

大河は、昨年の『真田丸』が好評であっただけに、今年は大きなハンディがあったのは事実です。
それを考慮しても、もう少し高揚感の持てるストーリーにできなかったものでしょうか。
今年の『西郷どん』に期待をかけていますが。
by: 声なき声 * 2018/01/03 20:30 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
https://koenakikoe.blog.fc2.com/tb.php/2851-747548c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する