FC2ブログ

12月1日(金)

ニュースは、相も変わらず、相撲界での不祥事を伝えている。

横綱の引退表明や昨日の相撲協会の理事会のことを事細かに報じている。

ただ、私が関心があるのは、事実がどうであったか、ということであって、憶測や美談などは、二の次三の次である。

今回の件だけに限った話ではないが、事件があったときの報道のされ方には、疑問を感じざるを得ない。

空港に降り立った当事者を追いかけ回すことに意味があるのだろうか、謝罪会見で何秒頭を下げたなんて、どうでもいいことだろう。

理事会での席の位置を特定したところで、ああそうですか、の話である。

この手のニュースは、おもしろおかしく伝えられていくうちに、ありもしなかったことが事実であったかのように化けてしまうこともあるから恐ろしい。

大阪府立高校で地毛が茶色なのに、学校から黒く染めるように強要され、結局、高校をやめることとなったとして、元生徒が学校を訴える訴訟があった。

ニュースやワイドショーでは、元生徒の訴状をそのままに報道していて、コメンテーターも訴状の内容が正しいことを前提に、学校を鋭く批判している。

ただ、学校側にも言い分があるようで、本件は争うとしているから、少なくとも現時点では、訴状の内容がすべて事実であるとは断定できない。

そもそも、公立の学校で、誰が考えても不条理なことを強要する先生がいたとしたら、それを見かねて制止に入る先生もいるはず。

民事訴訟での原告側の言い分は、自分に都合のいいことしか書かないものだから、第三者が100%額面通りに受け取ってしまうと、大きな判断ミスをすることになると思う。

おそらく、この事件も、世間が忘れた頃には和解が成立していることだろう。 

 
18 : 30 : 13 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(12) | page top↑
<<12月2日(土) | ホーム | 11月30日(木)>>
コメント
本当ですね。
マスコミにはもう少ししっかりしてもらいたいと思うけれど、見るほうもしっかりしないといけないですよね。
興味本位で喜んでいないでしっかりしないと、間違った方向へ皆で誘導されても気づけないかもしれません。
by: unagi * 2017/12/01 22:20 * URL [ 編集] | page top↑
最近の報道見ていると 何か芸能女性週刊誌化していると思います。今回の日馬富士の騒動にしても、はじめはビール瓶で殴り 頭骸骨骨折 髄液が・・・と報道され 横綱の酒癖が悪い云々。時間とともに報道される事が変わり 真実は?ニュースに登場するコメンティターがいろいろ面白可笑しく語ります。「事件の本質が何か」が伝わりません。今回の事件で 誰か良い事あったのでしょうか? 
私のメール記事にコメント頂きありがとうございます。記事の続欄に 紹介させて頂きました。
by: kitchenplaza * 2017/12/01 22:30 * URL [ 編集] | page top↑
こんばんは♪

何が真実か分かりませんね。
私ももうこのニュースはいいです。
きっと真実は闇の中…
体質変わっていないと思います。
by: きっちゃん♪ * 2017/12/01 22:38 * URL [ 編集] | page top↑
おはようございます。
この問題 事実はどうなのだろう
興味はありますが、 もう、どうでも良いですね。
不可解な事件である事だけは、確かですが。

報道もそうですが、
それを見る視聴者も
事実のように 話題にしますね
「・・・・なんだって」と(^^ゞ
怖い話ですよね。

この問題は、和解したとしても
人生を狂わせた人が 
最低2名は居ると言う事になるんでしょうか。
by: ヨンヨン * 2017/12/02 05:00 * URL [ 編集] | page top↑
unagiさんへ

おっしゃっているように「見るほう」の姿勢も大事だと思います。
テレビで言っていること、新聞に書いてあることをそのまま受け止めるのではなしに、本当に大事なポイントは何かを理解しながら接するべきだと考えています。
私自身ができているとは思いませんが(汗)。
by: 声なき声 * 2017/12/02 05:25 * URL [ 編集] | page top↑
kitchenplazaさんへ

事件が表面化した当初は、「ビール瓶」が独り歩きしていました。
また、あたかも、実際に「頭骸骨が折れて」「髄液が漏れて」いるとの報道でした。
しかし、医師の診断書を見ると、「・・・疑いがある」と書かれています。
早とちりなのか思い込みなのかわかりませんが、事実でないことが真実であるかのように語られていたのです。
報道する立場としては、あまりに無責任であると考えています。
「誰」にもプラスにならない一連の報道でした。
by: 声なき声 * 2017/12/02 05:33 * URL [ 編集] | page top↑
きっちゃん♪へ

私も、このニュースはしばらく見ないでおこうと思っています。
単なる「推測」だけの発言などは、ジャーナリズムの世界の人間がすることではありません。
おそらく、今回の事件は、最後まで事実がどうであったか、ということがわからないまま、終わってしまうような気がします。
by: 声なき声 * 2017/12/02 05:37 * URL [ 編集] | page top↑
ヨンヨンさんへ

おそらくは相撲界の体質の問題もあって、事件の真相は闇に葬られることになると思っています。

当事者の二人は仲が良かったとの情報もありますが、本当かどうかはわかりません。
また、同席していた人は、関取以外にもいたのに、その人たちの証言が協会の報告では全く出てきていません。
このあたりも「不可解」そのものです。

「人生を狂わせた人」の数は、もっと増えそうな気がします(汗)。
by: 声なき声 * 2017/12/02 05:43 * URL [ 編集] | page top↑
こんにちは!
私が中学生の頃の話なので古い話になります。
生まれつき茶色で波打った感じの髪の友人がいました。
彼女に近い友人たちはそれが生まれつきだと知っていましたが、他のクラスの人たちは白い目で見ていました。学校の先生から黒く染めろと言われて染めていました。さすがにその頃はストレートパーマは無かったので直毛にはしていませんでした。本人も最初はある程度不本意だったようですが、同じ匂いのする仲間だと思って近寄ってくる迷惑な輩は、逆に近寄ってこなくなって良かったと言っていました。彼女はまじめな子なのですが見た目で誤解されることもあるのですね。
当時は陰湿なイジメなどはなかったのですが、白い目にさらされ続けるのもある意味勇気が要るのです。黒く染めたことにより、やっぱりあの子茶髪に染めてたんだ・・・。いや、今が黒く染めていて本当に本来の姿は茶髪らしいよ。って、逆にそのうわさが広がって、中学を卒業する頃には本当に生まれつき茶髪であることが周知されていきました。見た目の変化に関する話は女子の間では広がりやすいのです。
結果論ですが、ヘタに反感を買うよりも身を守るすべになったようです。彼女はそこそこ優秀な成績でないと入れない高校に合格しました。見た目が人と違うと色々苦労することもあります。記事にありました事案の事実がどうかわかりませんが、学校をやめることになったことの理由は茶髪を染めろと言われたことだけではないような気がします。
長々と失礼いたしました。
by: おばさん会社員 * 2017/12/02 11:31 * URL [ 編集] | page top↑
おばさん会社員さんへ

実際のお話をお伺いすると、あらためて、事態の根深さに思いをいたします。
その友人のかたは総合的に判断されて黒く染められたのだと思います。
その後、プラスに出た面とマイナスに出た面とがあったようですが、少なくとも、自分の「身を守る」という部分では効果があったことは間違いありません。

今回取り上げた事件では、メディアで取り上げる切り口として、「無意味な校則」というのが目立ちます。
また、先生は生徒の事情を全く斟酌しない、といった批判が目につきます。
その点についても、学校側の言い分は全く報道されていませんので、あまりに元生徒側に立った発言をするのは偏っているように公平でないように感じています。

私自身は、生まれもっての髪の毛の色を変えさせるのは馬鹿げた話であって、学校での指導は誤っていると考えていますが、本件の事実がどうであるかはわからないので、何とも言えません。

そして、私も、おばさん会社員さんの
「学校をやめることになったことの理由は茶髪を染めろと言われたことだけではない」
には賛同します。
by: 声なき声 * 2017/12/02 12:24 * URL [ 編集] | page top↑
世間が相撲の乱闘さわぎで盛り上がっているなか、
うちはテレビも新聞もとらないので煩わしさもなく
粛々と掃除をしておりますw
お察しというか世間が忘れるのも時間の問題なら
今騒いでるのも時間の無駄ですねw
テレビ消して窓でも磨いてたほうがマシでしょう
by: てかと * 2017/12/02 15:02 * URL [ 編集] | page top↑
てかとさんへ

テレビや新聞を見なくても、ネットのニュースサイトで情報は伝ってきます。
ただ、ネットのほうが客観的ですから、煩わされることはあまりありません。

テレビは時計代わりの役目もあって、ないと不安になることもあります。
新聞はなくても不便さは感じませんでしたので、ネットを本格的にやり始めたタイミングでやめました。
by: 声なき声 * 2017/12/02 16:59 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
https://koenakikoe.blog.fc2.com/tb.php/2816-718c8e6e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する